教育心理学研究
検索
OR
閲覧
検索
33 巻 , 4 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 33 巻 (1985) 4 号 p. e1-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 雨宮 政
    33 巻 (1985) 4 号 p. 273-277
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, MAマッチされた精神遅滞児 (MR児) と普通児 (N児) を対象として, 彼らのSRT, CRTを分析した。
    その結果, 次のことが明らかになった。
    SRT事態ではMR群とN群との問に大きなRT差が示されたが, CRT事態では有意なRT差が認められなかった。SRTレベルが同一であるMR-C群とN群との間でもCRTの差が認められなかった。MA5-8歳レベルN児は, 高次の心理的操作の要求されるCRT事態でも, MR児と同じ反応とすることが明らかになった。そこで, N児は, MA7-8歳で何らかの心理活動の転換を迎えることが推測された。
    抄録全体を表示
  • 中村 浩
    33 巻 (1985) 4 号 p. 278-286
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of the present study was to investigate the relationship between the perception of causality and the visual ability to segregate a moving stimulus into two phases of movement in young children. In Exp. I accuracy in judging the temporal order and the velocity difference of two movements in a causal stimulus were used as parameters for the ability of segregation. The results showed that young children who made a correct judgement on the two parameters had a tendency to report the launching response as the causal stimulus. In Exp. II the accuracy in the perception of a moving object, briefly halted halfway through, was used as a parameter in order to confirm the result of Exp. I. It was found that subjects who were classified into the higher ability group in the segregation of movement showed launching responses to causal stimuli more frequently than those who were classified as the lower ability group. In summary, it was concluded that the ability to segregate a movement is an important factor for young children to perceive a causal relation in a stimulus.
    抄録全体を表示
  • 中野 靖彦
    33 巻 (1985) 4 号 p. 287-294
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    This study examined whether a post-feedback interval varied after an error and correct trials, and determined whether PFI affected subject's performance on concept identification tasks. In experiment I, subjects were given the opportunity to pace themselves, and subjects at Cond. II were also given PFI after responses. On the other hand, subjects at Cond. I were immediately given another stimulus after feedback information. The results obtained were as follows: As the amount of task complexity increased, PFI after an error response lengthened, since more complicated information processing was required after a wrong response. The purpose of experiment II was to examine whether PFI affected children's performance. 88 subjects made of kindergarten children, second and fifth graders, participated in this experiment. Results indicated that most of the fifth graders given PFI achieved a learning criterion, thus reducing errors and trials.
    抄録全体を表示
  • 岡本 祐子
    33 巻 (1985) 4 号 p. 295-306
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purposes of this study were to clarify the characteristics of psychological changes in middle age from the viewpoints of eight stages of ego identity in Erikson's Epigenetic Scheme (1950), and to specify the reconfirmation process of ego identity and identity status. Method: a sentence completion test (SCT) was carried out by 49 subjects between 40 and 56 years old, and an interview was done to 22 of them. Results: (1) There were positive and negative aspects in the psychological changes in middle age.(2) The process of ego identity reconfirmation in middle age had the following four stages: a) The crisis period with the awareness of the changes of somatic sensation; b) The period of the psychological moratorium; c) The period of modification or turnabout of the life track; and d) The period of ego identity reconfirmed.(3) Four Identity Statuses were specified by the analysis from the viewpoint of Marcia (1964)'s identity status. These findings suggested that middle age was one of the transitional period in life cycle playing an important role for identity achievement.
    抄録全体を表示
  • 河木 肇
    33 巻 (1985) 4 号 p. 307-314
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究は, はんこ押しという自己評価手続によって, 保育所幼児7名の歯みがき行動は変容するかどうか, また自己評価の行動基準として, 一般的な行動基準と明確な行動基準を設定し, 両者の歯みがき行動に及ぼす効果を比較することを目的に, 単一被験者実験計画法のうち反復法 (1. プリチェック2. ベースラインI3. ベースラインII4. 自己評価I5. ベースラインIII6. 自己評価II7. ベースラインIV8. 自己評価III9. 改訂自己評価) を導入して, 実験が行われた。自己評価I・II・IIIでは, 自己評価の判断が一般的な行動基準: きれいにみがけたかどうか, 改訂自己評価では2種類の明確な行動基準: みがいた時間は長かったかどうか, 全部の歯をみがいたかどうか, に基づいていた。
    主な結果は, 次の通りであった。
    1. 自己評価手続によって, 保育所幼児の歯みがき行動の変容は可能であった。
    2. 一般的な行動基準よりも明確な行動基準を設定した場合, 歯みがき行動は著しく改善された。
    3. ベースラインI・IIと比べてベースラインIII・IV では, 歯みがき行動の変容がみられた。
    これらのことから, 自己評価の行動変容機能とそれを支える機構について論じた。そして, 幼児保育における自己評価導入の意義を示し, さらに内潜的自己評価の存在可能性について示唆した。最後に, 自己評価の要因として, 行動基準の設定による手がかりの利用のしやすさという点から検討した。
    抄録全体を表示
  • 宮原 和子
    33 巻 (1985) 4 号 p. 315-326
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    最近, 乳幼児の精神発達・行動に関する研究は, 移動運動, 指差し行動, アタッチメント, 言語等の特定の領域については, かなりの研究がおこなわれているが, より広範な知的発達の領域を包摂する分野についての研究は, 必ずしも十分ではない。言うまでもなく, この広範な発達領域について, 人間の知性が, その感覚運動期の当初から, 主体と環境の相互交渉の営みのなかで, いくつかの既有のシェマが協応・分化し, 低次から高次へと階層的に構造化されていくのを初めて明らかにしたのは, Piaget, J.(1936) である。しかし, 準実験的観察に基づくこの感覚運動期についてのPiagetの研究は, その広範な発達領域を包摂するが故に, 観察研究の領域が多岐にわたり, それを網羅するかたちでの研究は困難を要する。さらにこの時期のPiagetの研究も, いくつかの間題を内包している。第1は, Piagetがおこなった感覚運動期の観察については, その発達領域をいくつかの下位領域にもっと明確に整理し, それぞれの領域での発達の道筋を明らかにする問題である。第2は, とくに発達研究を進めていく上で, そのそれぞれの発達領域における所定の発達のレベルを客観的に評価することの問題である。第3は, 近年数多く論証されている乳幼児の発達の可塑性 (Hunt, 1961, 1969) を加味すれば, Piaget が感覚運動期の6つの下位段階を発達段階として暦年齢と対応づけているのに対して, 発達のレベルを独立変数とし, 暦年齢を従属変数とする発達の階層的順序性を基本とする発達研究を展開することの必要性である。
    Hunt, J. Mc肌とその共同研究者Uzgiris, I. C.(Uzgiris & Hunt 1975) は, Piagetの感覚運動期に関する観察に啓発され, 上に述べた理論的視点に立って, 所定の発達領域における発達の階層化を客観的に評価する順序性をもった6つの領域における7つの尺度を構成している。本研究は, 感覚運動期の6つの領域について作成されたUzgiris-Huntの順序尺度を用いて, 一人の子どもに対する縦断的研究をおこない, その尺度に基づくそれぞれの領域における発達の階層的構造化の過程を検討し, さらにそこで得られた結果から各発達領域の有機的関連とこの知的領域における発達の構造化について考察する。
    抄録全体を表示
  • 原田 唯司
    33 巻 (1985) 4 号 p. 327-335
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of the present study was a) to examine the structure of political attitudes when measured with ar ‘catchphrase’ type scale and b) to investigate the relationships between the level of political interests, political knowledge and political attitudes. Two hundred and seventy nine university students were asked to evaluate short-phrase items expressing the controversial political issues and to answer some questions measuring the level of political interests and political knowledge. The results showed that political attitudes were constructed by following five dimensions: “nationalism”,“maintenance the status quo in politics”,“control”,“militarism” and “innovativism”. The linear relationship between the level of political interests and political attitudes was observed. Those who had high political interests showed more innovative attitudes, while subjects whose political interests were low indicated more conservative ones. No systematic relations were found between the level of political knowledge and political attitudes.
    抄録全体を表示
  • 斉藤 誠一
    33 巻 (1985) 4 号 p. 336-344
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to investigate the relationship between pubertal growth and sex-role formation. In a first study, a sex-role scale for early adolescents, containing 9 masculine items and 6 feminine items, was constructed. In a second study, recognition and acquisition of masculine traits and feminine traits were related to variables concerning pubertal growth. The main results were as follows: 1) Height had little influence on either recognition or acquisition of masculine traits and feminine traits. 2) Mature boys showed significantly higher level of masculine trait acquisition than immature boys. 3) Both boys and girls who were satisfied with the important parts of their bodies showed significantly higher level of masculine and feminine trait acquisition. 4) It was found in both males and females that the level of acquisition of masculine traits and feminine traits were associated with some of the variables concerning pubertal growth, without recognition of them.
    抄録全体を表示
  • 服部 環
    33 巻 (1985) 4 号 p. 345-349
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    テスト間の共通項目をかなめとして項日困難度を等化するとき, テスト対の等化誤差の重みが互いに等しいとは考えられない。本研究は等化誤差に重みづけをして, その等化誤差の平方和を最小にする等化法を提案する。
    さて, 語彙力, 読み能力あるいは一般的な学力などの諸能力を測定するとき, 受験者の能力水準をはるかに上まわる困難度のテストを実施しても, そこから得られる反応はそれほどの情報を持たない。たとえば, 小学生の語彙力を測定するのに中学校水準の問題を課しても, いたずらに受験者の負担を多くするだけで有益な情報は得られない。もし追跡調査の必要性から小学校時の能力と中学生になってからの能力を比較するのであれば, 中学校水準の項目と同じ尺度上でパラメータ値が表わされている項目を用いればよい。パラメータ値が同一尺度上で表わされている項目プールから実施項目を選択すれば, そこから推定される能力値は同一尺度上に位置づけることができる。したがって, 重要なのはそのような項目プールをいかに作成するかである。
    単一特性を測定する項目プールを設けるとき, 1つの受験者集団に全てのテスト項目を実施するのは容易ではない。一般には複数のテストを作成してそれぞれを異なる集団に実施する。このため各テストを構成する項目のパラメータ (弁別力, 困難度など) 値は異なる尺度上で表わされている。そういう項目を1つの項目プールへまとめるにはそれぞれのテストの項目パラメータ値を同一尺度上へ変換しなくてはならない。このような操作を等化 (equating) という (野口, 1983)。ここではRaschの1パラメータ・ロジスティック・モデル (Rasch, 1960; Wright, 1977) に基づく等化法の1つを提案する。
    抄録全体を表示
  • 出口 光, 山本 淳一
    33 巻 (1985) 4 号 p. 350-360
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    Hart and Risley have developed an incidental teaching method to teach the spontaneous use of functional language for mildly language-delayed children within natural environments. Their method appeared advantageous, because it incorporates language into robust, behavioral-like chains already functional in a natural setting. The method in larger population, however, is quite unexplored, especially with severely language-deficient persons, not having large functional behavioral repertoires. The present paper analyzes the incidental-teaching method and its prerequisites, and offers systematic ways to apply this method to more severely language-deficient children. In addition this paper is an attempt to make an extended teaching method of functional language by putting in perspective ecobehavioral analysis of natural environments.
    抄録全体を表示
  • 33 巻 (1985) 4 号 p. 371-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 33 巻 (1985) 4 号 p. 371a-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 33 巻 (1985) 4 号 p. 371b-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 33 巻 (1985) 4 号 p. 371c-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    Vol. 33 (1985) No. 3 p. 237-241
    修正箇所:その他 左側
    抄録全体を表示
  • 33 巻 (1985) 4 号 p. 371d-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top