教育心理学研究
検索
OR
閲覧
検索
46 巻 , 2 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 伊藤 美奈子, 中村 健
    46 巻 (1998) 2 号 p. 121-130
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, 教師312名とカウンセラー121名を対象に, 次に挙げる (1)~(4) の項目に基づき制度に対する両者の意識や意見を尋ねた。(1) 双方が教師・スクールカウンセラーに期待する役割,(2) スクールカウンセラーに必要と考える条件,(3) 制度への関心,(4) 制度導入に伴う変化の予測である。また, カウンセラーについては, 学校経験 (教職歴) の有無により二分し (経験あり群・経験なし群), 教師群を含む3群間で比較検討を行った。その結果, 教師群では双方の専門性をいくぶん折衷した役割を期待するのに対し, 経験なし群は両者の専門性を強調した関わりを良しとし, 経験あり群は教師・スクールカウンセラーどちらにも積極的な関わりを期待していた。またスクールカウンセラーに求める条件としては, 双方ともに専門性を最優先していたが, 3群間の比較より, 教師群は「教職経験」についても相対的に重視していることがわかった。また制度への関心や期待度は, 経験あり群が最も高く, ついで経験なし群で, 教師群は制度に対する関心も低く情報量も少ないことが示唆された。今後の見通しについては, 積極的に評価した経験あり群に対し, 教師群では生徒指導上の不安を, 経験なし群は教師集団との関係において少々の不安を感じていることが示唆された。
    抄録全体を表示
  • 水間 玲子
    46 巻 (1998) 2 号 p. 131-141
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 理想自己について, その2側面一自己評価の内的基準, 自己形成を導く指針一に沿って検討していくことであった。そこで, 理想自己と現実自己のズレと自己評価との関連, 及び理想自己の水準と自己形成意識 (可能性追求因子と努力主義因子とからなる) との関連を検討した。研究に際しては, 理想自己に関して, 上記の目的を実証するに意義のあるものとそうでないものとを区別するよう心がけた。結果は以下の通りであった。理想自己と現実自己のズレは, 自己評価と有意な負の相関を示していた。また, 理想自己の水準の高低で群分けを行い, 可能性追求得点と努力主義得点の平均値についてt検定を行ったところ, 可能性追求得点について5%水準で有意に高群の方が高い得点を示していた。ここから, 理想自己の水準の高さは自己評価の低下と関連しながらも, 一方で, 個人の自己形成に向かっていきたいという意識の高さのあらわれともみなしうるのではないかと考えられた。
    抄録全体を表示
  • 岩槻 恵子
    46 巻 (1998) 2 号 p. 142-152
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, 説明文の理解に文章の要点を示した図表がおよぼす影響について検討した。薬の知識のない大学生に, 架空の薬の種類と各薬の特徴について説明された文章を読ませた。その際, 文章の要点をまとめた図表 (樹形図と表) を付加する群, 効果を比較対照するものとして図表を文章形式に書き直した要約文を付加する群, 文章のみを読む群を設定した。図表の効果をより正確に把握するため, 説明文のタイプを考慮に入れ, 同じ内容だが構成の異なる2つの説明文を用い, 文章の構成に拘わらず図表による影響があるかどうかを検討した。文章のタイプとして薬別に特徴を説明する構成の薬別説明文乳特徴別に薬間の関係を示す構成の特徴別説明文を用いた。実験1では, 文章のタイプに拘わらず, 図表と要約はともに要点の情報の再生を促進することが示され, 図表や要約という要点を表わす補助は要点の情報に読み手の注意を向けさせることが示唆された。さらに図表は要約よりも各文章で明示的に書かれていない関係を補って再生することが示され, 図表が2次元の形式で情報を表わしていることによる有効性が示された。実験2では, 再認課題により実験1の結果が追認された。さらに文章タイプに拘わらず, 文章から得た情報を利用することを求めた応用問題で図表は要約よりも促進効果があり, 図表が深い理解にも関わっていることを示唆した。図表は2次元の形式を用いて情報を位置的に表わしているため, 文章中で明示的に書かれていない関係を表わすことができるという特性があり, 文章よりも暗黙の関係を明示化するための推論や事実の計算の効率が良いと考えられる。この利点より, 図表は要約よりも説明文の理解を促進したと考えられる。
    抄録全体を表示
  • 酒井 恵子, 山口 陽弘, 久野 雅樹
    46 巻 (1998) 2 号 p. 153-162
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, Spranger (1966) の価値類型 (理論・経済・審美・宗教・社会・権力) に基づき筆者らが開発しつつある価値志向性尺度に, 項目反応理論を適用した。6つの価値に対応する6下位尺度それぞれの中には, より理念型に近い状態を表現した項目 (理念型的項目) と, より一般的に見られる特質を表現した項目 (標準型的項目) とが混在している。これらの6下位尺度に2パラメータ・ロジスティックモデルを適用した場合, そのような2種の項目間の関係が一次元的であるならば, それらの項目特性曲線同士は, 困難度の差に従って並行になると思われる。筆者らはこのような並行関係を, “一次元的階層性”と名付けた。価値志向性尺度の6下位尺度それぞれにおいて, そのような一次元的階層関係が成り立っている項目対が抽出された。これらの項目対は, 実際の反応率においても明らかに異なっていた。さらに, 各被験者の各項目への回答に関する説明を分析し, 項目の統計的性質がどのような項目内容に基づいているか, 質的に検討した結果, 困難度の高い方の項目は, 実践するのがより困難であるような内容を含み, 各価値志向性がより高度に発展した, より理念型的な状態を表現していた。
    抄録全体を表示
  • 山岸 明子
    46 巻 (1998) 2 号 p. 163-172
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究の目的はセルマン理論に基づいて対人交渉方略 (INS) の質問紙を作成し, その発達的変化, 及びINSと学校での適応感との関連を, 性差からの観点を中心に検討することである。172名の小学4年生, 273名の6年生, 117名の中学3年生, 67名の大学生に対し質問紙調査が行われ, 対人的葛藤を解決するのに9種類のINSをどの位使うか, また学校での生活についてどう感じているかについて回答を求めた。主な結果は次の通り。1) INSのレベルに関しては, 女子の方が男子より進んでいた。2) 低レベルにおいては, 男子は他者変化志向, 女子は自己変化志向の得点が高かった。3) 男子ではINSレベルと学校での適応感との間に正の相関が見られ, セルマン理論に合致していた。その傾向は特に6年生で顕著だった。4) 女子では小6から中3にかけて, 他者変化志向の減少と自己変化志向の上昇が見られた。またINSレベルと適応感との関連は, 小6では男子と同様な関連が見られたのに対し, 中3では全く異なっていた。
    抄録全体を表示
  • 水野 りか
    46 巻 (1998) 2 号 p. 173-183
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 再活性化説に基づいて最も効果的な分散学習スケジュールを予測し, 検証することにある。再活性化説とは, 分散提示だと提示間隔内に先行刺激の活性度が減衰するので後続刺激の再活性化量が高まり, これが再生率の上昇につながるとするものである。実験1では, 反復プライミングの手法により様々な提示間隔での再活性化量が調べられ, 提示回数とともに再活性化量が最大となる提示間隔が広がることが見いだされた。実験2では, 提示ごとの再活性化量が最大となるよう設定された延長型の分散学習スケジュールの分散効果が他の条件と比較され, 最大となることが確認された。また, 再活性化量が最大となる提示間隔が拡大するのは, 提示回数のためではなく, 以前の再活性化量のためである可能性が示唆された。実験3では, この可能性が反復プライミングの手法で確認された。これらの結果はみな, 再活性化説を支持していただけでなく, 効果的な分散学習スケジュールの設定に関して重要な教育的示唆を与えてくれた。
    抄録全体を表示
  • 渡部 玲二郎, 佐久間 達也
    46 巻 (1998) 2 号 p. 184-192
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to investigate, with elementary school 5th and 6th graders, structures of children's arithmetic anxiety and methods of teacher's supports. The results of the investigation indicated that: (1) As children's arithmetic anxiety, 4 factors (F1: in class; F2: failure to solution of problems; F3: concerning the teacher; F4: connected to surroundings) were extracted.(2) There was every possibility with matter related to children's arithmetic anxiety that the teacher practiced supports children wanted but not the amount of supports.(3) A gap of supports between the children's expectation from the teacher and teacher's influenced on arithmetic anxiety in girls. R In arithmetic anxieties that were related immediately to problem solution, children wanted the teacher's instrumental support, and the trend was stronger in children with higher arithmetic anxiety.(5) On the contrary, in arithmetic anxieties with no immediate relation with problem solution, children wanted the teacher's emotional support, and the trend was seen higher in girls.
    抄録全体を表示
  • 下村 英雄
    46 巻 (1998) 2 号 p. 193-202
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The present study was intended to investigate the effect of learning decisionmaking strategies in vocational decision making of undergraduate students. Ninetytwo undergraduate students was randomly assigned to 3 groups: the Subjective Expected Utility Strategy (SEU), the Elimination by Aspects Strategy (EBA), and the control group. The effect of decision-making strategy was examined in high and low groups of vocational readiness (clarity of aspiration) regarding the cognition of vocational decision-making and vocational decision-making self efficacy. As a result, the effect of decision making strategy was found in low but not in high groups. Also the examination of the impression of strategy used by the experiment revealed that EBA was a more favored strategy for undergraduate students.
    抄録全体を表示
  • 三木 知子, 桜井 茂男
    46 巻 (1998) 2 号 p. 203-211
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to examine the effects of teaching practices in kindergartens and day care nurseries on perceived pre-school teacher-efficacy (PTE) by longitudinal method. In a preliminary study, a PTE scale was administered to 161 junior college students in an early childhood education course in order to examine changes between pre- and post-teaching practices. The results revealed that the subjects were inclined to increase their PTE scores after their teaching practices. In a primary study, a revised PTE scale was administered to 142 junior college students. The main results were as follows: 1) The PTE scale proved to have satisfactory internal consistency. 2) High validity was shown in a correlation of the PTE score with other measures, such as generalized self-efficacy, locus of control, self-evaluation concerning teaching practice and performance scores evaluated by the guidance teacher. 3) The PTE scores increased significantly after the teaching practice. These results showed that the teaching practice experience enhanced the PTE. 4) The perceived “sense of harmony with the kindergarten” concerning teaching practice had an effective relation to the PTE.
    抄録全体を表示
  • 崎原 秀樹
    46 巻 (1998) 2 号 p. 212-220
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purposes of this study were three-fold: first, to examine developmental trend of letter copying by preschool children. An attempt was made to evaluate the shape of letters in terms of segmentation/ construction. Second, this study aimed to examine the effects that might be caused by a difference of sex. The third purpose of this study was to see the relationship between the ability to form letters and visualmotor skills. The subjects were ninety 3-to-6 year old preschool children. Each subject was asked to copy six “Kana” letters and, at the same time, was individually given a Draw-A-Man Test. The main results were as follows: a) The developmental changes observed among the present subjects proceeded in the following order: (1) unintelligible,(2) miscellaneous,(3) proper segmentation,(4) proper segmentation as well as construction. b) No difference was seen due to children's sex, once they were able to respond to the letter writing tasks. c) A significant positive correlation was recognized between the developmental changes in letter forming and the visual-motor abilities.
    抄録全体を表示
  • 堀田 美保
    46 巻 (1998) 2 号 p. 221-228
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    Three hundred and thirty-eight late-adolescents (undergraduate students) were asked to estimate the distributions of men's and women's opinions about the sex roles -pursuing career and/ or doing domestic works. They were also asked to indicate the degree of their satisfaction with being their own sex as well as their future preferences about pursuing career and doing domestic works (how they would want themselves and their partners to do). First, intergroup differences were found in the estimated opinion distributions; the respondents estimated that the relatively traditional opinions must be supported more by men than by women, while the differences in their estimates showed the reverse direction regarding the relatively liberal opinions. Second, the false-consensus effect was likely to be identified in the female respondents whose future preferences were relatively liberal but in the male respondents whose future preferences were relatively traditional. Third, the female respondents, who had relatively liberal preferences and estimated that higher percentage of men must support the same opinions as their own, tended to show more satisfaction with being women.
    抄録全体を表示
  • 三核 奈穗
    46 巻 (1998) 2 号 p. 229-239
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to investigate two aspects of ego identity based on independent and interdependent construal of the self in adult women and try to grasp them developmentally from the viewpoint of lifestyle (housewife, office worker, agriculture). Ego identity scale and independent/ interdependent construal of the self scale were administered to 318 women (age range, 30-59). The main results were summarized as follows: (1) Scores of independent / interdependent construal of the self scale had a tendency to keep increasing from 40 to 50.(2) Agriculture group tended to have intense interdependent construal of the self in neighborhood compared with other groups. Office workers tended to have less interdependent construal of the self in the house compared with other groups.(3) What identity was based on tended to change in 30, 40, 50 as followes. agricultures: independent→independent→independent/ interdependent.(construal of the self). office worker: independent→ independent→ independent (construal of the self). housewives: interdependent→ independent→independent/ interdependent (construal of the self).
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top