教育心理学研究
検索
OR
閲覧
検索
5 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 柴山 剛
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 1-4,63
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    この実験は, 問題解決の過程におけるpraxisの積極的効果とその限界とを確かめようとした。
    被験者には10才男児26名 (IQ96~140) を用いた。知能的には, 平均値において近似し, 1人1人も互に対応するような二つの群を作つた。第I群には紙にかかれた数字を, 第II群には2組の着色した (1組は青, 他は赤) 数字カードを与え, 後者にはそれを手で扱わせた。
    1を初項とする奇数個の自然数の和を, 累加法によらないで求める方法を問題とした。問題の困難の中心点は, はじめには直接与えられてない別の1組の材料の利用を思付くことを必要とすることにある。
    確かめられた主な点は次のようである。
    1) 解決の方向-数の組合せ-を見出すには, praxisできる材料を与えた方が効果的であつた。
    2) 解決の完成-問題の全体構造を把握する-には, 単に記号で材料を与えられた方が効果的である。
    3) 問題の材料が複雑になると, praxisによる方法は記号的材料を全体的に眺めるという方法よりも優れているとは云えない。
    4) 知覚的に与えられていない材料を思付くことに関係する心的活動として, 想像力, 創造力の問題がさらに研究されなければならない。
    抄録全体を表示
  • 近藤 敏行
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 5-10,64
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    児童の因果関係理解の発達について, 第1報に続いて, 同じ目的で二つの調査を行つた。一つは前回と同じ被検者に対して, 簡単な実験演示を行い, その観察事項を説明させる方法をとり, 他は第1報と同じく, 質問紙による調査を農村小学校の児童を対象として行つた。それぞれの結果を第1報と比較して, 問題の相違. 被検者の相違にも拘らず, 類似の傾向が見られた。即ち小学校児童の因果関係の理解のしかたは, 主として現象論的, 論理的, 機械論的説明が行われている。また理解度は, 低学年, 中学年, 高学年の3段階に亘つて律動的な発達をとげていることが解つた。しかもその各段階自体も静的な過程でなくて, 動的発達の過程であることが明かとなつた。各段階の発達の力動的様相を明らかにすることは今後の課題として残された。全体として, 第1報で報告し, 推定したことについて, 根本的な修正を加える必要はなかつた。
    抄録全体を表示
  • 天野 牧夫
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 11-17,64
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    僻地の分校A, Bの国語, 算数の学力を標準学カテストによつて測定し著るしい差のあることを発見した。別に僻地の学校KとSを対象にして僻地児童の学力差の個人的環境的要因を一般的に研究し9箇の有意味な要因を得た。これらの要因が学力の上と下を弁別する程度に応じて, 要因の下位項目に数値をあたえた。9箇の要因の中で特にAとBの間に著るしい差のあるものは, 知能, 勉強時間, 家庭の雰囲気かなりの差のあるものは家庭の教育的関心, 家庭の文化的状態, 僅かに差のあるものは父の学歴, 母の学歴である。
    これら7箇の要因の綜合点をA, Bの各児童に対して計算すると両校の平均点の間には著るしい差異がみられ, 又A, B内の各児童の学力と要因の綜合点の間には密接な関係があつた。
    教育的要因の中どれが僻地学校の学力差の有意味な要因であるかの統計的研究は行わなかつたが, 両校の施設, 教員組織, 教育方法, 教科外活動を比較すると, その何れにおいてもAがBよりややすぐれていた。
    以上の事実からこの調査の範囲内ではAとBの学力差は7箇の個人的環境的要因と4箇の教育的要因の差にきすることが出来るようである。尚AとBの学力差は常に有意であつたのでなく, 過去6力年の両校出身者の中学1年の成績を比較すると初めの2力年Aはがすぐれており, 後の4力年には有意差はない。要因の一つである知能を比較すると, 初めの2力年はAがすぐれており後の4力年はAとBの間に差はない。しかし諸要因の調査が出来ないので7箇の要因によつてAとBの間に学力差のなかつたことの説明は出来なかつた。
    抄録全体を表示
  • 小川 一夫
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 18-24,65
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    I. Problem
    Wickman's study of the teachers' attitudes toward behavior problems of children, published in 1928, has been quoted ever since as the evidence that teachers are unable to recognize those problems so serious as mental hygienists. We also found that teachers were likely to make light of regressive behavior problems on the part of their pupils in Japan.(Report No.I)
    But we have doubts about the judgement that teacher's attitudes are naive, because it depinds on the results obtained after comparing rating by teachers with those by clinicians. We must look straight at teachers' situation different from clinicians' situation.
    Therefore, we have the following two problems.
    1) How accurate are teachers in observing the social structure of their classes?
    On this problem, the teachers who often recognizd children's serious regressive behavior problems observed more accurately than those who were usually concerned about aggressive behavior problems.(Report No.II)
    2) How desirable are pupils' attitudes toward their teachers proved by T. P. T.(Takeuchi's Personality Test)?
    The general consideration of the results could not explain a significant difference between the two groups of teachers.(Report No.III)
    Consequently, purpose of this study is to examine the second problem in detail.
    II. Procedure
    Teachers (7) who oftener recognize as children's serious aggressive behavior problems (A-Group) and those (6) who more often observe children's regressive behavior problems (R-Group) were chosen from the primary schools in Shimane Prefecture. And T. P. T. was given to the the children (513) in their classes. The study was made December, 1955-January, 1956.
    III. Sumary of Results
    The main results gained after comparing the two groups (A-group, R-Group) are as follows:
    1. By comparing interaction indexes of sociometric test, we could discern significant difference between the social climates of two groups. The classes of R-Group were friendlier or more cooperative than those of A-Group.(Table 1) In spite of our anticipation that the teachers' attitudes would influence the pupils' attitudes, we could hardly notice a difference in average scores of T. P. T. between the two groups.(Table 2)
    2. Through analysis of T. P. T. scores of each pupil, from a viewpoint of degree intimacy or escape, we found that the children of R-Group had more desirable human relations to their teachers than those of A-Group.(Table 4)
    3. The teacher-pupils sociograms of three classes (R. I. class, N. Y. class, S. M. class), the conditions of which are fairly the same, explain the difference more clearly between A-Group and R-Group. In R. I. class, there are a popular child and many isolated pupils who desire to escape from their teacher.(Fig. 1) But we can't find this tendency in two classes of R-Group.(Fig. 2, 3)
    4. The social structure of R. I. class is lacking stability, for it is unorganized around the teacher. Two months latter, as was expected, we received the report from R. I. teacher, in which we found that the social tension in the class had erupted at last.
    5. Consequently, need to be recognized by teachers that regressive behavior problems of pupils is as important and would be as serious as aggressive behavior problems. Because this attitude constitutes more desirable human relation between a teacher and children in their class.
    抄録全体を表示
  • 岸田 元美
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 25-33,66
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    学級社会における児童と教師の人間関係, 特に児童から教師への適応の問題を取り上げて, 調査的な研究を試みた。得られた結果を概括すると次の如くにまとめられる。
    (1) 児童と教師の人間関係の構造を, 類型因子の抽出によつて考察すれば, それは次の如くに言える。すなわち, 主軸となる類型因子は, 親近の因子と疎遠の因子であり, これに加えて, 恐れの因子, 反抗の因子などがあつて, これらの類型因子で児童と教師の人間関係が構成されている。
    (2) 児童の教師への適応を, 学級を単位にして調べてみると, 学級差が相当に顕著である。調査対象となつた 12学級では, 全児童が適応または不適応への片寄りが顕著な学級が各々2学級宛あつた。学級の中の児童の約半数宛が, 適応かまたは不適応かのいずれかに片寄つていた学級は3学級であつた。ほぼ均衡のとれた適応状態の分布が認められた学級は5学級である。
    (3) 学級内の男女別児童の適応状態に, 顕著な差がある学級があつた。平均的にみて, 男子児童はその0担任教師に適応した者が多いが, 女子児童は極めて適応状態が悪い学級, あるいはその反対の学級などが認められ, 学級の男女児童別にみた教師への適応には, 問題として, 今後研究をしなければならぬ点が発見された。
    (4) 児童の向性と教師への適応には, その間に連関性が認められない。学業成績と教師への適応は, その連関性が離合係数で0.34であり, 予想された程の大なる連関性は認められず, 僅かな相関が認められるに止まつた。適応性性格と教師への適応との間には, 予想した通りの高い連関性があつた。
    (5) 二カ年間における二人の担任教師への適応では, 適応状態が変る者と変らぬ者とがあり, 離合係数は0.43 で, その数量的な状態が明らかにされた, すなわち, 担任教師が変ることによつて, 適応状態が変つた者が71.1 %で, その中で悪い方へ変つた者が31.6%, よい方へ変つた者が39.5%であつた。適応状態が変らない者は28.9 %であつた。
    抄録全体を表示
  • 林 重政
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 34-39,67
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The teachers for the deaf have long been troubled with the problem how to measure the intelligence of the deaf children. It provides a special difficulty to measure the intelligence of such children, especially at the beginning of their school experience.
    Although many tests of intelligence have been standardized on hearing children, only a very few have been tried to apply to the deaf. Even in such cases, the norms for the hearing children have been uncritically used, which fact affords a serious disadvantage to the deaf. The difficulty in testing the deaf consists in the pantomimed instruction, which requires the teachers to expend a great deal of time and energy in the test situation. Fortunately there is a test especially designed to solve this difficulty. That is the Nebraska test of learning aptitude. The test has given the writer a great deal of suggestion. The writer here presents a new individual test for the deaf. It consists of the following subtests.
    1). Memory of coloured objects.
    2). Bead string
    3). Pictorial association
    4). Pictorial analogy
    5). Memory of digits
    6). Recognition of figures
    7). Cube construction
    8). Cube puzzle
    9). Paper folding
    10). Completion of pictures.
    抄録全体を表示
  • 葛谷 隆正
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 40-47,67
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    1. Problem: Berg & Rapaport studied response bias in an unstructured test situation, and found in such a situation the response bias appeared at a high level of statistical significance, and occurred at culturally valued options, and that different cultures would presumably cause different patterns of response bias. I have attempted to study to what extent such response bias appears in the same situation, and to reexamine their results of the study.
    2. Subjects and Procedure: Subjects were 830 students in the first and second year of the Faculty of Education of the Kumamoto University and the Kumamoto Women's University (465 males, 365 females). Each one was requested to choose and mark, on the distributed sheet of paper, a statement that seemed to be correct for a question among various statements orally given. Then questions had alternative answers for each, other ten had four-optionchoices for each, and another ten three-option choices. This test was administered two times with interval of five months, and each time it was held in both regular and inverted orders of options.
    3. Results: This study reveales that response bias appeared, in such an unstructured test situation as Berg & Rapaport studied, at a covincingly high level of statistical significance, reaching chi-square values above 200 in some cases. Although no occurence was observed at certain positions of options, the response bias appeared exceedingly at culturally high valued options and at the options that would meet the organic and physiological fundamental needs of human beings. As for the cultural factors, it seems that other cultures to some extent, would show different types of response bias.
    And it could be stated that those who respond always abnormally in such a situation would be deviate in their personality from a group of normal subjects.
    抄録全体を表示
  • 大平 勝馬
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 48-53,68
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究は性格がいかに身体成熟度と関連するかを, 精神的刺激下に現われるPGRの表示を, 分析処理することによつて研究したものである。
    被験者は化骨核ブラニメトリー法により, 既にその身体成熟度の決定されている9才10才児男女108名である。
    PGRは四類型41問の質問形式の刺激に対応する反応曲線を, 操作上定めた一定基準に基ついて, 反応率, 反射回数, 反射時, 一過的変化量の四方面に分析処理し, 被験者の成熟度段階別に整理した。
    反応率, 反射回数は成熟度の高い者が高く, それは欲求, 欲求阻止の刺激類型において顕著であり, 恐怖及び不安の刺激類型においてはその差は有意ではない。反射時は成熟度の高い児童において比較的短く, それは恐怖・不安の比較的単純な刺激において顕著であり, 欲求阻止の刺激においては有意な差は見られない。一過的反射においても成熟度高群にそれがやや著しいように認められるが, その差には有意性が認められない。
    以上の結果によりPGRの精神身体的反応から見た性格には, 生理的機能の成熟の如き要因を通して, 身体成熟度の影響が及んでいるものと認められる。なお性格の一表現と見られるこの精神身体的反応は, 単に身体的成熟度その他の内的要因のみに影響されるものではなく, かかる内的要因と刺激特質の如き外的要因との総合的影響下にあることが確認される。
    抄録全体を表示
  • 内須川 洸
    5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 54-62,53
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 5 巻 (1957 - 1958) 2 号 p. 63
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top