教育心理学研究
Online ISSN : 2186-3075
Print ISSN : 0021-5015
検索
OR
閲覧
検索
7 巻 , 4 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 北尾 倫彦
    7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 1-5,76
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    1 ひらがな文と漢字まじり文の読みやすさを比較するために3つの実験を行なつた。
    2 実験Iにおいては, 読みの速さが比較されたところ, 漢字まじり文の方がひらがな文より3試行を通じて速く読まれたが, 読みの回数を重ねるにつれてその差は小さくなつた。
    3 実験IIにおいては, 読書時のeye-voice spanが比較されたところ, 文字数を指標とするとこの両文間に差がなかった。
    4実験IIIにおいては, この両文にクローズ法を適用したところ, 漢字まじり文の方がひらがな文より高い正答率を示した。
    5 3実験の結果から, ひらがな文と漢字まじり文の読みやすさの差は言語経験の差によつて意味性がことなるためであることが示唆された。
    抄録全体を表示
  • 小嶋 秀夫
    7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 6-15,76
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of the present study is to determine the influence of the pares -child relationship on children's socialization. It seems to be generally recognized that children's behavior in real nursery school situation is influenced by such situational factors as relationships with other children and nurses, school setting, and by many other psychological and social factors. Though these factors are not completely independent from the parent-child relationship, it is necessary for the study of the iufluence of the parent-child relationship on children's behavior to examine the psychological and social conditions under which children behave.
    The S's were 47 nursery school children (27 boys and 20 girls) in Kyoto. Their mean C. A. is 5. 97.
    Parent-child relationship was rated by nurses using the rating scales prepared by the writer for the present study. Two main dimensions of the scales were parental affection or acceptance, and parental control or dominance. Socialization of childen was measured by two instruments, i. e.,(a) the hildren's behavior scale (15 items) prepared by the writer,(b) Rosenzweig's P-F test. Picture sociometric tests were administered to reveal the structure of the class. Stability of the sociometric status was fairly high (r 78 even when it was retested 20 weeks after the first test).
    The parent-child relationship was analyzed in terms of children's behavior considering the sociometric status of the children. Relationship between the behavior scale and P-F, response was investigated. In addition to the quantitative investigation, the qualitative case study was done.
    The main results of this study are sammarized as follows.
    1. Significant relationship was revealed between parental control and children's socialization by means of the behavior scale. Children high (although not extremely high) in parental control (CH) obtained higher scores in 10 items of the behavior scale than children low parental control (CL). High behavior scale score is more desirable except that in the item of aggressive behavior.
    2. Though there seemed to be the tendency that CH children obtained lower E% and higher I% and M% in P-F response than CL children, significant relationship was not found due to some exceptional scores which lowered the relationship.
    3. CL children whose sociometric status was high, obtained in many items higher behavior scale scores than CH children whose sociometric status was medium or low. It can be said that it is not sufficient to compare the high and low control groups neglecting children's status in the class.
    4. CH children obtained higher agressive behavior scores and lower E%, while CL children obtained lower agressive behavior scores and higher E%. This result can be explained as follows.
    The CL children have less frustration tolerance and will show higher unsocialized E% in P-F response. But in real situation many of them feel group pressure and show less aggressive behavior, for they are not well socialized and have not adequately learned how to behave in real social situations. There are, however, exceptional cases: a number of CL children also show more unsocialized agressive behavior in real situations.
    抄録全体を表示
  • 津守 真, 稲毛 教子
    7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 16-25,77
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    This study consists of two parts.
    Part I The purpose is to make clear the consistent tendencies of individual differences of dependency at early childhood and also to study relation-ships of dependency and independency.
    Subjects: Thirty children from 15 months to 35 months old of highly educated parents.
    Method: (1) Observation in an experimental situation where mother and child may play freely for thirty minutes. Two investigators describe their behavior as it appears, which are analyzed later.
    (2) Questionaire on dependency, consisted of twelve items.(3) Time table of two successive days recorded and submitted by mother herself, based onbehaviors of both mother and child.
    Result: 1) There are the individual differences of dependency on each measure as shown on Table 1. 1, 1. 2, and 1. 3. 2) Correlations between dependency scores or indepedency scores by different methods are not so high as shown on Table 2. 1 and 2.2 (r=01-. 44). It was suggested that interviewing could be the more adequate method to know the overall situation. 3) Correlations between dependency and independency are not so hig h,(-. 10, -. 24, -. 59) as shown in Table 3.
    Part II The purpose is to study the relationshipof dependency, compliance and parent's attitude to child.
    Hypotheses: 1) Dependency drive will be reinforced if child's dependent behavior may be accepted by parents. 2) Strength of dependency drive will be related to the amount of punishment given by parents once after dependency drive is acquired. Dependency drive will be strengthened if amount of punishment and frustration will be increased.
    3) Acceptance of dependency will be related to childen's sensitivity to parent's inhibition. Compliance to parents will be great if parents accept dependency of child.
    Subjects: Thirty-nine children from two years three months to three years eight months old. Nineteen children are the same subjects used in Part I a year ago. The other twenty children had beenonce interviewed for another study two years ago.
    Method: Standard interviewing half structured was used. One investigator became the interviewer and another the recorder. Forty-nine items on punitiveness of parent, acceptance of dependency, dependency of children and compliance of children were evaluated on five point scale. Agreement of reevaluation was 64. 5% but was raised to 97. 3% when one point disagreement was allowed.
    Result: 1) Correlation coefficients by Spearman among punitiveness, acceptance of dependency, dependency and compliance are shown in Table 4. 1. Main findings are as follows: (1) Punitiveness and acceptance of dependency are negatively related (r=-. 69) at 1 % level of significance.(2) Compliance is negatively related to punitiveness (r =-. 65) at 1 % level of significance, and positively related to acceptance of dendency.(r = -. 49) at 1 % level of significant.(3) Dependency seems to have no relationship to parental factors, neither punitiveness nor acceptance of dependency.(r =-. 03 or. 12) However, there are the apparent relationshii, between parental and child's variables, as its coin binations were examined, dividing subjects int (high and low groups for each variable. More than two thirds of the subjects belong to one of the following four groups as shown in Fig. 1.
    Group I High punitiveness-Low acceptance-Low dependency-Low compliance (N=9)
    Group II High punitiveness-Low acceptance-Higl dependency-Low compliance (N=5)
    Group III Low punitiveness-High acceptance-High dependency-High compliance (N=8)
    Group 17 Low punitiveness-High acceptance-Low dependency-High compliance (N=5)
    Thus, hypothesis I is verified by Group hypothesis 2 by Group II, and hypothesis 3 by all groups respectively.
    2) Relationship between mothering at infancy an, dependency was examined. The rzcent reports o twenty mothers made from their memory abou mothering given to their children,
    抄録全体を表示
  • 岸田 元美
    7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 27-32,79
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    この研究は, 児童が教師に対する態度の発達を調べ, 各学年ごとの発達的傾向を系列的に提示し, その特質のプロフィールを示すことを目的とした。
    この目的のために, 教師に依頼して, 教室や運動場で児童がかれらに対して示す態度について, その特徴的で一般共通的なものを収集し, 観察記録してもらった。ついでこれを整理し簡明な文章表現によって示し, 83項目からなる行動目録を作製し, 再び教師に渡して, 行動目録の各項目について, どの項目がどの学年で最も特徴的に頻繁に現われるか, これをかれらの現任までの教職経験期間の観察を基準にして判断してもらった。観察評定に参加した教師は107名 (男教師47名, 女教師60名) である。
    以上の結果は, 教師に対する児童の態度の発達傾向を各学年段階ごとの横断的特質を序列的に示すことで表示した。結果として得られた行動目録は, 固定的な発達の規準を示したものではなく, 発達的傾向のだいたいの規準を示したものであり, それぞれの学年で, 現われやすい行動の種類を例示するにとどまつたものである。
    児童の教師に対する態度の発達を解釈する要因として, 肯定的・依存的・開放的態度と, これに対する否定的・独立的・閉鎖的態度との2個の態度要因を仮定した。前者の要因は, 1・2・3年および5・6年の各学年段階における対人関係の基調であり, 後者の要因は4年および中学の各学年段階の基調として, 顕在する態度であることを見い出した。
    抄録全体を表示
  • 松岡 武
    7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 33-41,79
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    われわれは色彩象徴法と言語連想法とを用い, 意識現象としての感情を発達的な立場から研究しようとした。すなわち成人の感情生活を構成するそれぞれの感情は, 何才頃に自覚的に理解されるか, その理解されたものの内容に差異はないか, あるとすればその差異は発達的にどう現われるか, この2点から問題を追究した。その結果見出された事実を要約すると以下のようになる。
    1感情の自覚的理解の過程
    (1) 色彩象徴法では, 提示された感情語に対する被験者の反応色彩の集中, 分散の傾向, および無反応の出現度からそれらの語の理解度を測定した。ここから男子では高校生において, 女子では中学生,.高校生とそれぞれそれに先立つ年令層よりも急激に理解度が高まるごとがわかる。何才頃にその理解度が全被験者の測定結果から見出された平均水準を越すか, その時期のいかんによつて各種の感情を区分することができた。
    (2) 連想法では連想された反応語の頻数の多いものほどよく理解されている感情と考えた。理解度の発達的推移は色彩象徴法の場合と全く一致する。ここでも理解度が平均水準に到達する時期の違いから, 感情の発達分化の様相をとらえることができた。
    (3) 2つの方法による理解度の測定結果は, 被験者を異にしながらなおかつ高い一致を示した。これはわれわれの結果が, 被験者のサムブリングに不備があるにしても, かなり正確に感情発達の一般的様相を示していると考えられよう。
    (4) 2つの方法による測定結果をまとめ, それぞれの感情の理解度が平均水準以上になる時期を決定した。そこからわれわれは, 一般に快なる感情の方がより早く理解される。いいかえれば不快なる感情の方に高次の生活経験を積みあげねば理解できないような複雑高級なニユアンスをもつたものが多いということを知つた。また女子の方が感情発達のテンポが早く早熟であり, かっその理解度も男子より高いことがわかつた。
    2意識内容の質的変貌の過程
    それぞれの被験者によつて理解されている感情の内容がどれほど違うか, これを明らかにするため色彩象徴法の場合は, 反応色彩の出現分布傾向の差異をDスコアで数量化し, 連想法の場合は反応語を6つのカテゴリーに分け, それぞれのカテゴリーに属する反応語の出現度を手掛りにした。
    (1) 年令的に相隣接する2グループ間の, それぞれの感情語に対するDスコアを算出し, その値の大きさから変化のないもの, 変化するもの, 変化するものはその時期によつて区分し, それぞれこれに該当する感情の頻数をまとめてみると男子では比較的変化のないものが多いが, 女子では男子に比べ年令によつてこの質的変化が著しく現われる。
    (2) 理解内容の性差をDスコアでしらべたところ, 高校生にいたつて男女の違いが飛躍的に大きく現われることを知つた。
    (3) すべての感情語に対する反応語を被験者群別に総計し, さらにそれを6つのカテゴリーに分けて, それぞれの出現傾向をしらべてみると年令の上昇とともに文脈反応が増加し (特に女子の高校生において著しい), 同意, 反意の反応が減少することがわかる。これは感情の客観的認識の深まりを示すものであろう。
    抄録全体を表示
  • 中野 佐三
    7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 42-48,80
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    (1) この研究は, 体育学習不振の生徒について, その不振原因を探す目的で行なわれた。
    (2) 東京都内S中学校の各学年2学級ずつを選び, この学級で体育科の成績評定の下位のものを最下位から5名, したがつて各学年10名ずつ計30名をとり, これを体育学習不振の生徒とし (該当生徒とよぶ), 他方, それら学級で体育科の成績評定の上位のものを最上位から5名, したがつて各学年10名ずつ計30名とり, これを該当生徒と比較する生徒とし (比較生徒とよぶ), 前者が後者に比し, 身体・生理的条件, 知能的条件, 情緒・性格的条件においてどれほど劣つているか, また, 教師の指導の方法・技術によつていかに不利を負わされているか, を調べた。
    (3) その結果は, およそ, つぎのようである。イ身長, 体重の平均以下であるもの, 病弱であるもの, また「動作がのろい」「運動ののみこみがわるい」と自己判断するものは, 比較生徒よりも該当生徒の方に, より多い。
    ロ知能の平均以下のものは, 比較生徒よりも該当生徒の方により多く, かつ, このものは体育科以外の教科の成績も劣悪である。
    ハ「おくびようである」「はずかしがりやである」「すぐにあがつてしまう」などと自己判断するものは, 比較生徒よりも該当生徒の方に, より多い。
    ニ教師の指導の方法・技術によつてより多く不利を負わされているものは, 該当生徒の方である。学びたくない運動種目たとえば, マット運動, 鉄棒, を学ばなければならないはめにおかれているものは, 該当生徒の方により多いのである。
    (4) 上記の結果から, 体育学習不振の原因を考えると, それとして, 身体・生理的条件, 知能的条件, 情緒・性格的条件において劣つていること, 教師の指導の方法・技術によつて不利を負わされていることなどをあげることができる。しかも, それぞれは, それのみで決定的な原因になつていることもまつたくないではないが, ほとんどの場合, 相互にからみあつて, 不振の原因になつているといわなければならない。
    抄録全体を表示
  • 7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 49-56
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 56-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 7 巻 (1959 - 1960) 4 号 p. 76
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top