森林利用学会誌
Online ISSN : 2189-6658
Print ISSN : 1342-3134
31 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
特集巻頭言
総説
速報
雑録
記録
論文
  • 井内 祥人, 岡 勝, 寺本 行芳
    原稿種別: 本文
    2016 年 31 巻 1 号 p. 45-54
    発行日: 2016/01/31
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル オープンアクセス
    奄美大島では1960年から鹿児島県により林道が建設されているが,梅雨,台風などの大雨により毎年,林道災害を受けている。特に2010年10月に記録的大雨が発生し,24路線58か所の林道災害が発生し道路やライフラインに甚大な被害を与えた(2010奄美豪雨)。奄美大島における過去に開設された林道の施設災害状況を調査するとともに,2010奄美豪雨による災害状況を分析した。その結果,1)施設災害の80%以上が切土法面の災害であること,2)林道開設終了年から約15年経過した1995年付近で林道施設の災害頻度に大きな変化が見られることを見出した。その要因として,林道施設の設計変更の影響が示唆された。次に,崩壊土量に及ぼす諸要因の影響を数量化I類で分析した結果,地質,集水面積,斜面形状,縦断勾配,斜面方位の順に高い影響を及ぼすことが判明した。2012年6月から9月にかけて奄美大島で発生した豪雨災害に適用した結果,高い有意性が明らかとなった。
速報
  • 山口 智, 鹿島 潤, 酒井 清, 西原 和也, 斎藤 仁志, 鈴木 秀典, 猪俣 雄太
    原稿種別: 本文
    2016 年 31 巻 1 号 p. 55-63
    発行日: 2016/01/31
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル オープンアクセス
    森林路網作設オペレータ研修に対する要望を明らかにすることを目的としてアンケートを実施し,その結果の分析を行った。本研究により,作業道の基本的な作り方や森林作業道特有の技術,路線線形の配置計画などの技術的な項目に対して評価が高く,研修後の安全に対する意識も高まっていることが明らかになった。このことから,入門・初級レベルの研修であれば,これまでと同様の研修を続けても,受講生の業種によらず現場で役立つ一定の成果を上げられると評価できた。研修修了生の中には技術や知識を向上させるために,継続的な研修を望む者が少なからずいることも明らかになった。新たな研修に対しては,土木に関する技術の向上や,路線の線形・配置に関する知識の充実など,業種によらず共通した要望が多い。しかし,受講生の業種によって,それぞれの要望への強さが異なった。
feedback
Top