森林計画学会誌
Online ISSN : 2189-8308
Print ISSN : 0917-2017
53 巻, 2 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
森林計画学会誌 第53巻 第2号
論文
  • 美濃羽 靖, 浅生 啓太
    2020 年 53 巻 2 号 p. 43-52
    発行日: 2020/05/19
    公開日: 2020/08/08
    ジャーナル フリー

    美濃羽靖・浅生敬太:携帯端末で野外撮影した葉の葉脈情報を用いた樹種判別,森林計画誌53:43~52,2020 本研究では,携帯端末を用いて野外で撮影した葉画像から抽出した葉脈情報を用いて機械学習による樹種判別を行った。葉は京都大学および京都府立大学構内に成立する樹木10種からそれぞれ4枚を採取し,撮影方法,撮影条件の違いから七つの学習パターンを設定した。葉脈情報にはHOG特徴量を用い,決定木(J48およびRandomForest),遅延学習(IBk)およびニューラルネットワーク(MultilayerPerceptron)といった機械学習を用いて樹種判別を行った。判別精度はMCC(マシューズ相関係数)および正答率を用い,未知事例に対する判別精度は交差回数を10回とする交差検証法を用いて検証した。解析結果より,訓練事例に対しては,どの学習パターンであっても高い判別精度が得られたが,未知事例に対しては,学習パターンによって判別精度は大きく異なった。また,撮影距離,撮影角度,光環境を考慮することにより,携帯端末で撮影した画像からでも高い判別精度を得ることができた。

  • -鹿児島大学高隈演習林を事例にして-
    牧野 耕輔, 岡 勝, 加治佐 剛, 寺本 行芳, 芝 正己, 中島 徹, 長濱 孝行
    2020 年 53 巻 2 号 p. 53-62
    発行日: 2020/05/19
    公開日: 2020/08/08
    ジャーナル フリー

    牧野耕輔・岡勝・加治佐剛・寺本行芳・芝正己・中島徹・長濱孝行:鹿児島県大隅地域を対象にしたスギ材の幹曲線式の算定と素材品質の実態分析-鹿児島大学高隈演習林を事例にして-,森林計画誌53:53~62,2020 素材生産現場では,収益性が高くなるよう施業が行われているが,品質等級や素材歩留りを決定する採材は,作業者の経験則に依るところが大きいのが実態である。本研究では,生産現場でリアルタイムに情報を収集し,得られた丸太情報の活用可能性について検討した。プロセッサ造材時に伐倒木の端材長,素材長,梢端部長および各末口の鋸断径の計測結果から幹曲線式を作成することで,伐倒木の形状を解析するとともに,素材歩留りと素材の品質等級を推定した。その結果,スギ材の素材歩留りが大隅地域における既往文献の値と矛盾しないことが判明した。また,形状比を指標に品質等級の出現頻度を分析したところ,BC 材は形状比との相関がみられたが,A 材は相関が無く有意差が認められなかった。

短報
  • 中川 昌彦, 田代 直明
    2020 年 53 巻 2 号 p. 63-68
    発行日: 2020/05/19
    公開日: 2020/08/08
    ジャーナル フリー

    中川昌彦・田代直明:表土除去がカラマツの初期成長の推移に与える影響,森林計画誌53:63~68,2020 表土除去がカラマツの初期成長の推移に与える影響の調査を行った。北海道東神楽町の試験地では,植栽8年後の樹高,胸高直径は,表土を全く除去していない草刈地拵区と表土除去区の間に有意な違いはみられなかった。 北海道足寄町の試験地では,植栽5年後の樹高,胸高直径は,表土浅剥区で一番大きく,次いで表土を移動させてない草刈地拵区が大きく,表土深剥区で一番小さかった。これまで,表土を除去することでカラマツの初期成長が大きく低下すると報告されていたが,本研究の結果から,表土除去を行っても植栽5~8年後のカラマツの成長が低下することはない場合や,よくなる場合もあると考えられた。しかし,土壌を深く剥いで,植物の根が成育できる有効土層が極端に薄くなると,初期成長が大きく劣ると考えられた。

  • 小林 裕之
    2020 年 53 巻 2 号 p. 69-79
    発行日: 2020/05/19
    公開日: 2020/08/08
    ジャーナル フリー

    小林裕之:撮影高度とDTMの違いがUAV­SfMによる森林計測に及ぼす影響,森林計画誌53:69~79,2020 UAV­SfMによる森林計測法の確立を目指し,3種類の撮影高度(80,100,120m)と3種類のDTM(0.5,5,10m メッシュ)を組み合わせて,一般向けのUAVによりスギ林の空撮を行った。SfMおよびGISソフトウェアにより樹頂点を決め,樹高,樹冠面積を計測し,胸高直径および材積を推定した。計測精度が最も高かったのは,撮影高度100mと0.5m メッシュDTMの組み合わせであり,立木本数は86本(地上調査は92本),平均樹高は25.29m(同24.81m),プロット材積は104.5m3(同107.6m3)であった。

提言
  • 中川 昌彦
    2020 年 53 巻 2 号 p. 81-85
    発行日: 2020/05/19
    公開日: 2020/08/08
    ジャーナル フリー

    Soil of the Tokachi plain of eastern Hokkaido freezes during the winter due to low temperatures and light snowfall. Deciduous and fast-growing Japanese larch, Larix kaempferi, is often planted in arable land windbreaks to prevent wind damage to cultivation plants. Japanese larch is more resistant to winter desiccation than evergreen trees. However,windbreaks made of Japanese larch are disliked by many farmers because they shed a lot of branches and branchlets every year; if not completely removed from cultivation fields, branches and branchlets may damage agricultural tractors. Therefore, some farmers favor planting evergreen trees like Sakhalin spruce, Picea glehnii, or Sakhalin fir, Abies sachalinensis, both indigenous to Hokkaido. However, the disadvantage of these evergreen trees is that they are susceptible to winter desiccation. In settings where spruce and fir do not survive winter desiccation,planting of the evergreen Korean nut pine, Pinus koraiensis, is recommended. Although not native to Hokkaido, this species is less likely to suffer damage from winter desiccation than the other two evergreen species.

  • 中川 昌彦
    2020 年 53 巻 2 号 p. 87-88
    発行日: 2020/05/19
    公開日: 2020/08/08
    ジャーナル フリー

    In the Tokachi plain of eastern Hokkaido, Japanese larch, Larix kaempferi, is often planted in arable land windbreaks to prevent wind damage to sugar beets,potatoes, and beans during the spring cultivation season. Japanese larch is fast-growing and very effective in reducing wind damage in the early spring cultivation season, even if its buds are not open or its leaves are not fully extended. However, many farmers dislike Japanese larch arable land windbreaks because they shed a lot of branches and branchlets to cultivation fields every year, which may cause damage to agricultural tractors. Therefore, it is necessary to suggest a model of arable land windbreaks with less amount of fallen branches and branchlets of larches entering the cultivation field. It is recommended to plant three rows of trees: Japanese larch in the most windward and middle rows, and Japanese white birch, Betula platyphyllavar. japonica, in the most leeward row. Japanese larch in the most windward and middle rows reduces wind speed, whereas Japanese white birch in the most leeward row reduces branches and branchlets of Japanese larch entering cultivation fields.

解説
記録
feedback
Top