総合病院精神医学
Online ISSN : 2186-4810
Print ISSN : 0915-5872
ISSN-L : 0915-5872
25 巻 , 1 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
特集:精神科リエゾンチームの実践と課題
総説
  • 吉邨 善孝, 桐山 啓一郎, 藤原 修一郎
    2013 年 25 巻 1 号 p. 2-8
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    コンサルテーション・リエゾン精神医学の分野において,チーム医療の推進,精神医療の標準化,可視化の実践が期待されている。平成24年4月の診療報酬改定に際して,精神科リエゾンチーム加算が新設された。精神科リエゾンチームは,一般病棟でせん妄や抑うつを有する患者,精神疾患を有する患者を対象として,精神症状の評価,定期的なカンファレンスの実施,心理療法,薬物療法,ソーシャルワーク,心理教育を適切に行い,退院後も精神医療(外来など)が継続できるような調整を実施する。一方,今後の課題として,①算定医療機関の偏在,②診療ガイドラインの整備, ③チーム編成,④看護師の専任規定,⑤専門看護師認定に関する課題,⑥研修規定,⑦精神科医師の算定要件,⑧診療報酬上の評価が十分でないなどがあげられる。

原著
  • 落合 尚美, 池田 真人, 紺井 理和, 仲野 真由美
    2013 年 25 巻 1 号 p. 9-15
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    コンサルテーション・リエゾンサービスは,医療のbio-psycho-socialモデルにおける多様な病態に取り組み,そのニーズは臨床,教育,研究の分野に広がっている。当院は約500床の総合病院で,精神科は病床をもたず,限られたスタッフで従来は個別にリエゾンの診療依頼に対応してきたが,昨年7月,診療報酬の加算されるリエゾンチームを立ち上げた。年間の依頼件数は約350例,まだ小規模でマンパワーの問題もあるが,毎朝のラウンドやカンファレンスを中心に,態勢を整えつつある。チームの定期的な病棟ラウンドは,治療の効率化や主科とのコミュニケーションの改善につながり,多職種メンバーによるディスカッションにて患者サポートの質が高まることが示唆された。救急診療では,自殺企図のコンサルテーションがほんどを占め,短い入院期間での治療関係をつくる難しさや,増える高齢者の自殺の問題などが浮き彫りとなった。本稿では,これらの取り組みをまとめ,リエゾン診療で浮かび上がった課題を検討,考察し報告する。

原著
  • ─フォーカスグループインタビューの結果から─
    富安 哲也, 上田 将史, 小石川 比良来, 大上 俊彦, 井古田 大介
    2013 年 25 巻 1 号 p. 16-22
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    当院における精神科CLTの活動の効果を明らかにするため,チーム成員の各職種(精神科医師1名,精神科看護師2名,臨床心理士1名,精神保健福祉士1名)に対して,「精神科コンサルテーション・リエゾンチームの効果として考えられること」をテーマにフォーカスグループインタビューを行った。インタビューの内容を遂語録におこし,データのカテゴリー化を行った。その結果,<CLTスタッフに対する効果>,<身体科病棟スタッフに対する効果>,<医療の質の向上>の3つのカテゴリーが抽出された。3つのカテゴリーから,さらにいくつかのサブカテゴリーが抽出された。その内容を以下に示す。1.<CLT スタッフに対する効果>は,さらに<精神的負担の軽減>,<円滑なコミュニケーション>に分類された。2.<精神的負担の軽減>は,<所属感>,<モチベーションの増加>,<客観的視点の獲得>に分類された。3.<円滑なコミュニケーション>は<病棟への入りやすさ>,<交渉のしやすさ>,<精神科の役割理解の向上>に分類された。4.<身体科病棟スタッフに対する効果>は,さらに<チームがあることの安心感>,<問題解決能力の向上>に分類された。5.<医療の質の向上>は,さらに<迅速な対応>,<多面的なアセスメント>,<質の保証>に分類された。 <精神科CLT スタッフに対する効果>があることで,持続的なリエゾン活動が行われ,それ以外の効果も促進される。今回あげられたカテゴリーは,どれも独立して存在するのではなく,それぞれの効果が他の効果を高め合う構造であると考えられる。

原著
  • ─リエゾンナースと臨床心理士に焦点をあてて─
    山内 典子, 安田 妙子, 小林 清香, 異儀田 はづき, 筒井 順子, 西村 勝治, 田中 美恵子
    2013 年 25 巻 1 号 p. 23-32
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    東京女子医科大学病院の精神科CLT が介入した731件の事例に関し,単独の職種による介入とチームによる介入の差異を概観したうえで,リエゾンナース・臨床心理士が介入した63事例の内容と構造を示した。睡眠障害は医師,適応障害はリエゾンナースにより,また,せん妄など移植前の精神機能評価,Ⅳ軸のある患者は単独の職種よりもチームで多く介入していた。リエゾンナース・臨床心理士は,医療者への教育的・情緒的支援にも重きを置き,チームの内外で連携を促進していた。 各特性として,前者は看護チーム内の葛藤の調整,セルフケアの査定,適応障害患者への積極的傾聴を中心とした保証,後者は客観的ツールも加えた精神状態の査定,精神病理の重い患者への体系的な心理療法を担っていた。医学的・心理社会的複雑さからみる精神的問題とともに,医療者の対応の困難度を役割分担の指標とすることにより,多角的な見方,多方面からの介入が可能となると考えた。

原著
  • ─チームの内と外,二側面による検討─
    冨岡 直, 満田 大, 中嶋 義文
    2013 年 25 巻 1 号 p. 33-40
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    一般医療への馴染みの薄い心理職が,精神科リエゾンチームの一員として有機的に機能するために必要な要件を明らかにすることを目的とし,他職種と協働するうえでみられる困難の要因と解決策について考察した。同チームは一般病棟で生じる問題の解決を助けるコンサルタントとして機能することが多いため,その視点をチーム内(コンサルタント間),チーム外(対病棟スタッフらコンサルティ)の二側面に分類して検討した。その結果,リエゾンチーム「内」における協働の困難は,チームは類似職種からなるものの,特に心理職の役割は不明瞭であるという点にあり,この解決には専門性の向上と相互尊重の姿勢が必要と考えた。リエゾンチーム「外」における協働の困難は,コンサルタントとしての機能発揮にあるが,医学・医療知識の乏しさゆえに問題自体を理解できないこともある心理職にとって,その障壁はことさら高い。この解決のためには見立て力の向上と,情報交換・問題解決の両レベルでのコミュニケーション能力の向上が重要と考えた。

一般投稿
原著
  • 阿部 正人, 内藤 信吾, 水俣 健一
    2013 年 25 巻 1 号 p. 41-48
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    静脈血栓塞栓症の早期発見のため,Dダイマーのカットオフ値を設定して,新しい予防・診断体制を確立し,身体拘束を施行した入院患者を対象にその有用性を検討した。Dダイマーが基準値0.5μg/ml以上で,エコー検査または造影CT検査によって血栓の有無を評価した,延べ186例を対象にROC解析を行った。感度,特異度などを考慮し,3.0μg/mlをカットオフ値とした。新しい体制では,Dダイマーが基準値以上でカットオフ値未満の場合は,エコー検査または造影CT検査をルーチンに行わず,SpO2測定を頻回に行い,3%以上の低下を認めた場合に,肺動脈血栓塞栓を疑い胸部および下肢造影CT 検査を検討することとした。2010年9月から2012年3月までに入院した,延べ38例の身体拘束患者において,カットオフ値未満で静脈血栓塞栓症の発症はなかった。静脈血栓塞栓症の診断に対し,Dダイマーのカットオフ値を設定することで,より効率的に診断することが可能となった。

  • 新光 穣, 松石 邦隆, 福武 将映, 毛利 健太朗, 井上 和音, 小山 忠明, 伊藤 聡子, 北村 登
    2013 年 25 巻 1 号 p. 49-54
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    せん妄は心臓血管外科での手術後にしばしばみられる。本研究では,術前のstatin内服が心臓手術および大血管手術後の患者におけるせん妄の発症と相関するか否かを検討した。2011年7月1日から2012年6月30日にかけて神戸市立医療センター中央市民病院心臓血管外科に入院し,心臓手術もしくは大血管手術を受けた324症例のカルテを後方視的に調査した。その結果,術前のstatin内服は術後せん妄のリスクを有意に低下させていた(OR=0.57,p=0.049)。その他の要因では,緊急手術,高齢,より長い手術時間において有意にせん妄のオッズが上昇した。本研究は,statinが中枢神経系への保護作用を通じて心臓手術,大血管手術後のせん妄を抑制することを示唆している。

  • 福榮 太郎, 福榮 みか, 石束 嘉和
    2013 年 25 巻 1 号 p. 55-62
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル フリー

    Japanese Adult Reading Test(JART)は,認知機能障害のある被験者の病前の推定IQを測定する標準化された認知機能検査である。しかし臨床現場でJARTを使用していると,認知機能障害の進行とともにJARTの算出する推定IQも低下する印象を受ける。そこで本研究では,認知機能障害の程度と短縮版であるJART25の値との関連について検討する。またJART25と認知機能検査の下位項目について検討を行い,JART25と関連のある認知機能について検討を行う。もの忘れ外来を受診した828名を対象に,MMSEおよびHDS-RとJARTの関連を検討したところ,MMSEおよびHDS-Rの低値とJARTの低値に関連がみられた。またMMSE,HDS-Rの下位項目とJARTとの関連を検討した。その結果,JART25は,見当識,記憶,理解,遂行機能といった認知機能とは関連が弱く,注意,言語機能,数概念といった認知機能と強い関連を示した。以上の結果から,JART25の解釈に関しては一定の注意が必要であることが示唆された。

feedback
Top