魚類学雑誌
Online ISSN : 1884-7374
Print ISSN : 0021-5090
検索
OR
閲覧
検索
22 巻 , 4 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • Jack T. Moyer, 井田 斉
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 189-194
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    三宅島周辺および伊豆半島の浅海より得られたスズメダイ属で西部太平洋産の本属のいずれの既知種にも該当しない標本を新種ミヤケスズメダイChromis miyakeensisとして記載した. 本種は軟条背鰭終部付近に白斑を有する事 (但し死後容易に消失する) 夢体型, 体色などでスズメダイC.notata, キホシスズメダイC.flayomaculataなどに類似するが, 背鰭および臀鰭の軟条中部が延長し尖り時には糸状に延びる事および成魚では体高は体長の1/2以上と高い事などで本属の既知種と識別される.
    抄録全体を表示
  • 多部田 修, 高井 徹, 松井 魁
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 195-200
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    日本, 台湾, フィリピン, ボルネオ, スマトラ, ニュージーランド, カナダ, イギリス, フランス, イタリアの各地から得られたシラスウナギ類について, 背鰭前脊椎骨数, 肛門一背鰭起部間脊椎骨数, 肛門前・脊椎骨数, 腹椎数, 尾椎数, 総脊椎骨数を計数し, 9種, 亜種の脊椎骨数構成を明らかにした.これらの構成の特徴はシラス期における種の識別に役立つことが示された.
    抄録全体を表示
  • 尼岡 邦夫
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 201-206
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    1966年8月と1967年10月に目本の南西海域の4地点, 水深0~80m層から採集された5個体 (体長9.1~19.1mm) のダルマガレイ科 (Bothidae) の後期仔魚を調査した.これらの仔魚は, 背鰭条数81~100, 臀鰭条数67~79, 脊椎骨数10+28=38であり, 体はだ円形で, 背鰭第2条が伸長し, 尾舌骨と腰骨の腹縁に鋸歯を欠くなどの共通した特徴をもつ.これらの体節的形質に基づいて査定を試みた結果, 明らかにイイジマダルマガレイ属 (Psettina) の種類であった.南日本近海には本属に3種 (イイジマダルマガレイ, トサダルマ, ソコダルマ) が知られている.これら3種の成魚は上顎長, 側線鱗数, 色彩などから明確に区別されるが, これらの形質が未発達な仔魚には適用出来ない.しかし, 成魚の背臀鰭条数の範囲から判定して, これら5個体の仔魚のうち, 2個体はイイジマダルマガレイ, 2個体はトサダルマ, そして1個体はソコダルマに同定された.
    抄録全体を表示
  • Lori J. Bell
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 207-211
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    クマノミは三宅島では5月から11月迄に産卵を行なう.1年に6~8回営巣し, 1回に1, 100~2, 500, 1年間に8, 000~17, 000個の卵を産む.産卵巣の約95%において卵は艀化した.
    抄録全体を表示
  • 千葉 晃, 吉江 紀夫, 本間 義治
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 212-220
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    日本海側の新潟海岸へ打上げられたアミモンガラの薪鮮標本3尾を用い, 体内諸器官を組織学的に観察した.3尾共空胃であったが, 消化管の粘膜上皮, 膵外分泌組織には退化の兆候は無く, 肝への脂肪蓄積が著しい程度で, 腎や脾にも異状は認められなかった.卵巣は若い卵母細胞のみによって占められていたが, 精巣の大半は精原細胞巣よりなり, 一部は精虫細胞にまで進んでいた.視床下部一下垂体系におけるゴモリ陽性物質の量は, 視束前核では細胞体によってまちまちであったが, 神経葉には相当量が貯蔵されていた.しかし, 隆起部外側核の酸好性神経分泌物の貯留は少なかった.腺性下垂体には, 7種の細胞型が検出されたが, 塩基好性の生殖腺刺激細胞と同定されるものは, 小形で顆粒に乏しかった.以上の状態より推察すると, 冬季対馬暖流に乗って日本海内部へ運ばれるアミモンガラは, 未熟の若魚で, 生殖することなく死滅する無効分散の例であると思われる.
    抄録全体を表示
  • 服部 仁
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 221-226
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
    The present study on archaeological materials is concerned particularly with 110 pieces of pharyngeal bones of parrotfishes.They were excavated together with many other fish remains from the shell-mounds located at Ushuku in Amami-Oshima, Omonawa in Tokunoshima, Kagoshima Prefecture, and Shimashihyahma in Kutakajima, Okinawa Prefecture, Japan (Fig.1).The age of the shell-mounds is considered to be the late “Jomon” age (about 3, 000-2, 500 B.P.).There bones were identified by comparison with those of the living species found in the region (Figs.2 and 3).
    The characters of the upper pharyngeal which were used to distinguish species of the parrotfishes are: arrangement and number of raws of teeth, and position and shape of each tooth.Those of the lower pharyngeal are: shape of dentigerous surface, number of teeth of a transversal row, arrangement of rows of teeth, and relative height between surface of lateral process and dentigerous surface.
    The archaeological specimens identified belonged to three genera and ten species: namely, Scarops rubroviolaceus (Bleeker), Bolbometopon bicolor (Rüppell), Scarus gibbus Rüppell, S.lunula (Snyder), S.sordidus Forsskål, S.taeniurus Valenciennes, S.bowersi (Snyder), S.dimidiatus Bleeker, S.ghobban Forsskål, and S.aeruginosus Valenciennes.
    抄録全体を表示
  • 藤井 英一, 上野 輝弥
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 227-233
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    Three species of Notoscopelus: N.japonicus, N.resplendens, and N.caudispinosus were found in Japan.The last species is first time recorded from the western North Pacific, and the second species is recorded here for the second time from Japan.These three species are described and compared with specimens from other parts of the world.The type specimen of N.japonicus was found to be in Field Museum of Natural History, Chicago, with the catalogue number FMNH 80459, and errors in the original description on numbers of various photophores are corrected in this report.
    抄録全体を表示
  • 小林 弘
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 234-240
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
    Cytological observations on the nuclei of the ripe egg cells just after spawing were carried out in two kinds of fishes, the kinbuna (Carassius auratus subsp.) and the ginbuna (C.auratus langsdorfii);both were collected from Kasumigaura.The egg cells of the kinbuna contained nuclei at metaphase of the second maturation division and had a first polocyte, while those of the ginbuna showed nuclei at metaphase of a single maturation division without a first polocyte.The mean diameter of the nuclear plates of 20 egg cells was 6.32 μ it for the kinbuna and it was 12.28 μ, a for the ginbuna.The nuclear plate in the ginbuna was twice larger than that in the kinbuna in diameter.Judged from Kobayashi et al. (1970), it is obvious that the ginbuna here used was triploid or tetraploid specimens and the kinbuna was diploid ones.
    The developmental process of the oocytes was carefully observed in the ovaries of two triploid lines of the ginbuna (offsprings from 3n ginbuna _??_).At the ripe egg stage, the majority of the oocytes contained metaphase nuclei derived from a single maturation division.Tripolar spindle formation at the first maturation division was not found in the present observation, contrary to the result in Carassius auratus gibelio by Cherfas (1966, 1972).
    Based on the present observations, it is considered that the triploid lines of the ginbuna are unisexual and may make triploid egg cells throughout a single homoeotype division during maturation period.
    抄録全体を表示
  • 新井 良一, 永岩 一夫, 澤田 幸雄
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 241-242
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    サバヒーの系統分類上の位置に関して, Rosen and Greenwood (1970) はネズミギス目とコイ目とは同一系統群 (骨籐上目Ostariophisi) に属すると推論している.ネズミギス目魚類の染色体についての報告がないので, サバヒーの染色体を観察した.結果は, 2n=32, NF=50であった.サバヒーの染色体数 (2n) はサケ目やコイ目と比べるとかなり少ないが, 18本のtwo-armchromosomesは大きさから考えて2個の染色体の (着糸部での) 合着により生じた可能性が強い.この推察をおし進めるとサバヒーの染色体は2n=50から特化したものと考えられることになる.
    抄録全体を表示
  • 佐藤 羊三郎
    22 巻 (1975 - 1976) 4 号 p. 243-244
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    The yellow or white skin-flap was observed on the lower margin of the gill cover of Limanda yokoliamae.The flaps have various size and shape They are flattering in some and not so in others.Its function is not obvious, but may serve to lure small organisms near the mouth of the flounder.The similar structure was also observed in some other species of floundes.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top