魚類学雑誌
検索
OR
閲覧
検索
24 巻 , 2 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 石山 礼蔵, 石原 元
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 71-90
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    水産庁ならびに東京水産大学の採集により得られた北西太平洋のソコガンギエイ類(Bathyraja)の標本から, 1)体各部の相対長, 2)計数的諸形質, 3)斑紋の有無, 4)体背面に分布する大小の疎の有無, 5)軟骨性頭蓋の構造, 6)交接器の構造, 7)卵殻の構造などの組合せで, この海域に分布する既知11種のソコガンギエイとは異なる5種が区別された.
    上記5種はそれぞれ新種として, 噴水孔前縁が深くくぼむツムラカスベBathyrja caeluronagracans.やや小さい交接器を持つノトロカスベB.notoroenais, 体背面に白色斑のあるモンツキカスベB.trcaculata, 体背面の肥大棘が連続して並ぶコマンドルカスベB.lindbergi, 体背面の小棘がまばらなスベスベカスベB.minispinosaと命名した.
    石山が1952年に発表したマツバラエイB.matsubaraaは前4種と諸形質が類似し, 殊にこの種の副模式標本は本研究でノトロカスベと同定されたため, 新種5種の記載と共にマツバラエイを再記載し, 6種の類縁関係を動物地理学的に考察した.
    抄録全体を表示
  • 尼岡 邦夫, 豊島 貢, 稲田 伊史
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 91-97
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    北海道およびその近海の魚類相を研究中, タウエガジ科, ドロギンポ属(Ascoldia)のドロギンポA.variegata kninowitschiとゲンゲ科, アカゲンゲ属(Puzanoyia)のアカゲンゲ(新和名)P.rubraが北海道の東部太平洋岸および千島列島より得られた.
    ドロギンポ属には本亜種の他にニシドロギンポA.variegata viriegataが報告され, いずれも1本の退化的腹鰭棘と鰭膜につつまれた弱い2本の臀鰭棘を持つことによって特徴づけられているが, これらを分類する形質は明確でない.そこで本標本と2亜種を比較検討した結果, これら2亜種は臀鰭軟条数によってのみ分けられ, 本標本はドロギンポに同定された.本亜種は以前, オホーツク海および樺太と千島列島沖から報告されていたが日本近海からは初記録である.
    一方, アカゲンゲはFedorov(1975)によって, べーリングおよびオホーツク海などからの標本により新属新種として記載され, 体が赤いこと, 鰓孔が小さいこと, 腹鰭がないことおよび鼻管が伸長することなどで, ゲンゲ科の中では非常に特徴的である.本標本は上記の特徴, 体節的形質および測定比においてアカゲンゲによく一致した.本種は日本からの初記録である.
    抄録全体を表示
  • 中坊 徹次
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 98-100
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    高知市御畳瀬魚市場において, 機船底曳網による漁獲物中からネズッポ類の新種と思われる1種を得たので, タツヌメリ(Callionymus draconis)としてここに記載した.
    本種は, 前鰓蓋骨棘の内側と外側に, それぞれ数本の突起, 後頭部域に左右一対の2尖頭突起, 眼上後方部に細長い皮弁を持つこと等により他種と容易に区別される.
    抄録全体を表示
  • Katherine A. Meyer
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 101-112
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    三宅島において1974年6月から1975年秋にかけて, ニシキ・ベラの生殖行動と性構造を観察した.産卵は6月中旬から9.月中旬まで続き, その間の水温は20.0~28.0℃であった.求愛行動はまれに午後に観察されることもあるが, 産卵は午前だけに限られた.
    195尾の調査個体のうち, 52.8%は雄, 44.6%は雌(残りは不明)であった.雌雄ともに同範囲の体長分布を示したが, そのうち特に大型の個体についてだけみれば, 雄の数は雌より多い.本種は雌性先熟現象により雄に2型を示す.体色相の変異についても観察し, initial phaseは未成魚, 雌, 一次雄, 二次雄に認められるが, terminal phaseは一次雄, 二次雄に限られる.ペア形成産卵と群れ形成産卵の両型が観察されたが, 本研究水域では後者がより頻繁であった.求愛行動および産卵行動の記載を行ない, 同属の他の魚種との比較検討を行なった.
    抄録全体を表示
  • 明仁親王 , 目黒 勝介
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 113-127
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    Callogobius sclateri (Steindachner) is newly recorded from Japan;Callogobius moroanus (Seale) is synonymized with Callogobius hasseltii (Bleeker) and Callogobius snyderi (Fowler) is synonymized with Callogobius okinawae (Snyder), after comparison with the types.Therefore the species of Callogobius found in Japan are five species: C.snelliusi Koumans, C.sclateri, C.hasseltii, C.okinawae and C.tanegasimae (Snyder).
    抄録全体を表示
  • 駒田 格知
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 128-134
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    Rather frequent occurrences of the abnormal individuals of the ayu, Plecoglossus altivelis Temminck et Schlegel, were recently experienced in nature and culture pond, and their abnormalities were more often localized at vertebral column.Then, it became necessary to trace the normal structure of the vertebral centra as our basic knowledge, on which teratological study must stand.
    Length and diameter of the centra of 400 specimens were measured by different growth stages and by sexes(Table 1).The anadromous ayu were collected in the River Yahagi, Aichi Prefecture.As regards lacustrine ayu, young fish collected from the Lake Biwa were cut off the adipose fin for marking, and released in the River Kadowasa, Gifu Prefecture.These fish were recaptured and used for this study.Hatchery reared ayu were obtained by artificial crossing of a pair of adult fish as brood stock taken from the River Kiso, Aichi Prefecture.
    In the young below 3 cm in standard length(SL), all the centra in column are near equal in length, but, along with further growth of fish, the centra located anteriorly in caudal vertebrae grow longer than others, and in the fish over 12 cm SL, centra located posteriorly in abdominal vertebrae also grow longer than those of other abdominal vertebrae.The diameters of centra in the fish 2 to 5 cm SL show no difference by its position throughout the column, but in larger fish, those located near transition from abdominal to caudal vertebrae grow larger.
    Sexual difference was found on adult male which has wider diameter of centra located near the transition region than that in female, and similar tendency was noted for the length of centra.
    The young ayu of anadromous form, 7-8 cm SL, have wider diameter of centra than that of lacustrine form of similar body size, and the difference becoming more evident between the males(14-16 cm SL)of the two forms.And, in the young ayu of 7-8 cm SL, the length of centra of hatchery reared fish was found larger than that of lacustrine form, but the diameter and length of centra of the former(4-5 cm SL)were found smaller than those of anadromous form.Differences in both length and diameter of centra were not observed between anadromous and hatchery reared ayu when they reached 11-12 cm SL..
    抄録全体を表示
  • 瀬崎 啓次郎, 小林 弘, 中村 守純
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 135-140
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    As regards size of erythrocytes, the senior author reported two types of the ginbuna Carassius auratus langsdorfi, one with smaller erythrocytes and the other with larger erythrocytes, from Naka River, Shizuoka Prefecture (Sezaki, 1974).In the present study, the relationship between the erythrocyte size and somatic chromosome number was examined.Blood smear preparations were made by ordinary method with Giemsa's solution and chromosome preparations were performed by the same method previously described (Kobayasiet al., 1970).
    Among 16 fish examined, somatic chromosome number of 4 males and 2 females was 100, and that of 10 females was 156.In the diploid fish the major diameter of erythrocytes was 14.17±0.47 μ, and that of nuclei 5.76±0.30 μ, whereas in the triploid fish the major diameter of erythrocytes was 17.96±0.51 μ, and that of nuclei was 7.97±0.34 μ. The ratio of the area of the triploid erythrocytes to that of diploid ones was 1.30, and that of nuclei was 1.34. The results show that it is easy to distinguish the triploid ginbuna from the diploid one by the examination of the erythrocyte size.
    抄録全体を表示
  • 上野 輝弥, 岸田 周三
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 141-143
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Parr (1951年) はセキトリイワシの副模式標本が完模式標本と別種であることを認め, これをRouleina tanakaeと命名した.しかしこの種はその後現在に至るまで採集されたという報告がない.筆者らは水産庁調査船開洋丸が1975年2, 月13日九州西方海域で採集した深海性魚類の中にタナカセキトリの第二番目の標本を発見した.タナカセキトリの原記載は測定値の外に3行ほどのごく簡単なもので, 図も写真もないので, ここに図と写真と共に観察結果を報告する.
    抄録全体を表示
  • 安田 富士郎, 勝又 康樹, 今井 千文
    24 巻 (1977 - 1978) 2 号 p. 144-146
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    静岡県富戸より得られた標準体長46.4mmの幼魚について体色斑紋を報告した.従来の報告の体長137mmのものには記録されていなかった腹鰭が黒色であること, 背鰭基底後端付近に小黒斑があること, および尻鰭前半部に不明瞭な黒斑のあることなど新知見を得た.また, Tsai (1960) のC.swaniusを本標本および片山 (1973) のC.igarashiensisの記載と比較したところ諸形質でよく一致したので, C.swaniusC.igarashiensisのシノニムとした.
    なお, 今回の記録により本種の分布の北限が静岡県富戸にあらためられた.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top