魚類学雑誌
Online ISSN : 1884-7374
Print ISSN : 0021-5090
検索
OR
閲覧
検索
24 巻 , 3 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 澤田 幸雄, 金 益秀
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 155-160
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
    ヨコジマドジョウは韓国の洛東江水系にのみ分布するドジョウ科の1種で, 本種はWakiya and Mori(1929)によってシマドジョウ属(Cobitis)の1種として記載された。しかしNalbant(1963)は本種がシマドジョウ属魚類よりもAcanthophthalmus属魚類に類似することを指摘した.さらにその後Banarescu and Nalbant(1968)は, 具体的な理由を与えることなく, 本種をシマドジョウ属からアジメドジョウ属(Ni-waella)に移した。本種の分類学上の位置を決定するために, 口部や胸鰭の形態, 背鰭の位置および脊椎骨の数と構成について, 本種をアジメドジョウ属およびシマドジョウ属魚類と比較検討した.その結果, これらの特徴においては, 本種はアジメドジョウ属魚類にもっとも類似することが判明した。したがって本種はアジメドジョウ属に帰属されるべきである.
    抄録全体を表示
  • 佐々木 達
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 161-166
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    クダヤガラの泌尿生殖突起の構造を観察し, その機能を推定した。
    突起の内部構造は外側から中心部へ向って表皮, 真皮, 横紋筋層の順に配列されており, 中心部にある結合組織の中に輸精管および輸尿管が別個に貫通している。この突起は筋肉層の配列状態から考え, 突起の基部を中心として大きく動くことはなく, 層状に配列された横紋筋を個々に動かすことにより, 部分的な小さな動きしかしないし, また, 海綿体, リンパ球などが存在しないことから可動性に乏しいことが推定される。
    この突起の起源はメバル属の魚のそれと同様, 泌尿生殖孔部が突出したものと考えられるが, クダヤガラとメバル属の魚との突起の内部構造, 特に筋肉層の配列状態には大きな違いが認められる。この差違は生殖行動における泌尿生殖突起の可動性に関係しているものと考えられる。
    抄録全体を表示
  • 倉若 欣司
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 167-175
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    ウグイ属4種の頭部側線感覚管は, 種の同定に有効な特徴を示すばかりでなく, 頭部感覚管孔数の多寡および前鰓蓋下顎管 (preoperculomandibular cana1: POM) と眼下管眼後部 (postocular commisure: POC) の接続の有無との組合わせによって3つのパターンに類別される.地理的分布・棲息域についてもsali-nityとaltitudeとの組合わせから3つのパターンに類別される.これらは頭部側線感覚管のパターンと極めて類似していることから, ウグイ属の種の独自性は, ウグイ属のすべてがほぼ共有し得る環境条件によって構成されるパターンのうちの或るひとつに対応するようなパターンの独自性, と理解すべきことが考察された。
    抄録全体を表示
  • Narendra Mishra, Pramod K. Pandey, Jyoti S.D. Munshi
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 176-181
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    他の淡水産硬骨魚類と比較して, Amphipnous cuchiaの血液pH値はやや低く (約7.3), 血液比重はやや高い (約1.08) が, タンパク質, グルコースその他の血漿成分濃度はほぼ等しかった。血清アミノ酸の種類は, コイやマスノスケより数少なく, アラニン, アルギニン, グリシン, ヒスチジン, ロイシンおよびメチオニンの6種であった。
    抄録全体を表示
  • 小池 啓一, 西脇 三郎
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 182-192
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    Fish fauna in the Zostera zone in Shimoda Bay and Nabeta Cove was studied by monthly sampling with a small beam trawl during March 1973 to March 1974.Sampling was made also in the sandy bottom of Nabeta Cove.A total of 135 species (13 orders, 58 families) were collected, i.e., 106 species (11 orders, 50 families) in the Zostera zone of Shimoda Bay, 84 species (10 orders, 39 families) in the Zostera zone of Nabeta Cove, and 60 species (10 orders, 34 families) in the sandy bottom of Nabeta Cove.Analysis of species composition revealed a slight difference between the Zostera zone of Shimoda Bay and that of Nabeta Cove, and a considerable difference between the Zostera zone and the sandy bottom in Nabeta Cove.The significant effect of Kuroshio Current on the fish fauna and the abundant appearance of rocky shore fishes were also noticed in these areas
    The percentage of both the number of species and that of individuals among yearround resident, seasonal resident, seasonal transient, and casual species was nearly the same between the Zostera zone of Shimoda Bay and that of Nabeta Cove, but it was fairly different between the Zostera zone and the sandy bottom in Nabeta Cove.
    The number of species and the total number of individuals collected in the Zostera zone showed a different seasonal change between Shimoda Bay and Nabeta Cove.This seems due to the difference of embayment degree between the two bays.The number of individuals obtained suggested that the Zostera zone has a higher population density than the sandy bottom.
    抄録全体を表示
  • 福所 邦彦
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 193-198
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    There are many problems to be solved for establishment of more reasonable and simplified method of fry production in the marine fish culture.One of the most important subject is to clarify the feeding ecology of larvae and juveniles under rearing condition.In the former works, times required for satiation and digestion in the larvae of Oplegnathus fasciatus (Temminck and Schlegel) were tested.The present paper deals with those examinations in the juveniles with a fairly developed stomach.
    The copepod Tigriopus japonicus Mori was used as food.Degrees of satiation and digestion were estimated by counting the number of food organisms in 5 portions of the digestive tract: mouth cavity, stomach, anterior intestine, posterior intestine, and rectum.
    Time required for satiation in the juveniles (19.3-20.2 mm in T.L., 36 days after hatching), which were starved for 15 hours, was nearly one hour after the food organisms were supplied at density of 10 individuals/ml.Content of digestive tract amounted 15.8% of body weight when satiated.At that time the stomach contained 80% of the total food.
    Times required for digestion (remained content less than 10% of satiation amount) in stomach and digestive tract of the juveniles (19.4-22.8 mm, 37 and 38 days after hatching) were 3 to 4 and 5 to 6 hours, respectively.
    The feeding behavior of juveniles seems to show the transitional pattern from that of larvae to that of adults with a full-developed stomach.
    抄録全体を表示
  • 鈴木 清, 木村 清志
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 199-206
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
    The present report deals with a study of the age and growth estimations based on the ring marks of scales for each of three subspecies of Carassius auratus: ginbuna, Carassius auratus langsdor fi Temminck et Schlegel, gengorobuna, C.a.cuvieri T.et S., and nagabuna, C.a.buergeri T.et S.The materials used in this study consist of 463 individuals of ginbuna, 270 individuals of gengorobuna, and 175 individuals of nagabuna.They were collected in the lower reaches of the Nagara River, central Japan, during one year from May 1976.For examination of the scales, six scales, from 8th to 13th, of the row just above the lateral line of the left side of the fish were taken, and three scales among them which are revealed to be subject to regular in shape were employed for measurement.
    抄録全体を表示
  • 沈 世傑, 林 〓
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 207-212
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Chelmo rostratus (Linnaeus) ハシナガチョウチョウウオおよびFrcipiger longirostris (Broussonet) が台湾から初めて記録された。Fbrcipiger longirostrisF.flayissilnus Jordan and McGregorフエヤッコダイの比較を行ない, これら3種の検索表を作成した.
    抄録全体を表示
  • 井田 斉, 佐野 光彦, 川島 尚正, 安田 富士郎
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 213-217
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    沖縄島の沿岸で採集されたスズメダイ科のヨスジリュウキュウスズメ (Dascyllus melanurus) と小笠原諸島の沿岸で採集されたゴンベイ科のイレズミゴンベイ (Paracirrhites hemistictus) を記載した。イレズミゴンベイには体側の白桃色斑の形に二つのタイプが知られている.本標本はGünther (1873) のCirrhites polystictusの斑紋と一致するが, Randall (1963) らに従い同名をP.hemistictusのシノニムとみなした。
    抄録全体を表示
  • Jack T. Moyer
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 218-222
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    東京都下三宅島及び沖縄の潜水観察でバラフエダイLutjanus boharの幼魚がスズメダイ属4種のaggres-siveな擬態種として生活していることが明らかとなった。三宅島ではChromis floyomaculta, C.weberiとの関係が顕著であった.
    擬態種であるバラフエダイは多くの場合1尾で, モデル種の数がそれより多いこと, 擬態種の形態が外見上モデル種に似ていること, 擬態種が幼魚であること, さらに両者の関係が機会的であることなどから, facultativeな擬態と考えられる.
    抄録全体を表示
  • 明仁親王 , 目黒 勝介
    24 巻 (1977 - 1978) 3 号 p. 223-226
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Forty-two specimens of a gohy hitherto unrecorded from Japan were recently collected from Ishigakijima, one of the southern islands of Okinawa Prefecture.These specimens were identified as Mangarinus waterousi Herre after comparison with the type specimens.
    Herre (1943) reported that this species has “two large flat incisor-like teeth on the vomer”.However, after our examination of Japanese specimens, the so-called teeth of the original description.were found to be not teeth, but slight downward projections of the anterior lateral sides of the vomer.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top