魚類学雑誌
検索
OR
閲覧
検索
30 巻 , 1 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 岩田 明久
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 1-9
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    スイ属魚類について再検討を行なった。スイ属は1) 体が著しく側扁し, 体高が高い事2) 頭部は大きく鋭角的である事3) 細い尾柄を持つ事4) 頭部背面に棘や皮弁を有しない事などで定義される.該当種はスイVellitor centropomusとヒメスイV. minutusで後者は新種である.
    ヒメスイV. minutusの胸鰭は丸く, 鰭条教が18-20で最下方の鰭条は痕跡的な事により, スイV. centropomusと明瞭に区別される。
    この2種は生息場所の選好性が異なり, スイV. centropomusはガラモ帯やアマモ帯に, ヒメスイV. minutusはアラメ・カジメ帯にそれぞれすみわけている.
    抄録全体を表示
  • Ronald Fricke, Heiko Brunken
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 10-14
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    インドネシアのKai諸島付近の水深352mからカジカ科クシカジカ属に含まれる1新種Stlengis mesembrinusが採集された.本種は, 側線鱗教が29-30であること, 背側に9枚の小鱗からなる鱗列を持つこと, 目が大きいこと, 背鰭が8棘13軟条からなり, 臀鰭が10軟条からなること, そして背鰭の斑紋などの特徴で, 本属のいずれの既知種とも識別される.
    本種は熱帯海域から採集された初めてのカシ刀科焦類であるため, 日本産のクシカジカ属魚類およびタスマニア海に分布するカジカ科魚類Antipodocottusと比較検討された.また, Antipodocottusの分散経路に関するBolin (1952) の見解についても検討され, 本種の起源について考察が加えられた.
    抄録全体を表示
  • Uday Raj, Johnson Seeto
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 15-17
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    フィジー諸島沖の水深293mから得られたノ・ナダイ亜科の1新種Plectranthias fijiensisを記載した.本種は胸鰭に分枝軟条があること, 前鰓蓋骨下縁と上縁に鋸歯も棘もないこと, 吻の鼻孔より前方の背側に鱗がないこと, 両顎に犬歯があることなどで同属の既知種と識別される.
    抄録全体を表示
  • 矢部 衛
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 18-26
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    中部北太平洋の天皇海山 (35°29, 3'N, 171°42, 0'E, 水深570m) から採集された新種テングカジカMarukawichthys pacificusを記載した。本種は胸鰭の下部4軟条が上葉から遊離していること, 腹鰭が1棘4軟条からなることからマルカワカジカ属に含まれる。しかし本種は本属の唯一の既知種マルカワカジカとは, 下顎下面に鱗を持たないこと, 脊椎骨教および鯉紀教が多いこと, 両眼間隔幅が狭いこと, 上顎が長いこと, 眼下域が狭いこと, 体色が一様に暗褐色を呈することなどで明瞭に識別される, また本種の骨格系を観察した結果, 副蝶形骨と翼蝶形骨が離れていること, 咽鰐骨が3対あること, 背鰭の第一担鰭骨が第一椎体より前方に位置すること, 尾椎に発達した側方突起があることなどの特徴が認められた.これらの骨格系の諸特徴はマルカワカジカの状態と一致するとともに, Yabe (1981) により示されたトリカジカ科の骨格形態の特徴にも一致する.本種は天皇海山域から報告された初めでのカジカト科魚類である.
    抄録全体を表示
  • 望月 賢二, 福井 正二郎
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 27-36
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    ボウズノ・ゼSicyopterus japonicusの上顎歯の形態・成長・更新等について調べた。予備粛は歯槽 (gun) 内部に発生し, 内部を移動しながら成長する。この成長の最後の段階において, 各粛の基部に1小骨が形成される.その後, 下方に移動し, 前上顎骨に固定され, 作用歯として用いられる.歯の更新において脱落した歯は, 上顎組織内で吸収されながら, 前上顎骨下端の腔所に引き込まれ, ここで完全に吸収される。このことから, 歯の成分を再利用する可能性があることが示唆された。この更新は体長の増加に比例して起り, 標準体長が1.1mm増加することに1回の割合である.またその頻度は, 標準体長が1日当り0.12mm増加する場合には平均9.2日に1回の割合である。歯がこのような短い周期で絶えず更新するのは, 餌として岩の表面で育つ付着藻類を掻き取るため, 上顎歯の損耗が著しいためと思われる.
    抄録全体を表示
  • 松岡 正信, 岩井 保
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 37-46
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    サケ目, コイ目, ナマズ目およびハダカイワシ目に属する33種の魚類について脂鰭の構造を調べた結果, サケ目のシラウオ科, キュウリウオ科, アユ科と, ハダカイワシ目のハダカイワシ科およびソトオリイワシ科に属する魚類の脂鰭基底部に軟骨あるいは軟骨様組織が認められた。しかしサケ目のサケ科, Retropinnidae, Prototroctidae, ニギス科, ソコイワシ科, ハダカイワシ目のヒメ科, エソ科, アオメエソ科, コイ目およびナマズ目に属する魚類には, このような組織は認められなかつた。サケ目の3科の魚類とハダカイワシ目の2科の魚類とでは, 脂鰭軟骨の形態にかなりの違いがみられた.また, キュウリウオ科魚類の脂鰭軟骨の形態は2型に分けられ, 一方はシラウオ科魚類のそれに, 他方はアユ科魚類のそれに類似していた。
    抄録全体を表示
  • 河野 博, 多紀 保彦, 小笠原 義光, 城条 義興, 武富 正和, 井上 正昭
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 47-60
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    マダイ仔魚の遊泳・摂餌機能に関与する形質の発達を観察し, 機能発達との関連を考察した.鰭摺は6.50mm NL (脊索長) で完全に分離した・垂直鰭の支持骨・鰭条の発達は対鰭のそれよりも早く, 約5.00mm NLまでに主要な全要素が出現し, 垂直鰭のなかでは尾鰭の発達が他よりも早かった.脊索末端の屈曲は約5.00mm NLからはじまり, 約6.50mm NLで完了した.体高・脊索長比は約6.50mm NLまで増加し, 以後は比較的一定した値を保った.以上から, マダイ仔魚は約5.00-6.50mm NLのあいだで, 初期の不活発な遊泳から尾鰭推進に移行するものと推論した。摂餌に関与する形質では, 前上顎骨は約7.00mm NLで上顎の主要縁辺を占めるにいたった。顎歯は咽頭歯よりも発達がおくれたが, いずれの場合も7.00mm NL鰍であるていど磁の舗がみられた。以上の観察から, 仔魚の摂餌様式は5.00-7.00mm NLのあいだでswallowingからbitingに移行するものと結論した。上記を総合すると, マダイの遊泳・摂餌様式は, 1) 遊1泳能力があまりなく, swallowingにより摂餌する初期段階 (約5.00mm NLまで), 2) 移行期 (650-7.00mm NLまで), 3) 尾難進とbitingを行う発達した段階の3期に分けることができる.
    抄録全体を表示
  • 桑村 哲生
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 61-71
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    雄親が卵の口内保育を行うクロホシイシモチ (テンジクダイ科) の求愛産卵行動を, 和歌山県白浜および鹿児島県桜島での潜水観察をもとに記載した。また, 様々な時期の卵塊の受精率を調べ, 放卵にやや遅れて放精・受精がおこることを明らかにした。産卵期に影響を及ぼす環境要因と, 一連の求愛産卵過程における各行動の機能と解発因について論じ, また, テンジクダイ科における口内保育担当者の性についても若干の考察を加えた。
    抄録全体を表示
  • 植松 一真, 日比谷 京
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 72-80
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    真骨魚13種の生殖管ならびに尿管の末端周辺部位の構造を組織学的に検討した.このうち, シロサケ・アユ・コイ・キンギョにのみ両管を取り囲む特徴的な横紋筋群が見い出された。その形態には多少の種間差が見られたが, いずれの種においても同筋の収縮は両管を閉塞しうると判断された、また, 成熟した雌雄ばかりでなく未熟な個体も同筋を有することから, 同筋は通常, 尿管を括約し, 産卵期になると生殖管の括約筋として機能するものと思われる。残りの魚種には類似の構造が見い出されなかったことから, 両管を括約する機構は魚類の進化とともに変化してきたものと考えられる。
    抄録全体を表示
  • 須賀 昭一, 多紀 保彦, 和田 浩爾
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 81-93
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    スズキ目の魚78種 (海水魚: 55, 第一次淡水魚: 8, 第二次淡水魚: 12, 代理性淡水魚:3) の歯質中のフッ素 (F) 含量をエレクトロンマイクロプルーブの点分析によって測定した.ほとんどすべての魚種でエナメロイド中のフッ素含量は2.0%以上, 象牙質や骨では0・6%以下であった.本目の魚のエナメロイド中のフッ素含量はすでに報告したモンガラカワハギ亜目魚類のそれとほぼ同じで, コイやフグ亜目 (約0.2%以下) よりはるかに高い。また, 海水魚や各種の淡水魚の間で含量に特別な違いはない.本目魚類の歯の形や大きさは食性に応じて多様であるが, エナメロイド中のフッ素含量はそれとは関連しない.
    以上の事実はエナメロイド中のフッ素含量は環境水よりもむしろ魚の系統発生と関連していること, また, 歯質組成の進化は歯の形の食性や環境への適応とは無関係であることを示唆している.
    抄録全体を表示
  • 板沢 靖男, 竹田 達右, 山元 憲一, 東 照雄
    30 巻 (1983 - 1984) 1 号 p. 94-101
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top