魚類学雑誌
検索
OR
閲覧
検索
35 巻 , 2 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 西田 清徳, 仲谷 一宏
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 115-123
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    東シナ海を含む日本の南部海域からアカエイ属の新種ヤジリエイDasyatis acutirostraが得られた.本種は眼球径が小さいこと, 吻が非常に長いこと, 口内底に皮弁状突起が無いこと, 尾部腹面に皮摺を持っこと, 胸鰭に129-135, 腹鰭に23-28の輻射軟骨を持っこと, 腸に22-24の螺旋弁を持っことなどで, 他種と区別される.ズグエイD. zugei (Muller et Henle, 1841) の総模式標本6個体において, 原記載の図示標本および各標本状態を検討した結果, マカオから得られたMNHN1987-152を後模式標本として指定した.ズグエイの後模式および副後模式標本とヒメズグエイD. cheni Teng, 1962の完模式標本を比較した結果, 差異は認められなかった.よって後者は前者のシノニムと判断された.
    抄録全体を表示
  • Waikhom Vishwanath, Chungkham Sarojnalini
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 124-126
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    インドのマニプル川から得られたコイ科の1新種Garra manipurensisを記載した.本種はダージリン・ヒマラヤ産の同属のG. annandalei Hora隔が広いこと, 側線上方鱗数が多いこと, 肛門の位置が後であることなどの点で異なる.また, ブラマプトラ川流域やアッサム・ヒマラヤに産するG. lissorhynchus (McClelland) とは背鰭および尾鰭に斑紋を欠くこと, 腹部に鱗があることなどの点で異なる.
    抄録全体を表示
  • 塩垣 優
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 127-132
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    青森県陸奥湾に面する平内町茂浦の潮下帯 (水深0.5-1.5m) の石下より採集された32個体の標本に基づき, 新種アワユキセジロハゼClariger chionomaculatusを記載した.本種は同属の他種とは以下の点で容易に識別される: 体背面に多くの幅広い白色鞍状斑を有しており, このうち項部のものは胸鰭基底および同腋部の白色斑と連なり, 目立った斑紋をなす;体背面の地色は体側背部と同色調のチョコレート色を呈する;胸鰭上部の遊離条は1本;体は無鱗;第2背鰭, 讐鰭の条数はそれぞれ1, 12-14と多い;両背鰭間隔長 (押し倒した第1背鰭第3棘条後端と第2背鰭棘条基部間) は短かく, 臀鰭起部の体高よりもかなり短かい.さらに, セジロハゼ属魚類に対する新たな検索表を提示した.
    抄録全体を表示
  • 仲谷 一宏
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 133-141
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    ヤリヘラザメはフィリピン近海から報告されて以来記録がなく, その分類にっいては不明な部分が多かった.近年, 銚子, 土佐湾および沖縄舟状海盆海域から本種の標本を入手できたので, 形態学的に本種の特徴を明確にすると共に, 近縁種との分類学的比較検討を行なった.その結果, 本種は極めて長い吻と尾鰭をもち, 腹部が短いという特徴を有することが判明した.以上の特徴では本種はテングヘラザメに似るが, 本種の歯はより数が多く, 両鼻孔間隔がより狭く, さらに口前吻長がより長いことなどで識別可能である.また, シナ海より記載, 報告された数種のヘラザメについては, 入手できた模式標本の形質が不十分のため, これらと本種との分類学的検討が不可能であったが, これらは本種に酷似する.背鰭が1基のPentanchus profuπdicolusは一部に本種と同種であるとの考えもあるが, 本種とは歯数が一致しなかった.
    抄録全体を表示
  • Walter Ivantsoff, Maurice Kottelat
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 142-149
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Haplocheilus argyrotaenia Tirantは, 模式標本の調査の結果, 南酉太平洋から北は日本まで広く分布するトウゴロウイワシHypoatherina valenciennei (Bleeker) 再同定された.トウゴロウイワシの分類学的問題点が明らかにされ, Bleekerの訂正, すなわち原記載の種小名の綴りであるvalencienneiからvalenciennesiへの変更は棄却された.本種はHypoatherinaおよびAtherinomorusの中間的な特徴をもっため分類。学的位置付けは困難である.現時点では本種はHypoatherinaにより類似しているのでこの属に含めた.
    抄録全体を表示
  • 岸本 浩和, Peter R. Last, 藤井 英一, Martin F. Gomon
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 150-158
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Plerroscpus属は未成魚標本1個体に基づいて原記載された単一模式種P.pseydidirsalisからなるが, 模式標本とは別種と思われるほど形態的に相違する成魚標本を加えて再記載を行った.南アフリカからオーストララシアにかけての海域から得られた体長242-559mmの標本検査によると, 本種は270-355mmを過渡期として晩成する著しい成長変化を遂げるものと考えられる.未成魚の体は太短く, 頭骨の各所に骨質隆起があり, 腹部と鰭基部にも鱗が密生し, 鱗の表面には顆粒突起が放射状の列をなす.過渡期には体は細り, 頭骨の骨質隆起は上部が風化したように削れ, 腹部と鰭基部の鱗が消失して模様だけが残り, 体背部の鱗の表面の顆粒列は低く不明瞭となる.成魚では頭骨と腹部の表面が平坦になり, 鱗の表面も厚い皮膚に覆われて滑らかになる.体色も, 小黒斑を散りばめた暗青色から不明瞭で大きな染み模様のある灰桃色へ変わる.
    抄録全体を表示
  • 宇和 紘, Lynne R. Penti
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 159-166
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    メダカ (Oryzias) 属魚類は, 核型から単腕, 両腕染色体型, 染色体融合型の3つのグループに分けることができる.この核型によるグループ分けと形態によるグループ分けとの関連を調べるため, 8種のメダカについて, タイプ標本を中心に計測, 計数を行った.形態計測によるグループ分けは核型によるグループ分けと概ね一致するが, 融合型に分けられたタイメダカO. minutillusの計測的特徴はむしろ単腕型のそれに近い.また, 東アジア各地から採集された標本の計測結果から, これまで不明確だったメダカO.latipesとハイナンメダカO.curvinotusの関係が明らかになり, ハイナンメダカがハイナン島だけでなく, 中国南部に広く分布していることが推定できた.
    抄録全体を表示
  • 木島 明博, 谷口 順彦, 落合 明
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 167-175
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Genetic distance and the relationships among 15 species of genera Trachurus, Decapterus, Selar, and Selaroides were estimated from 18 electrophoretically detectable isozyme genes. Es-timates of genetic distance (D) between every pair of species within the genus Trachurus ranged from 0.005 to 0.560 with a mean of 0.322, and from 0.484 to 1.868 with a mean of 1.022 within the genus Decapterus. Between species of different genera, estimates of D ranged from 0.786 to 2.863 with a mean of 1.784. From these results, Decapterus species could be considered as having evolved over a long period while Trachurus is a newly arisen genus. A relationship among species suggests that the Decapterus species are expanded to offshore and deep area after being divided into some groups, and that the Trachurus species are divided presumably into at least two groups, one group of which is coastal and the other of which is offshore. Trachurus japonicus and Trachurus novaezelandiae could be considered subspecies on the basis of allelic distribution and genetic distance.
    抄録全体を表示
  • 安藤 忠, 後藤 晃
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 176-183
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    北海道日高地方の襟裳岬周辺の3河川において, 流程分布が重複する姉妹種エゾハナカジカとハナカジカの間の生殖的隔離の程度を評価するために, アイソザイム遺伝子を指標にして集団遺伝学的調査を行った.その結果, 調査した20遺伝子座のうち, Acp, Ldhおよび6Pgdげの3遺伝子座において, 両種間に対立遺伝子の置換が認められた.そして両種間の雑種個体は, 調査した3河川のいずれにおいても, 全く見いだされなかった.以上のことから, エゾハナカジカとハナカジカは, 同所的に分布し流程分布が重複する場合にも, その間に遺伝子交流を全く欠き, 強固な生殖的隔離が存在すると考えられる.このことは両者をそれぞれ独立種であるとする見解を支持する.
    抄録全体を表示
  • 望岡 典隆, 多部田 修, 久保田 正
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 184-188
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    1982年11月7日に駿河湾の北部, 戸田沖 (34°57´N, 138°39´E) から東海大学の望星丸II世によって1個体の葉形仔魚が採集された.この仔魚の全長は16.0mm, 総筋節数は142, 胆嚢前筋節数は38, 最終垂直血管の位置は第52筋節で, 消化管は直線状であった.小黒色素胞は眼および眼の下方, 喉部, 体側正中線付近, 消化管にあり, 体側正中線付近では体の前方から尾部まで1列をなしてみられた.以上の特徴より, マアナゴ (Conger myriaster) と同定され, 幼歯の形態, 肛門の体節上の位置等により, 前葉形仔魚期に属するものと判断された.この仔魚は夜間 (20: 00-21: 00) に稚魚ネット (口径1.6m, 目合2.0mm, 平均曳網水深112m) で採集された.採集点の水深は1,200-1, 500m, 表層の水温は21.5°C, 90m層は18.1°C, 表層の塩分濃度は34.1‰, 90m層は34.5‰であった.この仔魚の出現によって, マアナゴの産卵場の1つが駿河湾またはその隣接海域にあり, 産卵期は秋であると推定された.
    抄録全体を表示
  • J. Michael Fitzsimons, William H. Legrande, Jeffrey W. Korth
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 189-193
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Bagre marinusの複相染色体数は54本で, 12本の中部着糸染色体, 8本の次中部着糸染色体, および残りの端部又は次端部着糸染色体からなる.ハマギギ科の3種 (Arius dussumieri, A. felis, Bagre marinus) の核型は同じ複相染色体数を示しているが, おのおのの種の腕数は異なっている.14科132種のナマズ類の中では複相染色体数が56±2本のものが多く, この範囲の数は特にハマギギ科, ギギ科, Ictaluridae, Pimelodidaeにおいて最もよく見られる.骨学的研究からも, これらの科にDoradidae (核型は未知) を加えたものが, 現生ナマズ類の祖先型に近い1グループを形成すると考えられている.
    抄録全体を表示
  • 荒井 寛, 藤田 矢郎
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 194-202
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Specimens of Canthigaster rivulata (Temminck et Schlegel) were collected from Kominato and Hayama, central Japan, from May, 1985 to October, 1986. On the basis of the gonadosomatic index, gonadal histology and results of artificial fertilization of these specimens, the spawning season is considered to extend from late June to mid-September. The specimens exhibited the following dimorphic differences associated with sex: 1) The male is larger than the female. 2) Ventral side of the body is brownish orange in the male with vermiculated or reticulated patterns of bright violet, while it is white in the female. 3) The male has a well-developed skin fold along the mid-dorsal and mid-ventral lines, which is greatly elevated during courtship; whereas the female's skin folds are not or slightly developed and conspicuous only during courtship.In an aquarium with the water temperatures of 22 to 26°C, a pair of fish spawned every four days late in the morning for three consecutive months. Courtship and spawning occurred in a pair. The male swam in front of the female, and elevated the skin folds both dorsally and ventrally, fully spreading the unpaired fins, with the ventral side of the body flashing bright blue and the dorsal side turning dark. Both fish swam in a circular fashion, elevating the skin folds. The male followed the female nudging her abdomen with his snout. Both fish turned upward, and released gametes. The eggs are spherical, 0.53-0.73mm in diameter, demersal, adhesive, transparent, and pale yellowish orange in color, and contain a cross-shaped or asteroid cluster of oil globules. The egg membrane was thick and consisted of about 14 concentric layers. The incubation period ranged from 73.5 hours at 28.2-28.5°C to 145.0 hours at 22.1-22.4°C. The newly hatched larvae were 1.38-1.98mm in total length (TL) with 8+11-13=19-21 myomeres. The yolk was absorbed when the larvae attained 1.49-2.22mm TL, three days after hatching. The larvae were fed on oyster larvae, blue mussel larvae, sea-urchin larvae and rotifers, but all of them died in 16 days. During the embryonic and early larval stages, the only pigment cells that appeared on the body were the black chromatophores.
    抄録全体を表示
  • 片野 修, 斉藤 憲治, 小泉 顕雄
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 203-211
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Reproductive behaviour of the catfish, Silurus asotus was studied in temporary waters around paddy fields. Spawning occurred nocturnally during the first week from the initiation of irrigation. In reproductive activities, a male first energetically pursued a female with its head near to the female's belly (chasing) and then began to cling to the female's body from the side, bending its tail or head (clinging). Finally the male enfolded the female's body, with its anus near to the female's (enfolding). In some cases, 2-4 males pursued a single female and two males enfolded a female at the same time. Although no aggressive behaviour was evident between males, it was always the largest male that could most frequently approach and enfold the female. The mating pair moved a long distance in a ditch, paddy field and/or creek, performing reproductive activities. It is thought that the spawning site and period of spawning of the fish enable the larvae to avoid the danger of predation and to efficiently feed, firstly on plankton and later on larvae of other fishes which become abundant during the irrigation period. Although some eggs and larvae may die due to the drying out or high water temperatures of such unstable temporary waters, scattering eggs may reduce the incidence of the annihilation of the young.
    抄録全体を表示
  • 川原 重幸, 魚住 雄二, 山田 陽巳
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 212-214
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    ニュージーランド水域からはミナミマアジTrachurus declivisとニュージーランドマアジT.novaezelandiaeの2種類のマァジがこれまで報告されている.1986年の日本・ニュージーランド共同のトロール調査で, チリ・ペルー沖にのみ分布するとされるチリマァジT. murphyiが漁獲された.本種はより多くの側線鱗を持つことでニュージーランドに分布する他の2種類のマアジと区別できる.また, 世界中のマアジ類のなかで最も大型となることが知られており, 得られた標本の多くも他の2種類のマアジの最大体長を越えた.今回の調査で南島南方の大陸棚, チャタム海膨上の浅み, 及びチャタム島周辺で漁獲されたことから, 本種は南島の南からチャタム海膨上にかけて形成される亜熱帯収束線に沿って分布すると考えられる.最近, 同一種と思われるマアジが南太平洋の外洋域で採集されており, 本種がニュージーランドからチリにかけての広大な水域に分布している可能性が高い.
    抄録全体を表示
  • 朝日田 卓, 井田 斉, 井上 敏宏
    35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 215-219
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    日本産トラザメ科魚類2種の核型をair-drying法により分析し, DNA量を顕微分光濃度計を用いて測定した.ナヌカザメの核型は2n=64, 中部-次中部着糸型染色体 (M-SM) =34, 次端部-端部着糸型染色体 (ST-A) =30, 腕数 (FN) =98, DNA量=14.7pg/cellであり, トラザメでは2n=64, M-SM=26, ST-A=38, FN=90, DNA量=13.2pg/cellであった.この2種の核型及びDNA量は, より基本的とされる板鰓類 (ラブカ, ネコザメなど) に似た特徴を示し, Galeomorphiiの中では基本群に含まれると判断された.
    抄録全体を表示
  • 35 巻 (1988 - 1989) 2 号 p. 225
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top