魚類学雑誌
検索
OR
閲覧
検索
37 巻 , 2 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 藍澤 正宏
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 95-97
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    静岡県庵原郡由比沖の駁河湾から採集された個体にもとついて, ホウネンエソ属の新種スルガホウネンエソPolyipnus surugaensis sp.nov.を記載した.本種はホウネンエソ属の他種から第3腹部上部発光器が第1,2より高位であること, 背鰭前黒色帯が体側中線に達しないこと, 背鰭前黒色帯の前下縁が湾入すること, 背鰭前黒色帯と背鰭下黒色帯は背鰭起部で離れること, 臀鰭発光器が9個であること, 鋤骨幹部に歯がないことなどの形質により明瞭に識別される.
    抄録全体を表示
  • 小沢 貴和, 織田 康平, 井田 俊秀
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 98-115
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    三大洋から得られたゴコエソ科Diplophos taenia複合種群698個体を用いて分類学的研究を行った.同群にはネッタイユメハダカD. taenia Günther, D. proximus Parr, ユメハダカD.orienialis Matsubara, および1新種D. australisの4有効種が認められ, それらは以下の特徴的形質を有する.ネッタイユメハダカ: 総脊椎骨 (TV) 90-100, 腹椎骨 (AV) 37-41, 尾椎骨 (CV) 52-60, およびIC発光器 (IC) 103-115;D. proximus: TV85-90, AV36-39, CV48-52, およびIC98-104;ユメハダカ: TV83-86, AV33-35, CV49-52, およびIC92-100;D. australis: TV84-91, AV33-37, CV50-54, およびIC99-105.以上の形質に加えて, D. proximusは他3種と比べより大きな眼径を体長70mm以上で有する (眼径/頭長比は同種で21-28%, 他3種で15-23%).幅広く分布するネッタイユメハダカのTV, ICおよび磐鰭条数は三大洋において低緯度で少なくて高緯度で多く, また大西洋での臀鰭条数は同緯度の他の2大洋の値よりも少ない.これらの変異のため, 種の同定は海域毎にのみ可能である.4種の分布域は明瞭に異なり, ネッタイユメハダカは東部熱帯太平洋を除く北緯40°-南緯30°の普遍種, D. proximusは東部熱帯太平洋固有種, ユメハダカは北緯30°-40°の北太平洋移行帯種, そしてD. australisは南緯20°以南の南大洋移行帯種である.
    抄録全体を表示
  • 深尾 隆三
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 116-126
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    沖縄産コケギンポ属Neoclinus魚類は従来コケギンポN. bryopeとして報告された2個体のみが知られていた.本研究の結果, これら2個体を含め沖縄島から採集された38個体の魚類はアライソコケギンポN. okazakiiであることが判明した.ほかに従来台湾からのみ記録されていたハダカコケギンポN.nudusが沖縄島より得られたので, これら2種を沖縄島産の標本に基づき再記載し, 沖縄産のアライソコケギンポは和歌山県白浜産の標本と, ハダカコケギンポは台湾産の標本および白浜のイワアナコケギンポN. lacuncolaとトウシマコケギンポN. toshimaensisとの比較を行なった.また沖縄島平敷屋において, これら2種はその生息場所をはっきりと異にしているのが観察された.そして穴居性を示す両種はいずれも沖縄諸島の岩礁, 珊瑚礁において繁栄するイソギンポ科Blenniidae魚類に占められていない特殊な生息場所を利用しているものと考えられた.
    抄録全体を表示
  • 福井 篤, 小沢 貴和
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 127-132
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    北西太平洋で採集された個体に基づいて, イイジマダルマガレイとヤリガレイの幼期発育を記載し, 両種が含まれる属の全幼期に亘る特徴を示した.両種は陸棚域あるいはその縁辺域に分布し, 7月から9月に産卵すると推察される.
    抄録全体を表示
  • Jean-Yves Sire, Isabelle Arnulf
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 133-143
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    真骨類4種, Cichlasoma octofasciatum (カワスズメ科), グッピーPoecilia reticulata (カダヤシ科), Barbus barbus (コイ科), Corydoras arcuatus (Callichthyidae) における鱗の生じ方を記載し, これまで知られていた他種 (主として真骨類) の場合と比較した.真骨類の体表では最初に鱗が出現しうる場所は7個所ある.種によってはただ1個所 (通常尾柄上) に出現するが, 2個所以上に出現する種もある.これらの場所が体表に複数局在することを, 後生的な要因により説明できるかを議論した.
    抄録全体を表示
  • Konstantina Iliadou, Brian D. Rackham
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 144-148
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    ギリシア特産のナマズ科魚類Parasilurus aristotelisの核型は2n=58で, 中部着糸染色体30, 次中部着糸染色体20, 次端部着糸染色体8であった.本種とアジア産Parasilurus属6種の核型を比較し, Silurus属 (2n=60) とParasilurus属 (2n=58) のちがいを核型から検討した.
    抄録全体を表示
  • Tarun Kumar Garg, Ajay Kumar Mittal
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 149-157
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Clarias batrachusの鰓蓋は, 近位, 遠位および中間の3部位に分けられる.これら3部位における鰓蓋内表面を裏打ちする上皮 (EISO) と鰓蓋上皮 (OE) とは, 厚さ, 粘液細胞および棍棒細胞の密度と容積, リンパ球・メラニン細胞・味蕾並びに瓶器の分布において顕著な相違がみられる.これら構成上の相違は, EISOとOEの部分を支配している諸条件と関連している.OE下に存在する組織内にみられた豊富な血管分布は, 本種の副呼吸に役立っている.これとは対照的に, 副呼吸がそれほど有効ではないEISO下の組織には, 血管分布が乏しい.
    抄録全体を表示
  • 中野 繁, 可知 隆, 名越 誠
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 158-163
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    本州中央部の典型的な山地渓流において, 陸封型アマゴ (Oncorhynchus masou rhodurus) の河川内移動を個体識別タッグを用いた標識再捕法によって調査した.非繁殖期には, 60-80%のアマゴがある特定の淵に定住していた.残り20-40%のアマゴには, 上下流両方向への移動がみられたが, その距離は20m以下の小規模なものが多かった.繁殖期には, 移動する個体の割合が増加し40-60%となり, 移動距離もわずかに増加した.非繁殖期には, 小型個体に移動が多くみられたが, 繁殖期にはむしろ大型の個体がよく移動した.アマゴにみられる高い定住性は, 社会関係の中での他個体の認知や摂餌場所及び隠れ家の効率的な利用に役立つと考えられた.また, 非繁殖期における小規模な移動には, 個体間の社会関係が関与すると考えられた.
    抄録全体を表示
  • 升間 主計, 兼松 正衛, 照屋 和久
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 164-169
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Embryonic and morphological development of larvae and juveniles of the amberjack, Seriola dumerili Risso, are described using specimens raised at Yaeyama Station (Ishigaki Island, Okinawa Pref.), Japan Sea Farming Association. The specimens obtained from brood fish (3 females, 3 males) were treated with gonadotropin and spawned on 6th of April 1987. The eggs of amberjack are pelagic, spherical in shape and 1.01-1.17mm in diameter. The yolk is roughly segmented and has a single oil globule 0.22-0.24mm in diameter. The perivitelline space is narrow. During development, a few melanophores and no xanthophores were observed on yolk. Hatching took place 35hrs. 15min. after spawning out at temperatures 23.1-23.7°C. The newly hatched larvae were 2.84-3.04mm in TL with 27 (13+14) myomeres and an oil globule anteriorly situated beyond the head. 3 days after hatching 4.00mm TL, the mouth opened. 10 days after hatching 4.26mm TL, small denticles appeared on the margin of the upper jaw and there were 1 anterior and 2 posterior preopecular spines. At 5.96mm TL, notochord was slightly flexed. Caudal, dorsal and anal fins with rudiments of rays appeared at 8.00mm TL. The specific numbers of all fin rays and spines were obtained in a juvenile 9.60mm TL. In a juvenile 34.25mm TL, 54 days after hatching, the characteristic brown band of amberjack had appeared on head. Some notable changes in relative growth were observed at 5mm and 15mm in TL.
    抄録全体を表示
  • 西 源二郎
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 170-181
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Under controlled laboratory conditions, the locomotor activity rhythms of four species of wrasses (Suezichthys gracilis, Thalassoma cupido, Labroides dimidiatus and Cirrhilabrus temminckii) were individually examined using an actograph with infrared photo-electric switches in a dark room at temper-atures of 21.3-24.3°C, for 7 to 14 days. The locomotor activity of S. gracilis occurred mostly during the light period under a light-dark cycle regimen (LD 12: 12; 06: 00-18: 00 light, 18: 00-06: 00 dark). The locomotor activity commenced at the beginning of the light period and continued until a little before the beginning of dark period. The diel activity rhythm of this species synchronizes with LD. Under constant illumination (LL) this species shows distinct free-running activity rhythms varying in length from 23 hrs. 39min. to 23 hrs. 47min. Therefore, S. gracilis appears to have a circadian rhythm under LL. However, in constant darkness (DD), the activity of this species was greatly suppressed. All the fish showed no activity rhythms in DD conditions. After DD, the fish showed the diel activity rhythm with the resumption of LD, but this activity began shortly after the beginning of light period. The fish required several days to synchronize with the activity in the light period. Therefore, S. gracilis appeared to continue the circadian rhythm under DD. In T. cupido, the locomotor activity commenced somewhat earlier than the beginning of the light period and continued until the beginning of the dark period under LD. The diel activity rhythm of this species synchronizes with LD. Under LL, four of the five specimens of this species tested showed free-running activity rhythms for the first 5 days or longer varying in length from 22 hrs. 54min. to 23 hrs. 39 min. Although the activity of this species was suppressed under DD, two of five fish showed free-running activity rhythms throughout the experimental period. The lengths of such free-running periods were from 23 hrs. 38min. to 23 hrs. 50min. under DD. Therefore, it was ascertained that T. cupido has a circadian rhythm. In L. dimidiatus, the locomotor activity rhythm under LD resembled that observed in T. cupido. The diel activity rhythm of this species synchronizes with LD. Under LL, four of seven of this species showed free-running activity rhythms throughout the experimental period. The lengths of such free-running periods were from 23 hrs. 07min. to 25 hrs. 48min. Although the activity of this species was suppressed under DD, three of five fish showed free-running activity rhythms throughout the experimental period. The lengths of such free-running periods were from 23 hrs. 36min. to 23 hrs. 41min. under DD. Therefore, it was ascertained that L. dimidiatus has a circadian rhythm. Almost all locomotor activity of C temminckii occurred during the light period under LD. The diel activity rhythm of this species coincides with LD. Under LL, two of four of this species showed free-running activity rhythms throughout the experimental period. The lengths of such free-running periods were from 23 hrs. 32min. to 23 hrs. 45min. Although the activity of this species was suppressed under DD, one of the four fish showed free-running activity rhythms throughout the experimental period. The length of the free-running period was 23 hrs. 21min. under DD. Therefore, C temminckii appeared to have a circadian rhythm. According to field observations, S. gracilis burrows and lies in the sandy bottom while T. cupido, L. dimidiatus, and C. temminckii hide and rest in spaces among piles of boulders or in crevices of rocks during the night. It seems that the differences in nocturnal behavior among the four species of wrasses mentioned above are closely related to the intensity of endogenous factors in their locomotor activity rhythms.
    抄録全体を表示
  • 石原 元, Matthias Stehmann
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 182-186
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    東京大学海洋研究所研究船白鳳丸の1985年航海でスラウェシ南方のフローレス海の水深約600mからバクホウカスベ (新称) Notoraja subiilispinosaが採集された.本種はStehmann (1989) によりマニラ沖の南シナ海の水深970mからholotype1個体に基づいて記載され, 本記録が2番目となる.原記載に欠けていた脊椎骨数, 胸鰭・腹鰭条数, 腰帯を記載した.また, 原記載のdi-agnostic characterであるnasal curtain後縁近くにある鋸歯状の皮褶はholotypeの奇形に過ぎない事が判明した.なお, Stehmann (1989) はいくつかの重要な形質で本種とトビッカエイがソコガンギエイ属Bathyraja魚類とは異なるとしてトビツカエイ属Notorajaをソコガンギエイ属から独立させた.本標本の腹椎骨数 (26) はトビツカエイのそれの変異 (24-27) に含まれるが, ソコガンギエイ属のそれの変異 (29以上) には含まれず, この処置が妥当であった事が確かめられた.トビツカエイは北西太平洋の深海 (505-1, 000m) に分布するのに対して, バクホウカスベはインド・太平洋の中央部の深海 (600-970m) に分布すると考えられる.
    抄録全体を表示
  • 木村 清志, 鈴木 清
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 187-190
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    三重県尾鷲沖の熊野灘からヤリエソ科魚類の一種ミナミヤリエソ (新称) Coccorella atrata 1個体を採集した.本種はこれまでインド洋と太平洋の熱帯水域のみに分布するとされ, 本邦周辺海域では初記録である.本種は眼が半管状であること, 下顎や口蓋骨の牙状犬歯に逆鉤がないこと, 下顎縫合部が開口していないこと, 脊椎骨数が45-47であること, 前頭骨上の感覚孔が通常3+3であることなどによって, 同科他種と容易に区別される.なお, 和名ヤリエソが提唱された標本を再検査した結果, この標本は明らかにC. atlanticaと査定された.
    抄録全体を表示
  • 平松 亘, 町田 吉彦
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 191-193
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    愛媛県南宇和郡御荘町の室手湾で, イソギンポ科のマダラギンポ (新称) Laiphognathus multimaculatusを採集した.標本 (雄1個体, 標準体長35.5mm) は, 水深約8mの転石上のカンザシゴカイ類の空の棲管から得られた.Laiphognathus (マダラギンポ属: 新称) は本種のみを含み, 近縁の属とは前・後鼻孔にそれぞれ皮弁が発達すること, 頭部の感覚孔数が多いことで容易に区別される.本標本の第7および第8背鰭棘は明らかに伸長しているが, これは本種に関しては未報告の雄の二次性徴と考えられる.新称は本種の体側の特徴的な斑紋に由来する.本種はこれまでインド洋と太平洋の熱帯域からのみ報告されているにすぎず, 本報告でより北方に分布することが確認された.
    抄録全体を表示
  • 酒井 治己, 吉井 清哲
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 194-197
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    ウグイ属魚類における嗅覚による種識別の可能性を, 交差順応法 (cross adapatation method) により, 電気生理学的に調べた.被験魚はエゾウグイで, 嗅覚刺激としては, ウグイ, マルタおよびエゾウグイの, 排卵雌の卵洗浄液と成魚雄の尿を用いた.その結果, いずれの嗅覚刺激においても, 種内に比較して種間の差異を大きく識別し, 嗅覚によって種を区別できることが示唆された.今回用いたような嗅覚刺激が, 成魚の産卵行動を誘発することはよく知られている.成熟魚が, 同時にその情報を, 同種の認知に適用していることは, 大いにありうることと思われる.
    抄録全体を表示
  • 松浦 啓一, 須之部 友基
    37 巻 (1990 - 1991) 2 号 p. 198-199
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    A specimen of the filefish, Pervagor nigrolineatus, was collected from dead coral patches at a depth of 3 m in Zamami-jima, Kerama Islands (26°14'N, 127°19'E). This species is recorded for the first time from Japan. It has been known to be distributed in the tropical western Pacific from the Philippines to New Guinea (Hutchins, 1986). The present specimen is more similar in scale characters to the Philippine specimens than to the New Guinean ones.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top