魚類学雑誌
Online ISSN : 1884-7374
Print ISSN : 0021-5090
検索
OR
閲覧
検索
4 巻 , 1-3 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • Itiro TOMIYAMA
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 1-15
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    In this paper are given notes on, or descriptions of, some interesting or rare fishes, including one new genus and three new species from Japan, the Ryukyus and Pescadores (Formosa Strait.) The specimens observed are deposited in the Zoological Institute, Faculty of Science, University of Tokyo, or in the Biological Laboratory, Imperial Household.
    Before going farther, the author wishes to express his hearty thanks to His Majesty the Emperor of Japan, who has willingly lent him the specimens of Pseudocepola taeniosoma KAMOHARA and Osbeckia scripta (LINNÉ) and the holotype of Mars auropunctatus n. sp.; all these specimens were collected by His Majesty himself from the eastern part of Sagami Bay. The author is indebted to Mr. Masao YOSHIDA of the Misaki Marine Biological Station for his assistance in examining the sexual differences in Monacanthus cirrhifer TEMMINCK et SCHLEGEL, and to Mr. Tsugio SAITO of the Imperial Household, who was kind enough to take the photographs of the specimens of the same species. The author is much obliged to Dr. Jean Clark DAN for her kindness in correcting the English of the manuscript.
    抄録全体を表示
  • 高橋 仁助
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 16-24
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    1. 甘蔗を主原料とする酒精製造工場 (在熊本市日本酒類製造株式会社) の廃液が鯉卵及び鮎卵の発生に及ぼす影響について実験した。
    2. 孵化可能な廃液の限界濃度は鯉卵では1/50, 鮎卵では1/400で、その比は1: 1/8である。
    3. 鯉卵及び鮎卵の廃液に対する耐力比を8 (鯉卵): 1 (鮎卵) ぐらいと認めて宜しかろう。
    4. 孵化に無影響な廃液の限界濃度は恐らく大体において鯉卵は1/1000以下、鮎卵は1/1200以下と推定して宜しいだろう。
    5. 鯉卵及び鮎卵の廃液に対する耐力比はその成魚の強健性と正の相関を有する。
    抄録全体を表示
  • 高橋 仁助
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 25-33
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
    1. 熊本市江津湖産カムルチーOphiocephalus argus CANTOR, (Ophiocephalidae, Teleostei) の未成魚 (体長11.4~18.0cm) 104尾につき、体長、体重、脳重間の関係をしらべた。
    2. 体重は体長の増加率よりも大なる率を以つて増大する。
    3. 脳重は体長の増加率よりも大なる率を以つて増大する。
    4. 脳重は体重の増加率よりも小なる率を以つて増大する。
    5. 体長、体重、脳重の各増加率に性的差あり、雄は雌に比しそれ等の率は大きい。
    6. 体重gr (y) と体長cm (x) との関係をy=ax3で表わすとすれば、恒数 (a) の値は雄0.0147, 雌0.0148となる。
    7. 脳重gr (w) 、体重gr (y) 、体長cm (x) 間の関係をw=logx√y×cで表わすとすれば、恒数 (c) の値は雄0.0277となり、雌0.0275となる。
    抄録全体を表示
  • 田中 小治郎
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 34-39
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    本研究は、ドジヨウの消化時間の観察について行われたのであるが、その結果の要点は次の通りである。
    筆者はドジヨウを飼育水槽に入れておき、然る後餌料として食紅で染色したところのマルタニシ生肉、アカエビ生肉等を与えて、消化管内の内容物の変化から、消化時間を観察した。その結果マルタニシ肉では、胃が殆んど消化を終るのは約20時間で、不消化物が排泄されるのは約20時間以下を要することが判つた。
    さてアカヱビの生肉では、胃で約24時間で、不消化物が排泄される所要時間は、早い場合で、約20時間を要することが判つた。そして過食された場合にマルタニシ、アカエビ両餌とも消化されるに長時間を要することを観察した。これは恐らく食物の貯蔵場所とも言うことが出来る胃と呼吸作用を営み、消化力の極めご低い腸とを有していることに密接な関係があるのであろうが、特に興味深い現象でと考える。
    抄録全体を表示
  • 田中 小治郎
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 40-44
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
    この研究は春季に於ける三本松、坂手、安田、福田等の4漁場に出現するマダイの最多漁獲群に対し、高松、徳島、和歌山、洲本、大阪、神戸、岡山等の7ケ所に於ける日照量が及ぼす影響について調査したもので、その大要は次の通りである。
    マダイの最多漁獲日の到来の遅速が、±1日間であつた場合に、6月1日から翌年4月23日に至る平均326日間に、マダイの最多漁獲群が、自然の光を毎日浴ている時間は、平均343.1分間で、その日変異は、±4.2分である。そして2月1日からその年の4月23日に至る平均81日間に、平均323.7分間毎日光を浴びており、その日変異は、±10.5分であることが判つた。
    而してこの日の遅速の生ずる原因は、マダイの生殖腺の発育活動に対し、日照時の長さが影響する結果であることが発見された。
    かくてマダイの最多漁獲群の回游の経路が、最多漁獲日の出現期と日照時間の長短とを照し合すことにより窺知出来る。
    ところでマダィの最多漁獲群の産卵涸灘運動を起す遅速の生する原因は、先す日照量の多少に影響され、次で漁期の水温に支配されるということが判つた。
    抄録全体を表示
  • 田中 小治郎
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 45-49
    公開日: 2011/07/04
    ジャーナル フリー
    この研究は三本松、坂手、安田、福田等の4漁場の春桝網によるマダイ漁場の初漁日の短期予報資料を得るために調査が行われたのであるが、その大要は次の通りである。
    抄録全体を表示
  • 鈴木 亮
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 50-58
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    (1) ドジヨウとフナ又はキンギヨの交配を行い、交雑卵の死亡率を調べ、孵化した存魚の内部及び外部の形態について観察を行つた。
    (2) 科間交雑卵は、正常卵に比べて嚢胚期と孵化期に著しい死亡率を示し、更に孵化した仔魚は、孵化後3~20日ですべて斃死した。
    (3) 多くの交雑仔魚は尾部、腹部、心臓、前腎系統、脊索、血管などが発生障害を受けた。
    (4) 前腎輸管や、前腎室が発生障害を受けた交雑仔魚はedemaになつたが、その障害を受けなかつたものはedemaにはならなかつた。このことからedemaの成因は前腎機能に関係しているものと思われる。
    (5) 交雑仔魚に於ては、前腎輸管の異常肥大をしているものがあり、これは一側部の前腎系統が肛門の附近でつぶれているか、或はそれが欠如している場合に限つてみられた。しかし、前腎室がつぶれていた場合には、このような肥大は見られなかつた。
    (6) edemaになつた仔魚は、孵化後3~5日ですべて死亡したが、edemaにならなかつたものは、孵化後10~20日間も生存することができた。このことから、edemaは交雑仔魚の一つの死因となつているものと考えられる。
    (7) 交雑仔魚は正常仔魚に比べて、心臓の衰弱、游泳及び索餌不能といつたようなことが観察された。従つて交雑仔魚の死因は単にedemaのみではなく、それ以外にも幾つかのことが関与しているものと思われる。
    抄録全体を表示
  • 草下 孝也
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 59-63
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    This is a part of a series of experiments, which have been carried on to see the influence of environmental conditions to the activity of locomotion of fish. Measuring how frequent the fish would cross an assumed central septum of the tank to express the activity of fish-author is using the term of “frequency of transfer” to denote it - under various conditions. This time, the experiments were done to see the activity of gold fish, expressed by “frequency of tranfer, ” in various size of the. tank, which were obtained by changing a length of the same long tank by moving one septum from one end to the another of the tank (Fig.1)
    A series of experiments were undertaken by the following order. At first, whole length (150cm) of the tank is used and “frequency of transfer” is obtained. Next by shortening the length of the tank, one by one the same tank was utilized as smaller four size tanks, and in each case the same experiment was made until the length of tank is 37cm. After these, on the contrary, in the same degree of length, the four experiments were done one by one until the length of the tank became whole length. This one series of the experiments were repeated five times. And about the “frequency of transfer” in each series of experiment the average obtained for each size of the tank respectively as shown in Table 1 and Fig.2 and 3. Examining these figures, it is recognized that the “frequency of transfer” has a fair straight line relationship with the length of the tank as shown in Fig.3. However, when the length of tank is going to be shortened it has more figure of “frequency of transfer” than when it is going to be enlarged (Fig.2 & 3). This is considered that the speed and the distance of the fish swimming around here and there is almost constant so the activity of fish, when it is expressed as “frequency of transfer, ” would be the more in the smaller tank than the larger tank. And when the experiments were carried on in the order of shortening the length of tank, the fish is more actively moving than when it is in order of enlarging the tank. This straight line relationship tells us that no effect of change of other enviromental conditions happens during this series of experiments.
    抄録全体を表示
  • Hisao KOBAYASI
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 64-75
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 黒田 長禮
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 76-82
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    The part four of this article contains descriptions of life colors of the species nos. 59-76, with some interesting notes on the fishes found in Suruga Bay and others. The interesting species are as follows: Arengus sagax with notes on the variations of spottings on the body; characteristics of Parasalanx ariakensis from N. Kyushu; variations of members of anal organs found in eleven species of the Lantern-fishes of Suruga Bay; life color of the sea-run form of Triborodon hakonensis.
    抄録全体を表示
  • 本間 義治, 村川 新十郎
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 83-93
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    In the A-series, thirty chum salmon alevins were immersed in the solution of 1/1, 000, 000 of thyroxine and 1/3, 000 of thiourea, respectively, for six weeks immediately after hatching, and in the B-series, thirty alevins were immersed in the solution of 1/1, 000, 000 of thyroxine for seven weeks, one week after hatching, the effects of these treatments to salmon larvae were observed. The same number of control groups were held in tapwater under identical conditions.
    The following results were obtained:
    1. In the both series of treated larvae, a marked inhibition in weight increase namely, the growth rate and also a delaying of the rate of absorption of yolk sac were observed. In the body form of the larvae treated by thyroxine, the broadening of the head, such as protrusions on the top of the head as well as posterior edge of the opercular and enophthalmos like conditions, was observed. But the developments of thetrunks, caudal, and fins, except elongated pectoral fins, were very poor. These modifications were more remarkable in the B-series.
    The marked changes were not observed in the larvae treated by thiourea, besides the immature characteristic which were somewhat kept in the body form.
    2. In the both series, the colorlation of the larvae treated by thyroxine showed a pallor, namely, premature silverication, which was produced by the deposition of excessive guanine. On the other hand, the coloration of the larvae treated by thiourea showed no change.
    3. In the control fish, the histology of the thyroid gland showed a figure of functional and hyperactivity with cuboidal epithelium and vacuolized colloid.
    On the contrary, the thyroid gland of the larvae treated by thyroxine in the both series appeared in the hypofunctioning figure with flattened epithelium and dense colloid.
    While the thyroid of the larvae treated by thiourea revealed pathological hyper functioning with obvious hypertrophic columnal epithelium, number increase and size decrease of follicles, and lack of colloid. Furthermore, hypertrophic cells of pituitary also observed in the thiourea treated fish.
    抄録全体を表示
  • J.J. DUYVE, Phil. Nat
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 94-104
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 光雄
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 105-112
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    1. コイには管器のぼかに、多数の孔器が頭部に存在する。
    2. 上眼窩管及び主側管器の原基は受精後24時間 (水温18-21℃) の胚において、眼の背方及び胴部に、下眼窩管器及び鰐下顎管器の原基は受精後41時間の胚において、眼胞の直後及び耳胞の前方にそれぞれ外胚葉の肥厚すなわちplacodeとして形成される。
    3. これらのplacodeのうち早期に形成されたものは受精後63時間、おくれて形成されたものは孵化後24時間中に、それぞれ一定数の細胞塊に分れ、これらの各々に感覚細胞及び支持細胞の別が生じ、且頂体も認められるに至る。
    4. temporal commissureを構成する感覚器以外の管器はすべて第1次neuromastに属する。
    5. 孔器妹管器よりもおくれ孵化後に形成される。大部分の孔器は第3型neuromastに属するものと考えられる。
    抄録全体を表示
  • Tokiharu ABE
    4 巻 (1955) 1-3 号 p. 113-118
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top