日本医真菌学会雑誌
Online ISSN : 1882-0476
Print ISSN : 0916-4804
ISSN-L : 0916-4804
40 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 佐野 文子, 西村 和子, 宮治 誠
    1999 年 40 巻 1 号 p. 1-8
    発行日: 1999/01/30
    公開日: 2009/12/18
    ジャーナル フリー
    中南米を流行地とする深在性真菌症のパラコクシジオイデス症は,温度依存性の二形性真菌Paracoccidioides brasiliensisを原因菌とし,室温で菌糸形,宿主内や37℃で酵母形発育する.本症は発症率に大きな性差が存在することが知られており,発症率は10:1以上で男性に多い.この性差については多くの研究がなされているが,まだ結論には達していない.そこで本症における性差を菌側要因と宿主側要因に分けて,実験的に明らかにすることにした.菌側要因として,本菌の酵母形発育に対する生理学的濃度のestradiolの影響は抑制的で,しかも濃度依存性であることが明らかにされた.一方,progesteroneやtestosteroneの発育抑制作用は弱いことがわかった.宿主側要因として,マウスに体重当り一定量の酵母形細胞を接種し,雌は接種時の性周期を調べたうえで,静脈内接種,腹腔内接種,気管内接種して雌雄の菌クリアランスを比較したところ,いずれの接種経路においても,酵母形P.brasiliensisに対する非特異的宿主防御機構は,雌の方が優れていた.さらに雌は,血中estradiol濃度の高いと思われる発情期に酵母形P.brasiliensisのクリアランスが優れ,反対に血中estradiol濃度が低いと思われる発情後期-IIではクリアランスが低下するという一定の傾向が認められた.すなわち感染直後の酵母形P.brasiliensisに対する非特異的宿主防御機構は,接種経路のいかんによらず雌の方が優れ,さらに性周期により変動し,性差と性周期による影響が存在することが明らかになった.以上により,パラコクシジオイデス症における性差の要因として,菌側から酵母形P.brasiliensisの発育に対するestradiolの抑制的効果,宿主側からP.brasiliensisに対する非特異的宿主防御機構は雌の方が優れていることがあげられたため,本症における大きな性差は,菌側要因と宿主側要因の相乗的効果によるものと考えられた.
  • 中村 遊香, 渡辺 晋一, 長谷川 篤彦
    1999 年 40 巻 1 号 p. 9-14
    発行日: 1999/01/30
    公開日: 2009/12/18
    ジャーナル フリー
    近年,生活環境の変化にともなって,動物とヒトとが極く身近に生活することが多くなり,その結果動物から感染する皮膚真菌症が増加する傾向にある.動物から感染する皮膚糸状菌症では,Microsporum canis, Trichophyton mentagrophytesおよびT. verrucosumの3菌種が疫学的に重要である.各々の菌について,臨床的,菌学的な特徴を理解することは,的確な診断をおこなうために必須であり,さらには病気の蔓延を防ぐことにもつながるものと思われる.スポロトリコーシスとクリプトコックス症は,欧米では罹患動物からヒトへの感染が報告されており,我が国でも罹患動物の取り扱いとともに,患者への問診に際して,動物との接触の有無などにも注意が必要と思われる.
    そのため,各々の専門分野において相互に密接な情報交換を行うことが,重要であると考えられる.
  • Takeshi Mori, Ken Inamori, Makiko Matsumura, Toyoko Oguri, Kazuo Oshim ...
    1999 年 40 巻 1 号 p. 15-20
    発行日: 1999/01/30
    公開日: 2009/12/18
    ジャーナル フリー
    A forty-eight-year old male diagnosed with acute lymphocytic leukemia was further complicated by Candida krusei fungemia despite introduction of fluconazole prophylaxis during antileukemic therapy. The fungemia subsided after intravenous amphotericin B therapy followed by itraconazole therapy. Multiple ulcerative lesions and a carcinoid lesion were observed in the transverse colon, and it was thought that the C. krusei had invaded from the ulcerative lesions.
    Azole antifungal agents, especially fluconazole, have frequently been used for therapy and the prophylaxis of fungal infections. Though infections due to fluconazole-resistant Candida species such as C. krusei are a growing problem, in the hematology division of our hospital there is no evidence of an increasing incidence of C. krusei fungemia or an increasing rate of C. krusei in surveillance culture from admitted patients. However, future increases in infections due to fluconazole-resistant Candida species like C. krusei and C. glabrata are entirely possible, making it necessary to identify isolated fungi, perform susceptibility tests on antifungal agents against isolates, measure the serum concentrations of antifungal agents, and then to treat patients with the appropriate therapies.
  • Takashi Sugita, Keiko Kagaya, Masako Takashima, Motofumi Suzuki, Yoshi ...
    1999 年 40 巻 1 号 p. 21-25
    発行日: 1999/01/30
    公開日: 2009/12/18
    ジャーナル フリー
    A strain of yeast labeled Torulopsis candida, which was isolated from a clinical specimen in Canada and reported as a new opportunistic pathogen causing intravenous catheter-associated fungemia, was found to be a strain of Candida palmioleophila in a DNA-DNA reassociation experiment.
  • 孟 杜在, 比留間 政太郎, 瀧本 玲子, 河井 正晶, 小川 秀興
    1999 年 40 巻 1 号 p. 27-30
    発行日: 1999/01/30
    公開日: 2009/12/18
    ジャーナル フリー
    小児の爪白癬はまれであるが,時に経験することがあり,その治療の際には経口抗真菌剤を使用すべきかどうか迷うことが多い.今回,われわれは小児の爪白癬をフルコナゾールまたはイトラコナゾールの間欠およびパルス投与法で治療した.症例は,男児4例,女児2例,年齢は3~14歳,足趾爪は5例,手指および足趾の爪1例で,原因菌はすべてTrichophyton rubrumであった.治療はフルコナゾール4例,イトラコナゾール2例で,効果判定は1年目に行った.治療結果は治癒4例,著明改善2例であった.副作用はなかった.小児例は治療に反応しやすいが,再発もあるので治療成績の判定には長期間の経過観察が必要であり,また治療も慎重にしなければならないと考えた.
  • Reiko Tanaka, Kazuko Nishimura, Makoto Miyaji
    1999 年 40 巻 1 号 p. 31-34
    発行日: 1999/01/30
    公開日: 2009/12/18
    ジャーナル フリー
    Twenty-four serotype AD strains of Cryptococcus neoformans were tested for ploidy and mating type. These included 13 natural isolates (1 from a patient, 1 from peach juice, 11 from pigeon droppings), 2 single clones from one of these natural isolates, 7 F1 progeny from a self-fertile strain and 2 F1 progeny of a cross between a strain from a patient (serotype A, α-mating type: MATα) and a tester strain (serotype D, a-mating type: MATa). Six strains (2 of natural isolates, 1 of single clone and 3 of F1 progeny) were MATα, 1 of F1 progeny was MATa, 4 (1 of natural isolate, 1 of single clone and 2 of F1 progeny) were aα-mating type (MATaα) and 13 (10 of natural isolates and 3 of F1 progeny) were untypable. Most strains, regardless of mating type, were diploid.
  • 二宮 淳也, 山崎 桂, 伊藤 弥生, 寺本 輝代, 滝内 石夫
    1999 年 40 巻 1 号 p. 35-37
    発行日: 1999/01/30
    公開日: 2009/12/18
    ジャーナル フリー
    Thirty-six patients with tinea unguium were treated with 200mg of itraconazole daily for 7 days each month, We suggested that a patient who had a lesion in the thumbnail needed 5 months of treatment for mycologial cure, while in a patient without thumbnail lesion, 3 months of treatment was enough.
feedback
Top