日本鳥学会誌
検索
OR
閲覧
検索
36 巻 , 2-3 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 小島 幸彦
    36 巻 (1987 - 1988) 2-3 号 p. 71-78
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    1)1977年から1980年まで,大阪府河内長野市近郊の山間部において,サシバ Butastur indicus の繁殖成功について調査した.
    2)第1卵の平均産卵日と孵化日は,それぞれ4月29日と5月31日であった.一腹卵数は平均2.7卵で,孵化率は83%であった.
    3)1巣当りの初期雛数と終期雛数は,それぞれ2.5羽と2.4羽であった.繁殖が失敗した巣も含め,産卵が行なわれた巣の巣立ち雛数は平均1.9羽であった.第1子の平均巣立ち日は7月5日で,育雛期間は36日間であった.巣立ち率は78%であった.
    4)調査した66巣のうち,少なくとも64巣(97%)で産卵が行なわれ,60巣(91%)で少なくとも雛1羽が孵化し,52巣(79%)で雛が巣立った.
    5)21%の巣では,1羽も雛が巣立たず繁殖は失敗した.その原因は主に捕食と落巣(巣を支えて いた枝が折れたことによる)であった.
    6)平均産卵日,一腹卵数,雛数と繁殖成功率に関して顕著な年変化が見られなかったことから,調査期間においては食物供給量は安定していたと推察される.また未孵化卵と雛間競争による雛の死亡がほとんどなかったことから,調査地の食物条件は良好であったと思われる.
    抄録全体を表示
  • クールマン フランク
    36 巻 (1987 - 1988) 2-3 号 p. 79-86
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    1975年春から1987年初夏(1980年と1984年の春は除く)にかけて,神戸市中央区の住宅地に接する木の茂った傾斜地で,トビの個体群調査を行なった.調査地は約4km×2kmの広さで,市街とその先の海へ向かいほぼ北西-南東方向に走る多くの沢がある.
    10月から2月までの非繁殖期は,日没ごろにここへ集まるトビの数は一定していなかった.主なねぐらの位置が西へ移ったのはカラス,とくにハシブトガラスとのねぐらを巡る争いが関係しているかもしれない.
    番いのトビは65本(うち針葉樹が29本)の木に巣を掛け,高さは平均地上10mであった.いくつかの巣は2-4回再利用されたので,計94の巣について調査したことになる.1978年の最大15から巣数はしだいに減少し,1987年はわずか3となった.
    最近5年間の調査では34巣のうち少なくも18巣から卵が消失し,1巣からは半分喰べられたひな
    1羽がみつかった.トビの営巣失敗と個体数の減少は,ハシブトガラスの捕食によることが大きいと思われる.34巣からはせいぜい4羽のひなが巣立ったにすぎない.
    抄録全体を表示
  • 古賀 公也, 白石 哲
    36 巻 (1987 - 1988) 2-3 号 p. 87-97
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    長崎県長崎半島の先端に位置する野母崎町の脇岬港(漁港)周辺において,1983年と1984年の2年間,トビの抱雛と給餌行動を観察した.結果は次の通りである.
    1)抱雛は主に雌の役割であるが,育雛初期には雄が抱雛を分担することもある.
    2)抱雛時間は天候と営巣環境,抱雛期間は年少雛の発育状態により異なるが,,一般に抱雛は雛に幼羽が生え揃う育雛期の40日目前後に中氏される.
    3)給餌は主にに雌の役割であり,巣へ運ばれた餌の大部分は魚類であった.また,餌は雛の要求に応えて供給された.
    4)育雛期前半における給餌には,年少雛に対する年長雛の攻撃(siblingcompetition)が見られた.しかし,両雛が摂食した肉片の総数に差はなかった.
    抄録全体を表示
  • Mark A. BRAZIL
    36 巻 (1987 - 1988) 2-3 号 p. 99
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    ヒメクロアジサシはこれまで硫黄島,南鳥島南西諸島で記録されていたにすぎない.1987年7月12日に,小笠原諸島の母島の北で,75羽ほどのクロアジサシの群れのなかに1羽を見つけた.群れは採餌をしながら船のへさきを横切ったが,この鳥はより小型で黒い羽色のため識別は容易であった.この種は南鳥島で繁殖し,小笠原諸島では初記録である.
    抄録全体を表示
  • Mark A. BRAZIL
    36 巻 (1987 - 1988) 2-3 号 p. 100
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    近年,北海道南西部で野生化したコブハクチョウ個体群が見られ,石狩,十勝,屈斜路湖,羅臼でも記録はあるが,繁殖は大沼とウトナイ沼に限られる.1987年7月18日に,1番いが釧路管内シラルトロ湖の西岸沿いを泳いでいた.翼が換羽中で,おそらくこの湖で夏を過ごしたのであろう,ひなは連れていなかったが,十勝より東における番いの初記録である.シラルトロ湖周辺のヨシ原は十分な広さがあり,観察を続ければ繁殖の有無が確認されよう.
    抄録全体を表示
  • 藤巻 裕蔵
    36 巻 (1987 - 1988) 2-3 号 p. 101-103
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    During the period between 1968 and 1987 there were 27 records of Nyctea scandiaca from Hokkaido, northerhmost island of Japan. Some of them were observed in summers. More birds were recorded in 1977 and 1983-84 than in other years. In 198344 more owls wintered also in Kamchatska. These facts suggest that a part of owls wintering in Kamchatska and Hokkaido in 1983-84 remained there in 1984.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top