日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
検索
OR
閲覧
検索
37 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 眞鍋 昇, 佐藤 英明, 泉 徳和, 石橋 武彦
    37 巻 (1988 - 1989) 1 号 p. 1-16
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    ホロホロチョウの骨格筋(外腹斜筋,内腹斜筋,僧帽筋,広背筋,浅胸筋,深胸筋,上腕三頭筋,長椀側手根伸筋,縫工筋,大腿直筋,大内転筋,半腱様筋,半膜様筋,腓腹筋外側頭,腓腹筋内側頭,ヒラメ筋)における酵素組織化学的な筋線維型とその構成,筋線維の直径,ミオシンATPase活性のPH安定性について検討した.得られた結果は次の通りである.
    1)ホロホロチョウの骨格筋線維は調べた9種類の酵素活性パターンによりFG型,FOG型,SO型の3種類のメインタイプに,さらに各酵素活性の強弱に基づいて合計9種のサブタイプに分類できた.
    2)各筋における各筋線維型の構成比率をみると大部分の筋でFG型が高率であるが,外腹斜筋,内腹斜筋,大腿直筋,大内転筋,半膜様筋,ヒラメ筋では FOG型が高率であり,僧帽筋ではSO型のみが観察された.
    3)筋線維の直径は筋線維型によって異なり,僧帽筋とヒラメ筋を除いてFG型筋線維が最大で,大部分の筋において,ついでFOG型であり,SO型が最も細い傾向にあった.ヒラメ筋においてはSO型が最大で,かつ72μと非常に太いことが特徴的であった.
    4)ミオシンATPase活性のpH安定性と筋線維型との関係を調べたところ, FG型のpH安定域は酸性領域で狭く,アルカリ性領域で広かったが,SO型は逆に酸性領域で広く,アルカリ性領域で狭かった.また,FOG型はそれら両者の中間的な特徴を示す傾向がみられた.さらに同じ筋線維型においても筋間でpH安定域は異なり,とくにFG 2型, FOG 2型で筋間の変異は大きかった.
    抄録全体を表示
  • 綿貫 豊, 近藤 憲久, 中川 元
    37 巻 (1988 - 1989) 1 号 p. 17-32
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    1980年代に北海道周辺で繁殖する海鳥の実態調査をおこなった.北海道周辺における繁殖番い数は,オオセグロカモメ Larus schistisagus 9,600-10,000, ウミネコ L.crassirostris 36,000-40,000, ウミウ Phalacrocorax filamentosus 1,900, ヒメウ P.pelagicus 10, ウミガラス Uria aalge 30-60, ウトウ Cerorhinca monocerata, 約180,000, コシジロウミツバメ Oceanodroma leucorhoa 約500,000 であった.約20羽のエトピリカ Lunda cirrhata, 約_400羽のケイマフリ Ceppus_carbo が繁殖地でみられた.カモメ属2種とウミウは増加していたが,ウミガラス•ケイマフリ•エトピリカは近年減少していた.
    抄録全体を表示
  • ブラジル マーク A., 鈴木 孜
    37 巻 (1988 - 1989) 1 号 p. 33-34
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    筆者らは,1985年4月27-5月2日に,石川県舳倉島においてクロウタドリ1羽を観察した.この種はヨーロッパから中国の山西省および湖南省まで分布しているが,東部シベリアからは記録がない.日本では今までに2回観察され,今回の記録は3度目である.
    抄録全体を表示
  • 上田 恵介, ドフォレスト レー N.
    37 巻 (1988 - 1989) 1 号 p. 34-36
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    During a short stay in the Bonin Islands from March 9 to 19, 1988, we identified several food items and recorded the hunting behaviour of the Ogasawara Buzzard Buteo buteo toyoshimai, an endemic subspecies of the Buzzard Buteo buteo. Of six food items identified, five were lizards, Ablepharus boutonii and Anolis carolinensis, and one was a small passerine. Male buzzards hunted from hovering or from perches. The prey was immediately eaten, put on the nest, or fed to the mate on the nest or on a branch.
    抄録全体を表示
  • 藤巻 裕蔵
    37 巻 (1988 - 1989) 1 号 p. 37-38
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    The White Stork Ciconia ciconia boyciana has ceased to breed in Japan since 1965. However, between 1972 and 1988 there were 23 records of wintering or migrant storks from Hokkaido, northernmost island of Japan. Some of these records may probably represent the same individuals. Thus, at least 12 birds have occurred in Hokkaido since 1972. Although this species also sporadically occurs in Honshu southwards, there is no evidence that the birds observed in Hokkaido flew from the south through Honshu.
    抄録全体を表示
  • 池田 善英
    37 巻 (1988 - 1989) 1 号 p. 39-41
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    A Golden Eagle Aquila chrysaetos nestling (34-36 days old) was found dead in the eyrie in the Hakusan Range of Japan on 8 May 1986. The eaglet was collected, measured and necropsied. It had a massive lesion in the throat (Fig. 2), which extended deep into the tissues of the pharynx and blocked the passageway. Histopathological inspection revealed that the eaglet died of septicemia induced from the wound to the mucous membrane of the pharynx infected with bacteria rather than due to starvation.
    抄録全体を表示
  • 松本 貞輔
    37 巻 (1988 - 1989) 1 号 p. 41-42
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    An anomalous chick of the Green Pheasant Phasianus c. versicolor with a body and 4 legs was found on 20 May 1985 in the mountain in Kameoka City, Kyoto Pref. It was caught alive as the female pheasant flushed, but died shortly in captivity.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top