日本鳥学会誌
検索
OR
閲覧
検索
42 巻 , 2 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 和田 岳
    42 巻 (1993 - 1994) 2 号 p. 41-51,77
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    京都大学構内の6.1haの調査地において,キジバト(Streptopelia ortentalis)の繁殖に関する観察を行なった.キジバトは京都では一年中観察することができ,京都大学構内でも樹木に巣をかけて繁殖している.
    鳥類において,繁殖に古巣を利用する例は多く知られている.そのうち樹洞で繁殖を行なう種や猛禽類のなかには,新しく巣を造るという選択ができずに古巣を利用していると考えられるものもある.一方で新しく巣を造ることができ,また事実新しく巣を造ることがあるにも関わらず,古巣を利用する種もある.このような種の古巣利用に影響を与える要因としては,繁殖期の初期には古巣利用の頻度が高いこと,また存在している古巣が多いほど古巣利用の頻度が高いことが指摘されている.
    キジバトは,新しく巣を造って繁殖するだけでなく,頻繁に古巣を利用して繁殖する.また古巣利用には,過去に自分が利用した巣を再び利用する場合と,他個体によって造られ自分は一度も利用したことのない古巣を利用する場合を区別することができる.そこで本稿では,以前に利用したことがある古巣と一度も利用したことのない古巣とを区別して,どのような要因が古巣利用に影響を与えているかについて分析を行なった.
    すべての繁殖のうち,47.4%で新しい巣を利用し,14.1%で利用経験のある古巣を,10.9%で利用経験のない古巣をそれぞれ利用した(n=192).新しい巣と古巣,利用経験のある古巣と利用経験のない古巣,いずれの間でも繁殖結果に有意な違いは認められなかった.
    京都ではキジバトは一年中繁殖を行ない,繁殖のピークは8月から10月であり,12月から3月の間は繁殖はほとんど記録されなかった.新しい巣を利用した繁殖と古巣を利用した繁殖の割合を比較すると,4月から6月には新しい巣が利用される割合が高く,古巣の利用される割合は10月から3月に高かった.一つの巣が繁殖に利用される回数は平均1.56回であり,最大では7回利用された巣もあった(n=123).巣が利用される回数に影響を与える要因について検討すると,巣が長い間存在しているほど,また巣が樹の中で低い位置にあるほど,利用される回数が多いという結果が得られた.
    キジバトの古巣利用に関わる要因を,周囲に存在する古巣の数や直前の繁殖経験などを考慮して分析した結果,周囲に存在する古巣の数の有意な影響は認められなかった.その一方で,直前の繁殖経験は古巣の利用に有意の影響を与えるという結果が得られた.すなわち,キジバトは新しい巣で繁殖したあと古巣で,古巣で繁殖したあと新しい巣で繁殖する傾向があった,また前回の巣場所から離れた場所で繁殖する場合,利用経験のない古巣を選ぶ傾向があった.
    前回の巣場所から次の巣場所までの距離は,繁殖に失敗したあとの方が,成功したあとよりも大きくなる傾向があった.しかし前回の巣場所から次の巣場所までの距離と,次の繁殖の結果との間に特に関係は認められなかった.
    2回以上利用された巣において,その利用者がかわったのは37.7%であり,34.8%の場合において利用者はかわらず,残りの例では判断を下すことができなかった(n=69).あるつがいが以前に利用したことのある巣を再び利用する場合,27例のうち26例において,その巣の直前の利用者もまた同じつがいであった(すなわち巣の側から考えると,利用者はかわらなかった).
    巣の利用者がかわった場合の直前の繁殖成効率は,かわらなかった場合に比べて有意に低かった.しかし利用者がかわった直後の繁殖結果は,かわらなかった場合と比べても有意な差は認められなかった.
    古巣が利用される割合に季節的な傾向が認められたが,キジバトは一年を通じて繁殖し繁殖期がはっきりしないため,繁殖期の初期に古巣利用の頻度が高いかどうかを充分に検討することはできなかった,周囲に存在している古巣の数はキジバトにおいては古巣利用に影響を与えておらず,単なる古巣の存在が古巣利用を促しているわけではないと考えられる.
    キジバトの新しく巣を造るか古巣を利用するかという選択に,その前の繁殖経験が影響を与えることがいくつかの分析の結果から示された.また古巣を利用する時,利用経験のある古巣を再び利用するか,それとも利用経験のない古巣を利用するかという選択にも繁殖経験が影響を与えていた.このことは,キジバトが古巣を選ぶ際にこの二種類の古巣を区別していることを示唆していると考えられる.
    抄録全体を表示
  • 武石 全慈, 江口 和洋
    42 巻 (1993 - 1994) 2 号 p. 53-59,78
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    営巣場所の質と特定の営巣場所に対する鳥類の選好性は,その種の分布にも関与していると考えられる.また,営巣場所の種類間での選好性の違いは繁殖成功度の違いに基づくとも考えられる.通常,カササギは樹上に大きく重たい(直径60cm,重さ4kgほど)球状の巣をつくるので,一定以上の強度を持つことが営巣場所の条件となる,1979年から1983年にかけて,佐賀市南部のカササギ高密度地域において,カササギの営巣場所の特性と繁殖成功度を調査した.調査地は水田を主体とした農耕地で,集落が散在している.調査上の制約から繁殖成功度については樹木の巣についてのみ調べた.
    巣の密度は集落内(1.11/ha)で高く,集落外の耕作地(0.07/ha)で低かった,しかし,両ハビタットの巣密度の比率は営巣可能な場所の密度比に従っており,集落内へ選択的に営巣する傾向は見られなかった.集落内で巣の密度が高かったのは単に営巣可能場所の密度が高かったためである.集落外では集落内に比べて営巣可能場所に占める樹木の割合が低く,ほとんどが電柱であった.
    調査地域内では電柱への営巣が最も多く(46%),エノキ Celtis sinensis (16%),カキ Diospyros kaki (9%),クス Cinnamomum camphora (6%),クロマツ Pinus thunbergii (4%)などが主な営巣樹種であった.電柱対樹木,常緑樹対落葉樹など,いずれへの有意な選択傾向もみられなかった.エノキ,クスなど利用可能度から期待しうる以上に営巣がみられた樹種もあったが,全体としての有意な樹種の選択傾向は見られなかった.主要樹種のうち,繁殖成功度(成功巣の割合)はエノキ(82%)やクス(7.3%)に比べて,カキ(52%)に造られた巣で低かった.繁殖開始は樹高の高い木ほど早く,繁殖成功度も高かった.平均樹高は成功巣で11.0m,失敗巣で9.9mであった.営巣木に占める樹高8m以上の高木の割合は,集落内で高く(118巣中109巣),集落外で低かった(13巣中7巣).
    カササギは利用可能度の高い樹種や電柱に多く営巣し,特定の営巣場所への選好性はなかった.巣の隠ぺい度が高い常緑樹が特に選好される傾向にはなく,隠ぺい度の違いは営巣場所の選択に影響しないと考えられる.樹高の高い木への選好傾向は存在する.カキ,モチ,ヤナギなどは樹高が低く,エノキ,クスなどでは高かった.特定の樹種で繁殖成功度が低かったのは,樹高が低かったためだと思われる.高い木は集落外ではしばしば不足している.営巣場所への低い選好性がカササギの新しい生息地への進出定着と最近の分布の拡大を促進しているものと考えられる.
    抄録全体を表示
  • 山田 清
    42 巻 (1993 - 1994) 2 号 p. 61-75
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    1990•1991の両年に新潟県中之島町のハス田と同加茂市の小河川でコサギなわばり性と採食行動について調査した.
    1)ハス田では移動性の低いドジョウが最も重要な餌だった(湿重量比で80.8%).
    2)河川では移動性の低いアメリカザリガニ•ドジョウ(40.0%),移動性の高い遊泳魚(59.5%)とも多く捕食されていて餌の構成が多様だった.
    3)採食方法は餌の発見方法(待ち伏せ法と歩行法)と捕獲のテクニック(追跡型と非追跡型)の2段階に分け,その組合せによって分類することができた.
    4)餌と用いられる採食方法は明確に対応していた.待ち伏せ法は,主に大型の遊泳魚と対応していた.歩行法のうち追跡型の方法には中型の遊泳魚が,非追跡型の方法には移動性の低いザリガニ•ドジョウまたは小型の魚類がそれぞれ対応していた.
    5)ハス田では,境界が明瞭な採食なわばりが特定の場所で長期に渡って維持されていた.これをハス田タイプのなわばりと呼んだ.
    6)河川では,待ち伏せ法で採食する個体が自分の周囲のごく狭い範囲から他個体を排除した.河川でのなわばりの範囲は採食個体の移動にともなって移動し,これを河川タイプのなわばりと呼んだ.
    7)2つの環境で見られた採食なわばりについて餌および採食環境と関連させて考察した.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top