日本鳥学会誌
検索
OR
閲覧
検索
53 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 中村 純夫
    53 巻 (2004) 2 号 p. 77-86
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    カラスの帰塒前集合(日中の活動域よりねぐらへ向かう途中に形成される集合)を大阪府高槻市とその周辺で,1989年12月より1993年3月まで観察した.いずれの帰塒前集合でもハシボソガラス C. corone,とハシブトガラス C. macrorhynchos が参加していた.調査頻度は10日間に1-3回で,日入時刻の2時間30分前より30分後まで調査した.日入時刻の2時間前に集合地にいた個体数(先着数)と幼鳥の比率,日入時刻の2時間前から30分後までの間に通過していった個体の数と方向,集合地に吸収された個体の数と方向,集合地から出発した個体の数と方向を記録した.同時に照度と集合地での群飛を記録した.いずれの帰塒前集合でも,集合した個体の大多数は同一の塒方向に飛去し,先着数が多い日には吸収された個体の延べ数(吸収数)が多かったが,通過していった個体の延べ数(通過数)とは相関がなかった.帰塒前集合aとbは冬期に不連続的に形成され,集合個体の大多数は通年ねぐらLに向かって飛去した.aは河川敷きに形成された幼鳥主体の集合で,ここからのねぐらへの出発は早い時刻におこなわれた.bは春と秋にねぐらのあった山林に形成され,秋ねぐらの消滅直後や春ねぐらの成立直前に時々臨時ねぐらとして使われた.帰塒前集合cは初夏より夏にかけて春ねぐらMと初夏ねぐらNの中間点に連続的に形成された.春ねぐらの消滅までは全個体が春ねぐらに,消滅後は全個体が初夏ねぐらに向かって飛去し,出発グループサイズは春ねぐらの消滅前に急増し,消滅後に急減した.このように利用パターンは3つの帰塒前集合で異なっていた.
    抄録全体を表示
  • 松岡 茂
    53 巻 (2004) 2 号 p. 87-92
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    ラインセンサスと録音聴取によって記録された鳥の種数を比較することで,鳥の種のリスト作りに録音データが利用可能かどうかの検討を行った.2つの方法で共通して記録された多くの種の出現率は大きく,一方でのみ記録された種の出現率は2,3の例外を除いて小さかった.調査地内のランダムな地点での録音と固定点での録音の比較では,1回の録音で記録される種数に違いは認められなかった.記録開始からの経過時間と記録された累積種数との関係から,一定時間経過後にラインセンサスと録音によって記録される鳥の種数には,大きな違いがないことが明らかになった.これらの点から,均一な環境における種の数え上げには,録音が有効な手段となりうると考えられた.
    抄録全体を表示
  • 玉田 克巳
    53 巻 (2004) 2 号 p. 93-97
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    Sexual differences of Carrion Corvus corone orientalis and Jungle crows C. macrorhynchos japonensis were examined. Crows were captured by 'multi-trap' during April 1989 to June 1990 in Ikeda, eastern Hokkaido. Body mass, bill length, natural wing length, tail length, and tarsus length of carcasses were all measured. They were aged by tongue-markings and dissected in order to examine their reproductive organs. They were classified into two age-classes (adults and juveniles). Males were larger than females in all measurements for adults and juveniles of both species. Discriminant function analysis was carried out. The probability of correct discrimination of sexes for Carrion Crows was 87% for adults and 80% for juveniles. For Jungle Crows it was 91% for adults and 92% for juveniles. The sexes of both adult and juvenile Jungle Crows could be determined by discriminant function analysis.
    抄録全体を表示
  • 平野 敏明, 小池 勲, 塚原 千明
    53 巻 (2004) 2 号 p. 98-100
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    We collected a total of 296 pellets of Eastern Marsh Harriers Circus spilonotus from their winter roosts (two sites) in Watarase Marsh, Tochigi Prefecture between January 2002 and late February 2004. Out of these pellets 18 contained a total of 24 pieces of lead shot. Although most of the pellets (14) contained only one piece of shot, two pellets included two and three pieces of shot. Among the prey species found in the pellets along with lead shot, ducks accounted for 55.6%, and doves and crows 11.1%. A significantly higher frequency of lead shot in Marsh Harriers pellets was found in January and February, during the open season for game birds. Although lead poisoning is not yet known to have had any profound effect on the harriers using the study site, care must be taken to protect them from lead poisoning.
    抄録全体を表示
  • 松岡 茂
    53 巻 (2004) 2 号 p. 101-103
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
  • 大谷 力
    53 巻 (2004) 2 号 p. 104-106
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
  • 大関 義明, 楠窪 のり子, 坂口 敦
    53 巻 (2004) 2 号 p. 107-109
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top