日本鳥学会誌
検索
OR
閲覧
検索
63 巻 , 2 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
特集:鳥類における生活史研究
総説
  • 堀江 明香
    63 巻 (2014) 2 号 p. 197-233
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    鳥類は生活史進化の研究において最も古い研究対象であるが,今なおその進化機構の解明には議論が続いている.Ricklefs(2000a)は生活史進化の研究史を2つに分けた.第1期はLackを初めとする鳥類学者が生活史を自然選択の枠組みで捉え,その進化について議論を開始した時期,第2期は生活史理論が成熟してその進化機構を実証しようと研究が進められてきた時期である.この第2期の流れは現在も続いているが,2000年前後を境に生活史進化の分野には新たな視点が加わり,研究は次のステージに入ったと考えられる.つまり,一腹卵数以外の生活史形質への研究拡大,餌資源の制約や捕食以外の新たな選択圧の探索,そして生活史を規定する内的機構の解明といった視点である.これらの研究によって,生活史進化を複合的・総合的に説明する土台が築かれつつある.本稿では,このような研究の転換から10-15年経った現時点において,新旧の選択圧が生活史に与える影響はどの程度検証されているか整理した.それぞれの選択圧についての検討には,個体や個体群内での影響を評価した可塑的なものと,種間比較や個体群間比較などから進化的な影響を推察したものがあったが,後者については検証が不十分なものが多かった.これらの問題点を含めて鳥類における生活史進化の現状と課題を議論し,日本における生活史研究の方向性について述べる.
    抄録全体を表示
  • 松井 晋
    63 巻 (2014) 2 号 p. 235-248
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    鳥類の一腹卵数には緯度勾配があり,熱帯性鳥類は一腹卵数が少ないことが,1940年代に鳥類学者によって既に記載されており,一腹卵数の変異を説明する仮説も提唱されていた.しかしその後,鳥類の生活史進化を検証した多くの研究は,世界の鳥類種の25%以下が分布する北半球温帯域で実施されてきたため,熱帯性鳥類において少ない一腹卵数が進化したメカニズムはまだ解明されていない.鳥類の一腹卵数の緯度勾配は,食物資源量や巣における卵や雛の捕食圧の緯度間の違いだけでなく,これまであまり注目されてこなかった,卵の発育に直接かかわる外温度による一腹卵数の制約,免疫機能・代謝・内分泌システムといった生理システム間に作用するトレードオフ,免疫系の活性化過剰や自己免疫反応が生じるリスクを防ぐ生理的制御ネットワークが関与している可能性がある.鳥類の一腹卵数の個体内の可塑性や,個体群間や種間の変異が進化するメカニズムを包括的に理解するため,(1)外気温が卵の生存に与える直接的な影響の季節変化や緯度勾配示した研究と,(2)生活史形質,選択圧,生理的コスト(例,寄生者に対する免疫防御)の関係性を扱った研究を紹介し,地域で特有の環境要因や生理的要因が一腹卵数の変異に及ぼす影響を複合的に理解する重要性を議論した.
    抄録全体を表示
  • 江口 和洋
    63 巻 (2014) 2 号 p. 249-265
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    鳥類の社会形態は多様な進化を遂げており,種間の変異が非常に大きい.社会行動の個体間,個体群間,近縁種間の変異に注目した多くの研究が,変異に連関した生態的要因を明らかにして来た.現在では,多くの野外研究の蓄積と分子系統学の進展により,多岐の分類群にまたがった系統比較が可能となった.しかし,生態的要因だけでは社会形態の多様性を説明できず,その変異の基盤には生活史要因が関与していることが指摘されるようになった.そのための重要なアプローチとして,異なる分類群レベルを対象とした階層的な系統比較法が適用され,どのような生態的要因,生活史要因,環境要因が社会行動の変異と連関しているかを明らかにしつつある.本論文では,鳥類の配偶様式,つがい外父性,種内托卵,協同繁殖,家族形成などの社会的諸現象の出現の変異に関する比較研究の成果を紹介し,鳥類の社会形態への生活史要因の関与についてまとめた.生活史要因は高次分類群間の変異に関与し,一方,生態的要因や環境要因は低次分類群間の変異に関与している.これは,生活史要因は特定の社会現象や行動の出現の素因を与え,その素因を持つ分類群で実際にそれらの形質が出現するかどうかは生態的要因や環境要因が決定するという,階層的な進化過程の理解である.
    抄録全体を表示
総説
  • 遠藤 幸子
    63 巻 (2014) 2 号 p. 267-277
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    多くの鳥類において,繁殖期に雄から雌への給餌行動が観察される.この行動は,繁殖における雌雄の役割分担,交尾をめぐる雌雄の性的対立,そして社会的一夫一妻制鳥類におけるつがい関係維持に果たす役割といった観点から研究が行なわれ,鳥類の繁殖生態の研究において行動生態学分野の知見を提供してきた.これまでの研究から,雄から雌への給餌行動は,各繁殖段階において個体の適応度に影響を与えるであろう,様々な機能をもつことが明らかになってきた.そして,これらの報告は,鳥類の繁殖における雌雄の関係性の理解に大いに貢献することを示唆した.そこで,本稿では,繁殖段階ごとに雄から雌への給餌の機能に関して提唱されている仮説とその検証結果について整理し,鳥類の繁殖における雄から雌への給餌行動の機能とこの行動の進化した背景について議論する.なお,つがい形成前における(1)つがい相手選択仮説,つがい形成後から産卵期にかけては(2a)栄養補給仮説,(2b)雌に交尾を受け入れてもらうための給餌仮説,(2c)雌による雄の育雛能力査定仮説,(2d)つがい関係維持仮説を,そして抱卵期における給餌においては(3a)栄養補給仮説,(3b)雌による雄の育雛能力査定仮説,そして(3c)つがい関係維持仮説について,それぞれ説明する.
    抄録全体を表示
原著論文
  • 鈴木 優也, 伊藤 元裕, 風間 健太郎, 新妻 靖章, 綿貫 豊
    63 巻 (2014) 2 号 p. 279-287
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    プランクトン食ウミスズメ科鳥類では,繁殖前に低い栄養段階の餌(カイアシ類)を食べたメスが大きな卵を産む.北海道天売島のウトウ Cerorhinca monocerata は魚食性であるが,春にはオキアミも食べる.卵容積に影響する要因を調べるため,2010,2011,2012年に抱卵中のオス・メスを捕獲し,その体サイズと余剰栄養指標,胸の羽毛と血球の窒素安定同位体比(δ15N,栄養段階の指標)を調べた.加えて,いつの時期に食べた餌が卵形成に利用されるか推定するため,2011年と2012年には別の巣から産卵後1日以内の卵を採取し,卵黄,卵白および卵膜のδ15Nとδ13C(炭素安定同位体比)と抱卵中のメス親の胸の羽毛,血球および血漿のこれらの値との関係を調べた.また,産卵・抱卵期に胃洗浄法によって他の個体から胃内容物を採取し,食べていた餌種を直接調べた.余剰栄養指標・体サイズの大きいメス,またつがい相手の体サイズが大きいメスほど大きな卵を産んでいた.産卵~抱卵時期には栄養段階の低い餌(オキアミ)と高い餌(魚)を食べていたが,造卵期の栄養段階を反映する血球のδ15Nの個体変異は卵容積指数に影響しなかった.また換羽期の栄養段階を反映する胸の羽毛のδ15Nも卵容積指数と関係なかった.卵黄,卵白および卵膜のδ15N,δ13Cは,換羽期と産卵前のいずれの時期に食べた餌の栄養段階とも関係が認められなかった.
    抄録全体を表示
  • 徐 章拓, 竹田 努, 青山 真人, 杉田 昭栄
    63 巻 (2014) 2 号 p. 289-296
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    ハシブトガラスCorvus macrorhynchos とハシボソガラスC. coroneの2種類のカラスを用いて,腺胃および筋胃の組織形態を中心に比較形態学的検討を行った.ハシブトガラスの腺胃内表面の面積はハシボソガラスのそれより大きかった.腺胃壁の厚さについて,種差はなかったが,全体に占める腺胃腺層の厚さの割合(相対値)はハシブトガラスの方が大きく,一方,筋層の相対値はハシボソガラスの方が大きかった.ハシボソガラスの筋胃壁はハシブトガラスのそれより厚かった.さらに,ハシボソガラスの筋胃は筋層の厚さの相対値がハシブトガラスより大きかった.両種は共に雑食であるが,胃の形態・組織学的特徴に見られた相違点は,両種の食性の相違を反映しているように思われる.
    抄録全体を表示
  • 葉山 雅広, 由井 正敏, 今井 正
    63 巻 (2014) 2 号 p. 297-310
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    1990年から2008年にかけて山形県でクマタカ Nisaetus nipalensis の繁殖状況を調査し,ブナ Fagus crenata の種子生産の変動とクマタカの繁殖結果との相関の有無を検証した.そして,繁殖結果と環境要因(林相,林縁の複雑さ,前年の繁殖結果,降雪量など)との関係を明らかにするため一般化線形混合モデル(GLMM)を用いた.繁殖結果と環境要因との関係の解析では,ブナの結実状況の違いによって繁殖結果に影響する環境要因に違いがあるのかを検証するため,次の三通りの解析を行なった:(1)結実状況が良い場合,(2)結実状況が悪い場合,(3)結実状況による区分をしない場合.結果は,前年のブナの結実状況が良い場合には繁殖成功率が統計的に有意に高かった.しかし,繁殖結果に最も関連していた要因は前年の繁殖結果であった.天然林が占める割合が高い本調査地では,GLMMによる解析はブナの結実状況が悪い場合には繁殖結果に対し天然林面積が負に,人工林面積が正に作用する傾向を示した.繁殖結果に影響する要因は前年のブナの結実状況によって異なっており,これはクマタカが採食環境と主な食物とする種の両方かまたはどちらかをブナの種子の豊凶に応じて変化させていることを示唆している.
    抄録全体を表示
短報
  • 林 正敏, 山路 公紀
    63 巻 (2014) 2 号 p. 311-316
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    筆者らは2010年6月に長野県富士見町で冬鳥であるジョウビタキPhoenicurus auroreusの繁殖を確認した.この事例が偶発的なものか否かを確認するために,同地域で経年調査を実施した.その結果,ジョウビタキは富士見町で4年間繁殖を継続し,茅野市および塩尻市で2013年に4つがいが繁殖していた.したがって,ジョウビタキは八ヶ岳周辺で継続的に繁殖していると判断され,今後,繁殖地域の拡大が予想される.見つかった全ての巣はリゾート地ないし別荘地の定住者が居る建物の人工物の中に造られていた.
    抄録全体を表示
  • 高木 憲太郎, 時田 賢一, 平岡 恵美子, 内田 聖, 堤 朗, 土方 直哉, 植田 睦之, 樋口 広芳
    63 巻 (2014) 2 号 p. 317-322
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    ミヤマガラスは西日本では九州から東へ越冬地を広げた一方で,東日本では北から南へ越冬地を広げた冬鳥である.我々は東日本に渡来するミヤマガラスの渡りの経路と繁殖地を明らかにすることを目的として,秋田県大潟村八郎潟干拓地において20羽のミヤマガラスを捕獲し,太陽電池式の衛星追跡用送信機(PTT)を装着して追跡を行なった.
     八郎潟で越冬していたミヤマガラスは,越冬中も10 km以上離れた男鹿半島や能代平野を行き来しながら過ごしていることが分かった.日本から海に向けて飛び立った地域は,道南の渡島半島(奥尻島を含む)が最も多く,このほか青森県の津軽半島や積丹半島から飛び立つものがいた.渡りの時期は,成鳥は4月5日までに日本を離れているが,若鳥は4月8日以降で,若鳥の方が遅かった.追跡を行なったミヤマガラスのうち11羽は日本海を越えてロシアの沿海地方に渡るまで追跡することができた.そのうち5羽は中国黒竜江省の三江平原周辺に到達し,3羽はロシアのブラゴヴェシチェンスクの東部に到達した.この結果から,東日本に渡来するミヤマガラスの繁殖地がこれらの地域であることが推定された.
    抄録全体を表示
  • 井上 学, 坂本 泰隆, 竹内 美江, 永井 敏和, 西村 泰典, 柳澤 紀夫
    63 巻 (2014) 2 号 p. 323-328
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル フリー
    ハチクマの巣への搬入餌動物を常時観察するために,前年に繁殖が確認されたハチクマ1つがいの巣の直上にCCDカメラを設置した.搬入餌動物の変化を見ると,求愛期から抱卵期には,餌を巣にほとんど搬入しないこと,育雛期のハチクマの主要な搬入餌動物はハチ類とカエル類であることがわかった.育雛期に主に搬入するハチ類について,雄はスズメバチ属が多かったが,雌はクロスズメバチ属が多かった.
    抄録全体を表示
観察記録
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top