日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
ISSN-L : 0913-400X
最新号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
総説
  • 藤井 忠志
    原稿種別: 総説
    2021 年 70 巻 1 号 p. 1-18
    発行日: 2021/04/23
    公開日: 2021/05/14
    ジャーナル オープンアクセス

    本州に生息するクマゲラDryocopus martiusは,高度経済成長期におけるブナ林伐採により,生息地を奪われ,北東北のブナの自然林が残存した地を拠点とし,種を維持してきたが,研究者も少ないことから未解明な生態が多い.本論文では,本州におけるクマゲラの生態と研究小史に焦点をあて,これまで何が既に解明されており,何が未だ解明されていないかを整理し,次に解決すべき課題が何かを明白にすることを目的とした.クマゲラはムネアカオオアリを主とするアリ類を捕食し,営巣地の最終決定は雌が行う.繁殖期の役割分担の違いは明確で,つがいのどちらかが死んでも残った片親で巣立ちまで世話をする.巣立ちは6月中旬に行われ,平均の巣立ち雛数は2.2羽で西ドイツにおける値に近い.またクマゲラの巣穴は他の鳥獣にも利用され,要石的種としての役割を果たしているものと推定される.一方,本州での営巣木選好性の決定要因の把握が大きな課題でもある.例えば,営巣地環境,生立木である理由,胸高直径の許容範囲,下枝から巣穴までの距離,樹幹の傾斜,巣穴(産室)の大きさなど.さらにねぐら木や行動圏の把握,現状の分布および新たな分布などまだまだ明らかになっていない課題がある.本州のクマゲラについては,江戸時代すでにクマゲラが生息していたことを示す観文禽譜という古記録が存在していた.また,クマゲラの発見には川口孫治郎ほか多くの研究者や人物が関与し,現在では北東北三県のブナ林に定着していることが明らかになった.しかし,北海道など主要な生息地との個体交流も限られている可能性が高く,本州のクマゲラは,早急に保護を要する可能性が高いと考えられる.

原著論文
  • 井口 学
    原稿種別: 原著論文
    2021 年 70 巻 1 号 p. 19-36
    発行日: 2021/04/23
    公開日: 2021/05/14
    ジャーナル 認証あり

    カイツブリTachybaptus ruficollisの質量,標準代謝速度,一回換気量,分時換気量,強制対流熱伝達損失ならびに浮力と流動抵抗に関する損失を基にして,カイツブリの水面滞在時間Tp,潜水時間Tdおよび最大潜水時間Tdmaxに対する簡便な予測法を提案した.カイツブリの質量の関数として求めた予測式は本研究で観察したTpTd,およびTdmaxの値をそれぞれ15.6%,-7.2%,3.7%の偏差で近似することができた.また,ノドグロカイツブリT. novaehollandiae,シラガカイツブリPoliocephalus poliocephalus,ハジロカイツブリPodiceps nigricollisTpTdについてもカイツブリと同程度の予測精度が得られた.Tdmaxの予測式は回帰分析によって得られた既存の式にほぼ一致することが分かった.

  • 大門 純平, 伊藤 元裕, 長谷部 真, 庄子 晶子, 林 はるか, 佐藤 信彦, 越野 陽介, 渡辺 謙太, 桑江 朝比呂, 綿貫 豊
    原稿種別: 原著論文
    2021 年 70 巻 1 号 p. 37-52
    発行日: 2021/04/23
    公開日: 2021/05/14
    ジャーナル 認証あり
    電子付録

    北海道周辺の異なる海洋環境に位置する4つのウトウCerorhinca monocerata繁殖地において,2016–2017年に雛に持ち帰った餌と雛の体重(成長段階で補正)を調べた.松前小島,天売島,トド島の3繁殖地はそれぞれ対馬暖流の南部,中北部,北部に位置しており,トド島はオホーツク海の東樺太海流に由来する冷水塊にも近い.また,大黒島は沿岸親潮および親潮が流入する太平洋側に位置する.主な餌種は繁殖地間で異なっており,天売島およびトド島ではホッケPleurogrammus azonus 0歳,松前小島ではスケトウダラGadus chalcogrammus 0歳,大黒島ではサケOncorhynchus keta 0歳だった.加えて,イカナゴ属Ammmodytes spp. 0歳もしくは1歳以上はすべての繁殖地である程度利用されていた.エネルギー密度が高いホッケ0歳をよく持ち帰ったトド島では,1給餌あたりの餌重量も大きく,結果として雛の成長段階補正体重も重かった.海水温の違いがトド島と天売島におけるホッケの利用割合の違いや,大黒島内におけるサケ0歳の利用割合の年変化を説明するかもしれない.また,サケ稚魚ふ化放流事業に由来した餌資源量の地域差も,繁殖地間のサケ0歳の利用割合を説明するかもしれない.さらに,イカナゴ属は,北海道周辺の沿岸に広く分布するのでいずれの繁殖地でも一定割合利用されたのかもしれない.本研究は,海流による海水温の差や人為的影響が餌資源量の海域間差をもたらし,それが各地域で繁殖するウトウの餌ひいては雛の体重に影響していることを示唆する.

短報
  • 水谷 友一, 鈴木 宏和, 前川 卓也, Joseph Korpela, 宮竹 貴久, 越山 洋三, 依田 憲
    原稿種別: 短報
    2021 年 70 巻 1 号 p. 53-60
    発行日: 2021/04/23
    公開日: 2021/05/14
    ジャーナル 認証あり

    カモメ科の多くは雑食性で,海産生物以外にも昆虫捕食の観察例が数多くあるが,飛翔中にいつどこで,どのように昆虫類を捕食するのかわかっていない.本研究では,GPS内蔵型のビデオロガーをウミネコLarus crassirostrisに装着し,海上および陸地上空で飛翔中に昆虫類を捕食する瞬間を撮影し,一部の昆虫類を同定したところ,ハチ目等を積極的に捕食していた.今後ビデオロガーを改良することで,捕食行動における昆虫の重要性や昆虫と鳥の新しい関係性の解明が期待できるだろう.

観察記録
その他
feedback
Top