音楽教育学
Online ISSN : 2424-1644
Print ISSN : 0289-6907
ISSN-L : 0289-6907
43 巻 , 2 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
研究論文
  • 玉村 恭
    2013 年 43 巻 2 号 p. 1-12
    発行日: 2013年
    公開日: 2017/03/31
    ジャーナル フリー

     本論は, 日本音楽の特質を解明する作業の一環として, 実演時に演奏者の個性がどのように表出されるかを, 能管の演奏実践を対象にして分析することを試みるものである。複数の演奏者による能管の演奏を聞き比べてみると, 同じ楽曲でも驚くほど結果が違う。このことは我々に楽曲のどこまでが不変の核の部分であり, どこからが可変的な部分なのか, その境目をどう見分けたらよいかという疑問をもたらす。しかし, 能管の演奏実践を詳細に見ていくと, そのような問い方自体が不適切なのではないかということが見えてくる。能管の楽曲は, どこまでが不変的でどこからが可変的かという境目が曖昧な状態で存在しており, どの要素が当該の楽曲にとって本質的でどの要素が派生的かということを一義的に画定することはできない。むしろ, 個々の演奏者がどのように不変―可変の関係を設定するか, その設定の仕方そのものが, その演奏者の個性につながるのである。

書評
第44回大会報告
(大会実行委員会企画)
基調講演
シンポジウム
(常任理事会企画)
プロジェクト研究Ⅰ
プロジェクト研究Ⅱ
(共同企画Ⅰ) パネルディスカッション
(共同企画Ⅱ) ラウンドテーブル
(共同企画Ⅲ) 研究発表とデモンストレーション
(共同企画Ⅳ) パネルディスカッション
(共同企画Ⅴ) ラウンドテーブル
(共同企画Ⅵ) ラウンドテーブル
(共同企画Ⅶ) パネルディスカッション
(共同企画Ⅷ) ワークショップ
(共同企画Ⅸ) ラウンドテーブル
(共同企画Ⅹ) ワークショップ
feedback
Top