日本レーザー歯学会誌
Online ISSN : 2185-6702
Print ISSN : 0917-7450
ISSN-L : 0917-7450
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
学術論文
  • 森川 貴迪, 小杉 彩歌, 小坂井 絢子, 丸茂 知子, 別所 央城, 柴原 孝彦
    2019 年 29 巻 3 号 p. 131-140
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/01/15
    ジャーナル 認証あり
    Various oral mucosal diseases such as oral potentially malignant disorders(OPMD)and squamous cell carcinoma (SCC)may develop in the oral cavity and are difficult to differentiate. Optical instruments are not invasive and can be repeatedly used. Since 2010, we have used optical instruments effectively to improve diagnosis and treatment. In this study, we conducted subjective and objective evaluations using optical instruments for distinguishing between leukoplakia and SCC.
    Eighty-two patients diagnosed with SCC and leukoplakia at the Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Tokyo Dental College, between April 2017 and March 2018 were selected and evaluated using optical instruments. Also, an oral cancer screening model that used AI(AI oral cancer screening system:AIOS)was prepared and its effectiveness was evaluated.
    In the subjective evaluation by optical instruments, Fluorescence Visualization Loss(FVL)was confirmed in all SCC cases. In the objective evaluation, SCC was lower than leukoplakia in luminance(SCC 52.6 vs Leukoplakia 74.5cd/m2). In the coefficient of variation of luminance, SCC was higher than leukoplakia in luminance(SCC 0.22 vs Leukoplakia 0.12). Regarding luminance ratio, SCC was lower than leukoplakia in luminance(SCC 68.0 vs Leukoplakia 108.8%). In the objective evaluation, statistical differences were found in luminance, standard deviation and coefficient of variation of luminance and luminance ratio.
    When AIOS was used to evaluate 20 new data, the correct diagnosis rate was 97.5% after learning with 200 teacher data.
    It is suggested that subjective and objective evaluations using optical instruments may be useful for differentiating leukoplakia and SCC.
  • 景山 万貴子, 大塚 一聖, 小峯 千明
    2019 年 29 巻 3 号 p. 141-147
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/01/15
    ジャーナル 認証あり
    近年,真菌症は増加傾向にあり,歯科領域においてカンジダおよびアスペルギルス属が起因となる感染症の増加が特に見られる。従来使用されている抗真菌薬はバイオフィルムの深さまで到達することができず,結果として耐性菌を生じさせてしまうなどの欠点があった。そこで我々はそのような副作用のないことで脚光を浴びている抗菌的光線力学的療法(a-PDT)に着目し,C. albicansに対する殺菌メカニズムについて検討を行った。本研究は(1)電子スピン共鳴(ESR)spin-trapping法を利用し,a-PDTから発生した一重項酸素(1O2)量とC. albicansの殺菌効果の関係性について検討,(2)走査型電子顕微鏡(SEM)を用いてa-PDT後のC. albicansの菌体表面を観察することを目的として行った。
    本研究では0.02%のメチレンブルー(MB)水溶液を用い,純水(PW)を対照として両者に半導体レーザーを照射し,生成された1O2の量をESR分光法にて測定した。実験群はレーザー照射の有無をL(+),L(−),0.02% MBの有無をM(+),M(−)と定義し,これらを組み合わせてL(+)M(+); L(+)M(−); L(−)M(+); L(−)M(+)の4つのグループに分け行った。次に4つのグループそれぞれにC. albicansを作用させ,インキュベートした後のC. albicansの1ミリリットル当たりのコロニー形成単位の数(CFU/mL)を測定した。その後SEMによるC. albicansの細胞壁の観察を行った。結果は,MBに660nm半導体レーザーを照射することにより1O2は照射時間依存的に発生量が増加し,それに比例してC. albicansの殺菌率も増加することを認めた。1O2に暴露されたC. albicansのSEM画像を観察すると照射時間依存的に真菌細胞の表面が融合し,単一の独立した正常な形態が失われ,融合し始めた像や不規則な凹凸を呈する像が観察された。これらのことから,本研究により,a-PDTにより励起されたMBから発生した1O2C. albicansに対し濃度依存的に殺菌効果を示し,1O2によりC. albicansの表層が侵害されることにより殺菌に至ることが推測された。
  • 福岡 宏士, 大郷 友規, 大郷 英里奈, 石川 昌嗣, 岐部 俊郎
    2019 年 29 巻 3 号 p. 148-151
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/01/15
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top