日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
20 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 豊田 文一, 梅田 良三, 前坂 明男, 槻 陽一郎, 宮崎 為夫
    1971 年 20 巻 2 号 p. 49-54
    発行日: 1971/07/01
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
    私どもは過去2力年, 石川県へき地の耳鼻咽喉科学的検診を行った。延30日, 23地区, 検診総数1, 508名に達した。受診者は4対6で女性に多く, 年令的には20歳以下の若年層と60歳以上の高年令層が多数を占めている。愁訴の主なものは難聴, 耳鳴, 鼻閉, 鼻漏, 咽喉頭異物感で, 検診成績では神経性難聴, 慢性鼻副鼻腔炎, 咽喉頭の慢性炎症が高率であり, 特異なものは認めなかった。これら有病者について医療の有無を調査したところ, 診断を受けているものは10.3%に過ぎず, 他はほとんど放置の状態で, その理由として病感を有しないもの, あるいは交通不便のものがほとんどであった。
    この現状を把握しながら, へき地医療の問題点として, 第一に医師確保をあげたが, これは早急に打開することは困難であり, その対策として, 医育機関などの協力を求め, 地域住民の健康管理を実施すべきで, 石川県の実施方式について述べ, 第2としては地方自治体の住民に対する積極的な保健対策の樹立を要望し, 第3は患者輸送, ことに通院患者の輸送問題について根本的な打開策の必要性のあること, 第4には健康に対する住民自体の意識の向上をあげた。
  • 伊藤 喜明
    1971 年 20 巻 2 号 p. 55-83
    発行日: 1971/07/01
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
    Ascariasis in Japan was epidemiologically studied through clarifying the relationship between the trends of the percentages of positive ova in feces in the whole country, prefecture, city town and village, and social and environmental factors such as economic level, agricultural conditions, and hygienic index. Concerning colonies and households, relationship between ascariasis and several environmental conditions was studied and the following results were obtained.
  • 黒田 正宏, 外村 紀知也, 黒田 迪子, 寺田 清
    1971 年 20 巻 2 号 p. 84-89
    発行日: 1971/07/01
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
    A 51 years old farmer was in unconscious state when he was brought into our hospital. Four days before admission he handled “Nissol” and low toxic organophshor “Smithion” about 9 hours at his farm of apples.
    Three days before he noted nausea, vomiting, headache, dizzines, sweatiness and light fever. In the midnight convulsion of limbs occured. Two days before symptoms became progressively worse.
    Examinations on admission revealed depression of blood pressure (100-70), incipient rise of body temperature, low blood sugar level (45 mg/dl), concussion of eye-ball and Babinski's sign.
    Then as an intoxication of Nissol we treated the patient with glucose solution (5 or 50%), acetamide, antibiotics, phenobalbital, cardiac stimulants and atropin. Fourteen hours after admission he recovered consciousness.
    Low blood sugar level and depression of blood pressure continued while about 7 days.
    He was out of hospital on the 20 th day.
  • 久保田 憲太郎
    1971 年 20 巻 2 号 p. 90-92
    発行日: 1971/07/01
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
  • 1971 年 20 巻 2 号 p. 93-107
    発行日: 1971/07/01
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
  • 1971 年 20 巻 2 号 p. 108-117
    発行日: 1971/07/01
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
feedback
Top