日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
21 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 若月 俊一, 松島 松翠, 荒木 紹一, 筒井 淳平, 白井 伊三郎, 高松 誠
    1973 年 21 巻 4 号 p. 399-413
    発行日: 1973/01/10
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
    長野, 愛知, 三重, 徳島, 福岡の5地区において, 同一の調査方法により, ハウス栽培従事者の健康調査を行なった。調査人員は, 昭和45年415名 (男230名, 女185名), 昭和46年458名 (男185名, 女273名) であるが, 別に対照として, 一般農家を昭和45年152名 (男73名, 女79名), 昭和46年281名 (男118名, 女163名) 同一方法で調査した。このうち農繁閑期を通じて同一人を調査できた30代, 40代のものについて, ハウス栽培状況及び健康状況を分析した結果は次の如くである。
    1) 各地域におけるハウス栽培状況の比較調査対象農家1戸あたりのハウス栽培面積は, 三重。が最も多く, 29.7a, 長野が13.5aでもっとも少なかった。暖房の設備状況は, 各地域によって異なるが, そのうち煙突を装備しているものは, 愛知, 三重, 徳 島では大部分であるが, 長野及び三重では約半数に過ぎなかった。その他副室, 換気窓, 面側扉の設備は地域により差異がある。農薬はハウス内でかなり使われており, 有機硫黄剤が多いが, その他の強毒性殺虫剤も多かった。
    2) 各地域及び農繁閑期における健康状態の比較労働時間は, 一般に農繁期, しかも女子に多く, 睡眠時間は, 逆に農繁期, 女子は少ない。ハウス栽培作業の最盛期には, ハウス内作業は1日8時間にも及んでいる。農夫症症候群は農繁期に多く, 症状としては, 肩こり, 腰痛が多く, 男子に比べて女子に多い。自覚的疲労症状も同様で農繁期に多く, 女子に多い傾向にある。地域別では, 農夫症症候群は三重, 福岡に多く, 疲労症状の発現率は福岡に多くみられた。
    検査成績では, 女子に貧血の傾向がみられるが, とくに農繁閑期で大きな差はみられない。地域別には若干の違いがみられた。血清コリンエステラーゼ活性値が20%近く異常値を示したことは, 今後ハウス内の, dermal absorption riskのほかに, inhalational exposureの危険についてもさらに深い調査を行なわねばならないことを示すものと思われる。
    3) ハウス栽培農家と対照農家の健康状態の比較労働時間は, ハウス栽培農家の方が対照農家に比べて多く, とくに女子において著明である。睡眠時間は, ハウス栽培農家の方が少ない傾向がみられた。農夫症症候群は, 農繁期にはハウス栽培農家に多い傾向がみられ, 症状として, 肩こり, 腰痛, めまい, 不眠などがハウス栽培農家に多い。疲労症状もとくに農繁期には, ハウス栽培農家に高いが, 「頭が重い」「全身がだるい」「肩がこる」「体のどこかがだるい」「足がだるい」 といった症状が多くみられた。また検査成績では, ハウス栽培農家に肝機能異常や血清コリンエステラーゼ活性値低下を示すものが若干みられた。以上の結果により, ハウス栽培従事者には, 一般農家にくらべて, とくに農夫症, 疲労症状等, 自覚症状が多くみられており, これらはハウス病症候群と呼ばれる症候群の一部を構成している。そして, その原因として高温多湿の作業環境, 農薬散布, 作業姿勢等が考えられるが, 今後, 予防対策として, ハウス内の構造の改善, とくに大型換気扇の設置, また労働条件の改善, とくに農薬散布方法の改善等が必要であろう。さいごに, 去る第5回国際農村医学会 (ブルガリヤ・バルナ市) における東欧諸国の研究や調査の発表では, ハウス栽培における農薬散布が原因する健康障害のテーマが, 少なからずとりあげられていたことをとくに付記する。
  • 松島 松翠, 井出 秀郷, 萩原 篤, 横山 孝子, 大柴 弘子, 勝俣 智意子, 高山 千恵子
    1973 年 21 巻 4 号 p. 414-426
    発行日: 1973/01/10
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
  • 下村 尚一, 荒木 紹一, 猪飼 茂子, 荒川 忠男
    1973 年 21 巻 4 号 p. 427-434
    発行日: 1973/01/10
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
    海部郡十四山村地区のハウス農民を対象として, 昭和45年5月, 45年11月, 47年1月, 47年5月の4回にわたる検診によって, 農繁期, 農閑期の健康状態の調査を行なった。我々は農民の自主的な受検の形をとっている為, 農繁期, 農閑期の比較と同一対象による継続検査成績の比較とを分析した。
    1, ハウス栽培状況
    ハウス耕作面積は, 平均約25aで全国平均を上まわっている。ハウス構造は暖房設備はないが, 大部分鉄骨造りで, 全戸に換気窓を持ち, ハウス構造はほぼきまったようである。
    2, 健康状態の比較農繁期のハウス農業労働時間は, 農閑期にくらべて, 平均で約3時間長い。睡眠時間も同様に農繁期が短いが, 農閑期との差は少なく, 農繁・閑期とも特に睡眠時間不足の状態はみられなかった。農夫症症状, 疲労調査では, 農繁期に訴えが多かったが, 農繁・閑期を通じ, 「腰が痛くて, 全身がだるく, 眠たくて, 目がチラチラする。どわすれしやすい」といったハウス農民特有の症状がみられた。
    3, 検査成績女子に貧血傾向がみられ, やや農繁期に貧血傾向が増す傾向がある。GPT, TCh, ChE, TPには農繁・閑期の差はみられなかった。
    1名に無自覚の肝機能障害者を発見し, 入院治療によって全治せしめた。肺機能検査においても, 農繁・閑期の差はみられなかった。心電図検査では, 昭和39年度の調査にくらべ, 有所見者率が高かった。有所見者を冠拡張剤で1ヵ月治療した結果, STの低下の改善をみたものがあり, 又農繁期の検査でST低下の消失をみた者もある。ここで農閑期といっても, 1月のことで, この時には, 既にハウス内作業では定植も終っており, 報告によれば, ハウス農夫の定植期に, 既に血清Kの低下をみるといわれており, 1月はハウス内外気温の差もあり, ハウス農夫の身体はむしろストレス期に相当するかもしれない。従って本調査に於ける1月の心電図検査は, 農閑期の変化というべきでないといえよう。然し, ハウス農民にみられる心電図上のSTは, 可逆的変化によるものが多いといえよう。
  • 筒井 淳平, 山本 幹夫, 西川 健, 山本 幸子, 野田 晴美, 水元 みき子, 須藤 月子, 加藤 仁
    1973 年 21 巻 4 号 p. 435-444
    発行日: 1973/01/10
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
  • 白井 伊三郎, 粟飯原 和子, 藤井 義正
    1973 年 21 巻 4 号 p. 445-450
    発行日: 1973/01/10
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
  • 高松 誠, 江崎 廣次, 力丸 健, 後藤 琢也, 原 啓之, 阿部 純子, 斉田 美佐子, 山田 統子, 竹内 武雄
    1973 年 21 巻 4 号 p. 451-458
    発行日: 1973/01/10
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
feedback
Top