日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
46 巻 , 5 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 酒見 喜久雄, 高橋 郁子, 小笠原 摩耶, 小松 和男
    1998 年 46 巻 5 号 p. 805-808
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    乳幼児の下気道炎の原因として重要なRSウイルス感染症の当地域での流行状況について報告した。秋田県南西部に位置する本荘市由利郡地域の基幹病院である当院では毎年50人前後のRSウイルス感染症の小児を診療している。1993年1月から1995年12月までの3年間に当科で診療したRSウイルス感染症の内, 本荘市由利郡在住の乳幼児を対象とした。RSウイルス感染症の診断はRSVテストパックで行った。全患者127人, 入院患者107人, 外来患者20人の男女比はそれぞれ69: 58, 60: 47, 9: 11で, 全患者数, 入院患者数共に男児に多かった。新生児が9人, 1か月児は15人であり, 1歳未満の乳児は110人, 1歳以上の幼児は17人であった。好発時期は冬季で12, 1月を併せて64人と過半数を占めた。当科外来患者数は本荘市及び由利郡共にそれぞれ年間2万人弱であり, RSウイルス感染症の患者数を調べると, 本荘市では70人, 由利郡では57人と市部で患者数が多かった。男児4人と女児2人が呼吸不全のため気管内挿管を要したが, 新生児3人 (内女児2人), 1か月男児3人であった。乳児期早期発症及び肺炎所見は呼吸不全に関与する危険因子と考えられた。
  • 本藤 達也, 森島 信行, 宗盛 真, 山崎 総一郎, 櫻井 穣司, 尾形 聡, 好川 基大, 日野 文明, 大林 諒人
    1998 年 46 巻 5 号 p. 809-813
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    当科にて過去5年間にQT延長に伴うtorsadedepointes (TdP) を6例経験した。全例, 抗不整脈剤の投与例で, プロカインアミド1例, アプリンジン1例, ジンピラミド3例, ピルメノール1例であった。3例で薬剤の血中濃度を測定したが治療域より高値ではなかった。TdPの発症は必ずしも薬剤投与後早期とは限らず, 比較的長期投与後に発症したものもあった。背景として2例に心不全, 3例に利尿剤, 食欲不振などによる低カリウム血症が認められた。治療として起因薬剤の中止, カリウム補正などのほかに2例に硫酸マグネシウムの静注を施行し, 全例軽快退院した。抗不整脈剤などの投与例では長期投与中であってもTdp発症に留意が必要である。
  • 鈴木 庄亮
    1998 年 46 巻 5 号 p. 814-819
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 蛯原 由里子, 福田 久美子, 森 信子, 桜井 靖, 堀越 建一, 冨島 修, 大串 和子
    1998 年 46 巻 5 号 p. 820-824
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    服薬コンプライアンスは, コンプライアンス不良例を発見し, 服薬指導することで向上させることができるが, その発見は容易ではない。薬を残置する患者は, コンプライアンス不良例が多いと考え, 薬を残置後7日間経過した患者に電話連絡を実施した。また, 処方日数を過ぎても患者が取りにこないため処分する例については,「服薬状況報告書」を作成し, 外来病歴に貼付する方法で担当医に報告した。さらに薬を処分した患者の再来院時に薬剤科窓口で投薬の際に服薬指導を行った。
    平成7年1月~3月の3か月間に薬を残置した患者で電話連絡がついた63件中30.6%に服薬コンプライアンスに問題があることがわかった。また, 薬を残置した患者への電話連絡は, 電話連絡をしなかった平成6年8~12月の5か月間と比較すると処分率を0.11%から0.03%へ減少させることができ有効であった。また, 薬を処分した19件について「服薬状況報告書」を用いて担当医に報告した.報告したすべての医師から, 報告書は患者の服薬コンプライアンスを知ることができ有意義と評価された。
    しかし, 残置薬の調査で,「薬が出たことを知らなかった」と回答している患者がいたことからも残置薬対策は薬剤科だけでなく診察から医療費支払いに至るすべてのステップの問題としてとらえ, 患者の服薬コンプライアンスの向上を図ることが大切である。
  • 坂東 玲芳
    1998 年 46 巻 5 号 p. 825-832
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    全共連委託の「高齢者住民の健康状態と排尿状態」の研究に参加し, アソケートにより典型的平地農村高齢者の健康状態, その自立状況等を調査し, 一般病院患者と老人施設入所者の状況とを計1,238人, 平均年齢75.2歳につき比較検討した。一般在宅高齢者の自立, ほぼ自立状態にあるのは, 90%以上であり, ほとんど, 問題無く, あるいは軽度の介助で日常生活可能である。老人施設入所者のそれは, 12.9%にすぎない。これの原因疾患や原因の主たるものは脳卒中後遺症, 骨折後遺症, 夜間の不穏などである。一般病院の外来患者は在宅者と差なく, 入院患者のそれは総対的にみて在宅と施設入所者の中間にある。
    自立している高齢者においても, その排尿状態に対する不満はかなり多く, その率は約20%に達しており, 失禁を経験する人たちは男性20.5%, 女性25.8%である。排尿に関する不満, 失禁の有無は, 高齢者の自立と日常生活の質の向上に, 深い関係を有するものと考えられ, その状況を把握するとともに, その対策を樹立することは, 超高齢化時代を迎えている今日, きわめて重要な課題である。
  • 山下 一也, 飯島 献一, 白澤 明, 渡部 雄治, 黒田 覚, 西 英明
    1998 年 46 巻 5 号 p. 833-839
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    外来通院女性老年患者を対象に, 無症候性脳梗塞と骨密度, 牛乳消費量との関係を検討した。
    対象は脳卒中の既往がなく神経学的にも異常を認めず, 高血圧などにて外来通院中で, 頭部MRIにて無症候性脳梗塞が認められた女性老年患者26名 (平均年齢72.6歳)(無症候性脳梗塞群), 年齢をほぼマッチさせた無症候性脳梗塞が認められない女性老年患者18名 (平均年齢71.9歳)(対照群) とした。無症候性脳梗塞群では対照群に比して, 拡張期血圧が有意に高く, 高血圧の既往も多かった。無症候性脳梗塞群では椀骨超遠位部骨密度が低い傾向にあった。また, 牛乳消費量は無症候性脳梗塞群では有意に少なかった。牛乳消費量は骨密度よりも高血圧の既往と関連している傾向にあった。
    女性老年者において, 無症候性脳梗塞と牛乳消費量とに関連がみられた。
  • 鶴嶋 英夫, 亀崎 高夫, 能勢 忠男
    1998 年 46 巻 5 号 p. 840-845
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    卵巣癌の中枢神経系への転移は近年増加傾向にあるが, まだ比較的まれと思われるので卵巣癌の中枢神経系への転移症例を報告する。症例は48歳女性。1994年8月卵巣癌 (serousadenocarcinoma) の診断にて, 1994年9月に手術を施行された。その後, 化学療法が施行され画像学的には癌病巣は検出できなくなっていた。1997年1月頭痛にて脳転移巣が発見され, 転移巣摘出手術が施行された。1997年3月から4月にかけて頭部に放射線療法が施行された。その後, 患者は後遺症なども出現せず日常生活をおくっている。また過去の卵巣癌の中枢神経系への転移例を探索し検討した。
  • 小松 裕美, 須賀 良子
    1998 年 46 巻 5 号 p. 846-849
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    当院では, 末期慢性腎不全の治療として人工透析療法を主体としてきた。しかし, QOLの向上のため移植を希望する患者は増加傾向にある。腎移植後の最大の問題は拒絶反応であり, 術後3か月以内に起こる急性拒絶反応は約40%の出現率であるといわれている。
    当院でも第一例目の生体腎移植が施行された。今回の症例においても術後12日目より拒絶反応がみられた。症状の出現による身体的苦痛に加え, 移植腎喪失への不安が募り精神的に不安定になっていった。そのため, 患者の言葉に傾聴し共感的態度で接するとともに, 拒絶反応について繰り返し説明し正しく理解させることで, 精神的不安の緩和につながった。
    患者自身が自己の感情を表現でき, 環境の変化に適応できるよう指導し, サポートしていく必要件を痛感した。
  • 1998 年 46 巻 5 号 p. 874-882
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
feedback
Top