日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
66 巻 , 6 号
選択された号の論文の21件中1~21を表示しています
第66回日本農村医学会総会特集
学会長講演
  • 青木 一雄
    2018 年 66 巻 6 号 p. 621-
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/05/02
    ジャーナル フリー
      I would like to begin our discussion of rural medicine by considering rural medicine from the perspective of public health and hygiene and discuss the role of rural medicine as social medicine in relation to public health, referring to the views and efforts of doctors who worked to support the Japanese Association of Rural Medicine from its early days. The Japanese Association of Rural Medicine was founded in 1952 and the first president, Dr. Toshikazu Wakatsuki, consistently argued the need to unify treatment and prevention if we truly want to improve health and medical care for farmers in rural areas, but that conventional medicine has become highly specialized and lacks a comprehensive perspective. Dr. Wakatsuki stressed that addressing these problems requires actions from a social point of view to achieve integration of medical practice and recognition that rural medicine should be social medicine by definition. Even in those days, his argument underscored the fact that rural medicine was essentially public health. Also, his thinking clearly complied with the World Health Organization’s definition of public health with minor modifications by, for example, replacing the original terms with more field-specific terms such as “communities” with “farming villages and rural areas”, “residents” with occupational fields, and “workers” with “farmers”. It has also been suggested that the essence of public health medicine is public health-minded professionals, as opposed to clinically-minded clinicians. Clinicians are primarily clinically and patient-oriented, while public health professionals are public health and population-oriented, focusing on communities and societies rather than on individual patients. These features of public health are also consistent with Dr. Wakatsuki’s view of rural medicine. I firmly believe that Dr. Wakatsuki rightly acknowledged public health and hygiene as the origin of rural medicine.
      As a second major topic, next we discuss how, in the midst of rapidly changing infrastructure and socioeconomic environments, the research findings, knowledge, and skills developed and accumulated by the pioneers in rural medicine can be effectively applied to advance rural medicine further. For this, we need to take a broader perspective and discard today’s inter- and intra-regional disparities in health and medical care. We need to confirm the true purpose and fundamental role of rural medicine and apply information and communication technology (ICT) in the field of social welfare, including health, medical, and nursing care. It is expected that ICT will enable us take new quantum leaps forward, and it is not an overstatement that the use of ICT holds the key to addressing various problems simultaneously, such as the quantity of health, medical, and nursing care (e.g., regional disparities in medical resources including manpower and medical devices) and its quality (e.g., regional and inter-institutional disparities in medical technology). To address disparities in the quantity and quality of medical care, we need to overcome these various inter- and intra-organizational challenges through close co ordination between the government, companies, and medical institutions. As stated earlier, ICT is a major tool to more easily overcome these challenges, enabling data sharing between the government, hospitals and clinics, insurance providers, and individual healthcare professionals. The efficient and effective use of ICT in healthcare, medicine, and social welfare in farming villages and rural areas is expected to provide solutions to various problems associated with rural medicine in different fields, guiding us to the next chapter of rural medicine.
特別講演1
特別講演2
特別講演3
教育講演1
教育講演2
教育講演3
市民公開講座1
市民公開講座2
金井賞受賞講演
メインシンポジウム
ワークショップ1
ワークショップ2
ワークショップ3
ワークショップ4
研究報告
  • 田村 直子, 牛久保 美津子
    2018 年 66 巻 6 号 p. 703-
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/05/02
    ジャーナル フリー
     病院完結型医療から地域完結型医療へのシフトに伴い,訪問看護の充実強化が求められ,在宅看護の視野をもつ看護師育成は緊急で重要な課題である。在宅看護の科目が看護教育カリキュラムに正式に位置づけられて約20年が経過した。しかし,いまだ,訪問看護師が同行訪問で指導する具体な実習指導方法は確立していないのが現状である。そこで,本研究は,訪問看護実習で熟練訪問看護師が学生を同行する際に,心がけて行なう学生への関わりを明らかにすることを目的とした。地方で活躍する熟練訪問看護師10名に半構造的面接調査を実施し質的帰納的分析を行なった。結果,7カテゴリ【緊張緩和をはかる】,【在宅療養生活の雰囲気を見て感じてもらう】,【個々の療養者宅にいち早く馴染めるようにする】,【コミュニケーション能力に合わせた対応から生活者の思いを知る機会をつくる】,【生活の中での看護ケア実践に繋げる】,【訪問の学びを言語化し次の訪問につなげる】,【学生が主体的にのびのび実習できるよう支持的姿勢で臨む】が抽出された。これら7つの関わりは,療養者宅に訪問する前・訪問中・訪問した後という時間的流れの中で使い分けられていた。
     訪問看護実習は,療養者と家族の生活の場で行なう実習であり,訪問時間が限られている。その中でたくさんのことが学べるよう,熟練訪問看護師は,移動時間を有効に活用していた。加えて,熟練訪問看護師は,個別性の高い必要なケアを療養者・家族に提供しながら,学生に対しては,生活を支援する看護の理解を深めるため複数の関わりを同時に行なっていた。
症例報告
  • 北方 悠太, 水野 吉雅, 小林 一博, 森 良雄, 勝村 直樹, 安田 憲生, 鷹津 久登
    2018 年 66 巻 6 号 p. 713-
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/05/02
    ジャーナル フリー
     近年,胸膜癒着療法に50%ブドウ糖液を用いた報告があり,当院でも施行している。症例は63歳女性,関節リウマチで通院中に胸部X線で異常陰影を指摘された。胸部CTで右肺下葉(S 6 )に結節影を認めた。術前に確定診断に至らなかったが画像上原発性肺癌が疑われた。またCT上,両肺下葉背側優位に蜂巣肺所見を認め,KL-6の上昇と合わせ,間質性肺炎合併が疑われた。右下葉切除術を施行したが,術後に気漏の遷延を認め,6日目に50%ブドウ糖液を用いた胸膜癒着療法を施行した。発熱や疼痛,間質性肺炎の急性増悪は認めず,気漏が改善し,7日目にドレーン抜去が可能であった。病理診断は原発性肺癌(扁平上皮癌,pT2aN0M0 Stage I B)だった。背景肺は病理学的にも間質性肺炎(UIP)と診断された。間質性肺炎合併肺癌の術後の気漏に,50%ブドウ糖液を用いた胸膜癒着療法によって気漏の軽快を得た症例を経験した。
  • 高木 理光, 橋本 英久, 中村 有美, 三輪 正治, 今井 信輔
    2018 年 66 巻 6 号 p. 718-
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/05/02
    ジャーナル フリー
     1年ほど前からの食欲低下と,体重減少,1か月前からの固形物摂取後の嘔吐,全身倦怠感を主訴として,当院内科を受診した60代男性で,上部内視鏡検査に加えて,腹部超音波検査による消化管の系統的走査により,胃角部の胃癌に加えて,横行結腸の腫瘍を術前に検出した症例を経験した。著明な貧血を認め同日入院となった。入院時上部消化管内視鏡検査にて胃癌が疑われ術前検査にて腹部超音波検査が施行された。消化管を系統的走査したところ胃角部に癌と思われる限局性の壁肥厚像を,横行結腸にも異常壁肥厚像を認め横行結腸癌を疑った。後日,下部消化管内視鏡検査にて横行結腸に2型病変を認めた。胃・大腸の重複癌であった。腹腔鏡下にて切除術が施行され,病理所見は胃角部低分化腺癌および横行結腸中分化型管状腺癌であった。腹部超音波検査において消化管を系統的に走査することで病変の見落としを防ぐことが出来た。また消化管の系統的走査は,1つの病変に目を奪われることなく他病変にも目を配ることができ検査精度の向上につながると考えられる。
feedback
Top