リハビリテーション医学
Online ISSN : 1880-778X
Print ISSN : 0034-351X
ISSN-L : 0034-351X
38 巻 , 3 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 2001 年 38 巻 3 号 p. 167-202
    発行日: 2001/03/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
  • 殷 祥洙, 益子 詔次, 山内 秀樹, 猪飼 哲夫, 米本 恭三
    2001 年 38 巻 3 号 p. 203-210
    発行日: 2001/03/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    寝たきり老人における廃用性骨粗鬆症に対する,予防的なリハビリテーションが近年重要視されている.今回我々は廃用状態下のラットにおける運動負荷が,その大腿骨に及ぼす影響について検討した.廃用ラットは後肢懸垂法により作成し,期間は8週間とした.運動は骨量増加に対する有用性が認められている動的抵抗運動である,ジャンプ運動を用いた.実験の結果,後肢懸垂群では骨密度および最大曲げ荷重量が有意に低下したのに対し,後肢懸垂中にジャンプ運動を行った群では通常飼育群と差を認めなかった.したがって動的抵抗運動が廃用症候群を来す環境下での骨萎縮の予防法として有用と考えられた.
  • 穐山 富太郎, 大城 昌平, 高橋 達也, 福田 雅文
    2001 年 38 巻 3 号 p. 211-218
    発行日: 2001/03/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    低出生体重児を対象として,NBASによる脳性麻痺児の診断活用の有用性を検討した.修正胎齢36~44週の期間に施行した3回のNBASの評価結果を正常発達児と比較した結果,脳性麻痺児群は,すべての行動クラスターで有意に低値,誘発反応クラスターで有意に高値であった.逐次変数増減変数選択法によるロジスティック回帰分析の結果,脳性麻痺児の特徴は,満期前には運動系と自律神経系,満期時以降は運動系と誘発反応の異常が顕著であった.ロジスティックモデルによる判別の結果,感度は85~93%,特異度は97%であった.NBASは脳性麻痺児の診断としても有用な評価法であると思われた.
  • 池田 善紀, 井上 正幸, 加藤 順一, 陳 隆明, 鹿住 敏
    2001 年 38 巻 3 号 p. 219-222
    発行日: 2001/03/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    The patient, a 25-year-old woman, was admitted to our hospital for comprehensive rehabilitation 7 years after traumatic spinal cord injury. On the 7th day after admission she lost consciousness. The physical examination revealed tachycardia, tachypnea and a pan-systolic murmur on the left sternal border between the 4th and 5th rib. The white blood cell count was 11, 310/μl and serum LDH was 5, 26IU/l. Arterial blood gases revealed 39mmHg. Chest X-ray revealed moderate cardiomegaly without evidence of pulmonary congestion. Ultrasonography showed marked right hypertrophy. Doppler flow study showed that systolic pulmonary artery pressure was 50mmHg. Swan-Ganz catheterization showed that pulmonary artery pressure was 45/22 (mean 31) mmHg. Thus, based on three findings the diagnosis of pulmonary embolism was established. We treated her with intravenous heparin. On the 3rd day from onset, she recovered her consciousness and pulmonary artery pressure normalized. Three weeks after the, onset, 99mTc-pulmonary perfusion scan showed a perfusion defect over S9 of the right lobe. To the best of our knowledge, there has been no report of a patient developing pulmonary infarction after such a long time after spinal cord injury.
  • 2001 年 38 巻 3 号 p. 223-227
    発行日: 2001/03/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
feedback
Top