リハビリテーション医学
Online ISSN : 1880-778X
Print ISSN : 0034-351X
ISSN-L : 0034-351X
40 巻 , 1 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 千野 直一
    2003 年 40 巻 1 号 p. 5-6
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
  • 2003 年 40 巻 1 号 p. 7-27
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
  • 神長 達郎
    2003 年 40 巻 1 号 p. 28-40
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    New methods and strategies in neuroimaging were briefly documented in this article. Magnetic resonance spectroscopy can depict various metabolites and their concentrations in brain parenchyma and even images for some metabolites can be obtained. Functional MRI as well as functional PET is well known as a tool for exploring cerebral functional anatomy. Many amazing results were revealed in the past literature using these novel functional tools. Diffusion weighted images are used for detection of cerebral infarction and tractgraphy. PET can also depict neuro-transmitter imaging in vivo, which is useful for Parkinson's syndrome, dementia and psychiatric diseases. These new modalities will become increasingly significant in neurology, neurosurgery, psychiatry and radiology during this century.
  • 山内 秀樹, 河井 宏之, 益子 詔次, 木村 真規, 宮野 佐年, 米本 恭三
    2003 年 40 巻 1 号 p. 41-48
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    若年ラットを用い,非荷重と再荷重に伴う骨応答と等尺性抵抗運動の影響を検討した.3週間の非荷重によりDXA法によって評価した大腿骨全体の骨密度は6%の低下(p<0.05)を示した.長軸方向に7等分した領域別に骨密度を比較した結果,すべての領域で非荷重による骨密度の低下を認めたが,その低下率は骨幹部より骨端部や骨幹端部で顕著であった.低下した骨密度は3週間の再荷重により回復傾向を認めたが,骨全体で対照群に比べ3.4%低値(p<0.05)であった.再荷重後の骨密度の低値は骨幹部と遠位骨幹端及び骨端部において観察された.骨1/2部位における最大破断荷重,エネルギー,変形量に非荷重や再荷重の影響はみられなかった.非荷重ならびに再荷重期間に負荷した等尺性抵抗運動はいずれの評価項目においても,骨量低下やその回復に対する有用性は確認されなかった.運動負荷が副腎重量を増加させた結果から,グルココルチコイドによる骨量低下作用が一部関係している可能性が考えられた.以上の成績は,非荷重による骨密度低下は部位特異的であること,非荷重によって低下した骨密度の再荷重後の完全な回復には長期を要することを示唆する.効果的な対処法の確立には,今後も更なる検討が必要である.
  • 安保 雅博, 山内 秀樹, 渡邉 修, 宮野 佐年, 米本 恭三, Börje BJELKE
    2003 年 40 巻 1 号 p. 49-56
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    脳損傷をphotothrombosis手法を用い右感覚運動野に生じさせ,急性期から経時的に,T2強調像,拡散強調像,灌流画像を用い評価した.約6時間で浮腫や損傷部のダメージがピークとなった.損傷部位は,画像的に浮腫と壊死に分けることができ,ADC(拡散係数)は術後6時間後から上昇し偽正常化を経て24時間後には有意に上昇した.損傷部位における相対的血流量の経時的変化は認められなかった.T2強調像,拡散強調像,灌流画像を組み合わせた方法は,急性期の脳損傷の評価に有効であり,このモデルラットは非常に高い生存率を示し損傷部位も早期に安定した.
  • 鈴木 美保, 園田 茂, 才藤 栄一, 加藤 友久, 坂井 剛
    2003 年 40 巻 1 号 p. 57-67
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    高齢障害者のADLに対する歯科治療効果を明らかにするために, 歯科評価, 歯科以外の介入情報, ADL, QOLを含む機能評価からなる調査表を作成し, 歯科治療前・後の状態を前方視的に比較検討した. 対象は歯科治療が必要な高齢障害者70名 (施設入所55名, 在宅15名) で, 治療前・後および治療終了6週後における各調査項目の中央値の差の検定を行った. 治療前・後の比較では, 歯科治療により, FIM選択合計点数 (中央値42, p<0.01)など多数項目にわたって改善が認められた. 歯科以外の介入と各調査項目の改善との間には相関がなかった(γ=-0.096). 歯科治療は, 口腔機能を改善し, それが食事機能の向上, 患者の活動性に影響を及ぼし, ADL, さらにQOLも改善したと考えられた.
  • 中澤 公孝, 赤居 正美
    2003 年 40 巻 1 号 p. 68-75
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    Recent progress in the field of neurophysiology has revealed that locomotor-like electromyographic activity can be induced in paralyzed lower limb muscles in human by a particular mode of stimulation to peripheral receptors. This fact is supposed to be an indirect evidence for existence of the central pattern generator (CPG) in human spinal cord. On the basis of these neurophysiological background, a new type of locomotor training, such as the treadmill stepping with a partial body weight unloading, for spinal cord injured (SCI) patients has been developed, and certain benefit of such training to locomotor restoration has been reported. Together with animal studies, researchers in this field are now paying more attention on plasticity in spinal neural circuits. In this short review recent studies on the spinal CPG and plasticity in human spinal neural circuits are summarized and discussed with potential benefit of those new findings for locomotor restoration in SCI patients.
  • 赤居 正美
    2003 年 40 巻 1 号 p. 76-80
    発行日: 2003/01/18
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
    Joint contracture is a consequence of immobilization or various traumas, and is one of the most prevalent syndromes encountered in rehabilitation medicine. Histological and biochemical changes of matrix components occur, and their biomechanical characters, which reflect surrounding mechanical environments, respond to a newer condition. Quantitative studies have been accumulated to clarify the relationship between mechanical stress and tissue response. The research results show that low-load constant tension is effective to grow connective tissues and is a useful treatment for fixed joint contracture. The basic concept of treatment was prevention, and induction of tissue reaction with prolonged stretch. The program of treatment consists of positioning, ROM-exercise and functional splinting, which including extraskeletal fixation, dynamic sprint and other devices. For further improvement of treatment, new corrective device and therapeutic equipment will be required on the basis of further understanding about pathomechanisms of contracture development.
feedback
Top