リハビリテーション医学
Online ISSN : 1880-778X
Print ISSN : 0034-351X
ISSN-L : 0034-351X
42 巻 , 11 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
短報
  • 徳永 誠, 桂 賢一, 渡邊 進, 橋本 洋一郎, 中西 亮二, 山永 裕明
    2005 年 42 巻 11 号 p. 772-777
    発行日: 2005年
    公開日: 2006/09/22
    ジャーナル フリー
    急性期病院から当院への転院時における心原性脳塞栓症患者の抗凝固療法が, 脳卒中治療ガイドライン2004 (ガイドライン) の推奨する範囲内にある割合について後ろ向き調査を行った. 対象は急性期病院から当院に転院してきた心原性脳塞栓症患者連続26例 (男性15例, 女性11例, 平均年齢70.3±13.6歳) である. 脳梗塞発症から当院入院までの日数は平均20.0±14.0日, 転院時の診療情報提供書に急性期病院でのプロトロンビン時間の国際標準比 (INR) 検査結果が記載されていた割合は65% (17例/26例), 急性期病院がINR目標値を指示してきた割合は38% (10例/26例) にすぎず, この10例の指示INRはガイドラインの推奨とは一致せず患者により異なっていた. 当院入院時のINRは1.1~3.2, 平均2.0±0.6であり, INRがガイドラインの推奨する範囲内にあったのは58% (15例/26例) であった. 当院入院中にINR>4.0となった患者は3例 (12%) で, ブコローム併用, INR検査不足が原因と考えられた. 当院退院においても8例 (33%) ではガイドラインの推奨する目標INRを外れていた. 脳梗塞患者が急性期病院からリハビリテーション (リハ) 病院へ転院する時期は今後全国的に早まり, 抗凝固療法が安定する前にリハ病院が脳梗塞患者を受け入れる機会が増えることが予想される. そのため急性期病院とリハ病院の医師は, 患者の抗凝固療法に関する情報を共有し, 抗凝固療法の問題点を把握し, ガイドラインに沿った治療を行う必要がある.
症例報告
  • 小林 由紀子, 赤星 和人, 原 行弘, 辻内 和人, 岡村 陽子
    2005 年 42 巻 11 号 p. 778-782
    発行日: 2005年
    公開日: 2006/09/22
    ジャーナル フリー
    In the rehabilitation of traumatic brain injury, emotional disorders such as a quick temper, depression and irritability are a critical problem, as well as cognitive dysfunctions such as impairment of attention and memory. In addition, it is rare that they are completely isolated and cognitive dysfunction and emotional disorders tend to have an influence on each other. In other words, the stress caused by cognitive dysfunction induces an aggressive emotional disturbance, and unrest of mood accelerates cognitive dysfunctions such as memory and judgment. Therefore, it is important to consider their emotional states when we start rehabilitation for patients with traumatic brain injury. We had a valuable experience in early rehabilitation of two patients with traumatic brain injury. We had very good results by thinking about the emotional disorder first, and thereafter training for the cognitive dysfunction. Case 1, a young male, was a computer programmer. After suffering a traumatic brain injury, he could not think logically and he had many emotional problems with his mother. Case 2 was a middle-aged housewife. She became depressive and negative towards rehabilitation, because of her memory problems post traumatic brain injury. We administered a rehabilitation regime which attached great importance to treating the emotional disorders affecting these two patients. As a result, in the early phase, we were able to make progress in cognitive rehabilitation as well as improving their emotional problems by our intervention, and they overcame their cognitive dysfunctions and resumed their normal daily lives in a month.
  • 2005 年 42 巻 11 号 p. 731-743
    発行日: 2005/11/18
    公開日: 2010/02/05
    ジャーナル フリー

     
    専門医の資格更新に関する疑義について…731

    第32回日本リハビリテーション医学会関東地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会…732

    第18回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会…733

    第19回日本リハビリテーション医学会九州地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会…734

    日本医学会だより…735

    専門医・認定臨床医生涯教育研修会…743
報告
第42回日本リハビリテーション医学会学術集会
パネルディスカッション
第2回 専門医試験問題
地方会
Top