リハビリテーション医学
Online ISSN : 1880-778X
Print ISSN : 0034-351X
ISSN-L : 0034-351X
42 巻 , 6 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
短報
  • 三石 敬之, 三石 京子, 中西 亮二, 山永 裕明
    2005 年 42 巻 6 号 p. 412-417
    発行日: 2005年
    公開日: 2006/09/22
    ジャーナル フリー
    嚥下障害を呈したWallenberg症候群において, 食塊の輪状咽頭部優位通過側とその経時的変化を検討した. 対象は, Wallenberg症候群29例. 嚥下造影の正面像を観察し, 優位通過側を決定した. 9例に患側が優位通過側である時期がみられた. 5例は患側優位の通過が見られた後, 健側優位の通過へ移行した. 1例は両側不通過, 患側優位, 健側優位の順に変化した. 3例は患側優位の通過のみみられた. 20例は患側優位の時期が確認できなかった. Wallenberg症候群における食塊の輪状咽頭部優位通過側は患側の場合があり, また, 経時的に変化する症例が存在することが確認された. 直接的嚥下訓練における代償法として一側嚥下や頸部回旋を行う際には, 優位通過側の経時的確認が重要であると考えられた. Wallenberg症候群における嚥下障害の病態理解に際して, 患側輪状咽頭筋の弛緩状態を加味する必要があると考えられた.
症例報告
  • 川上 途行, 山田 深, 里宇 明元, 田中 尚文, 高橋 宣成, 長谷 公隆
    2005 年 42 巻 6 号 p. 418-422
    発行日: 2005年
    公開日: 2006/09/22
    ジャーナル フリー
    We report a patient with stroke presenting with great toe hyperextension and loss of ambulation following selective tibial nerve neurotomy. A 50-year-old woman developed double hemiparesis and dysarthria following two attacks of cerebral infarction on September 23 and October 3, 1996. After rehabilitation treatment, she became ambulant indoors with an ankle foot orthosis. About 11 months post stroke, walking became increasingly difficult due to exaggerated spasticity and consequent equinovarus and claw toe deformities on the right side. She underwent selective tibial nerve neurotomy in February 1999, and although these deformities were improved, prominent hyperextension of her great toe appeared after about 2 weeks postoperatively. Because of severe pain accompanying the deformity and misfit of the orthosis, she became unable to stand and progressively more dependent in activities of daily living. Four years after the neurotomy, she was referred to us in August 2003. On supported standing, marked hyperextension of her great toe and equinovarus deformities appeared on the right side, and we performed phenol motor point blocks on the extensor hallucis longus (EHL), flexor digitorum longus and tibialis posterior to reduce their overactivity. The deformities were improved and she was able to practice walking with a brace again.
報告
第41回日本リハビリテーション医学会学術集会
パネルディスカッション
第41回日本リハビリテーション医学会学術集会
ワークショップ
地方会
feedback
Top