全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
46 巻 , 4 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 雨貝 孝, 糸井 マナミ
    1996 年 46 巻 4 号 p. 315-325
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 伊藤 譲, 松本 勅, 川喜田 健司
    1996 年 46 巻 4 号 p. 326-333
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    前脛骨筋腱末端をプッシュプルゲージに連結して等尺性単収縮張力を測定し, 筋直接電気刺激負荷 (1, 10, 20, 30, 50Hz) による張力減少状態を調べ, さらにそれに対する置鍼の影響を検討した。各負荷後に張力減少が起り, 減少の程度は刺激が高頻度ほど大きかった。30Hzの電気刺激負荷後に10分間置鍼すると張力減少は有意に軽減し, かつ回復が促進された。負荷後に血管結紮すると張力減少の増強傾向がみられたが, 結紮後に置鍼を加えると初期の張力減少が軽減した。上位神経を切断しても置鍼の効果は出現した。この結果から, 置鍼により負荷後の張力減少が軽減するが, その作用には軸索反射等の末梢機序による血管拡張が関与していることが示唆された。
  • 松本 勅, 寺沢 宗典, 田和 宗徳
    1996 年 46 巻 4 号 p. 334-339
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    京都府内の農林業を主体とする日吉町および農漁業を主体とする丹後町の老人会会員を対象に, 30項目の愁訴および疾患の有無についてアンケート調査を行い, それぞれ765名 (回収率76.7%) およ608名 (60.4%) の回答を得た。両町ともに腰痛が最も多く, 46%を占め, 次いで肩こり, 足部痛が30%台で多く, さらに高血圧, 頻尿, 足冷え, 膝痛, 眼疾患, 肩痛, 腕痛が10位以内にみられた。両町は数項目で順位が異なったが, 率は極めて類似していた。2町の有訴率は, 厚生省の国民生活基礎調査での老人の有訴率の2倍以上と多く, これは長年にわたって農林漁業という重労働に従事して肉体を酷使した結果と考えられ, 苦痛で苦しんでいる潜在患者が多く存在することが分かった。
  • 堀 紀子, 山下 仁, 津嘉山 洋, 坂井 友実, 西條 一止
    1996 年 46 巻 4 号 p. 340-344
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    当診療所において我々が鍼治療を行った五十肩の症例を集積し、鍼治療の効果について検討した。
    1) 21例の五十肩の症例が集積された。
    2) 鍼治療経過中に15例 (71%) の自覚症状が改善した。
    3) 鍼治療後に運動時痛の67%、安静時痛の44%、夜間痛の56%で一時的軽減 (数時間~数日間) を認めた。
    4) 治療後に疼痛軽減が得られなかった症例は、脱落する傾向がみられた。
    五十肩に対する鍼治療は、疼痛の軽減に対して効果的であった。また、運動療法の併用により、拘縮予防に役立つ期待がもたれた。
  • 芳野 温, 尾崎 昭弘, 竹田 英子, 中村 満, 矢野 忠
    1996 年 46 巻 4 号 p. 345-353
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    鍼灸治療における感染防止の指針が刊行されて3年有余の歳月が経過した。そこで鍼灸治療での環境衛生の取り組みや、感染防止の意識がどの様に変化したかを調査した。対象は、大阪府と京都府の鍼灸師会に所属する会員とした (n=349)。その結果、感染に対する不安は約7割強が感じていた。院内の清潔保持に対する関心は8割弱と高かった。使用鍼はディスポーザブル鍼と再使用鍼の併用が過半数 (57%) を占めた。使用後の鍼は、約半数が滅菌処理をせずに廃棄をしていた。リネン類の患者毎の交換は、枕カバーが約7割であったのに対して、タオルとシーツはそれぞれ2割と1割であった。白衣は、1週間以内に約7割が交換していた。院内の清掃はほとんどが毎日行っていると答えたが、スリッパの消毒は過半数が行っていなかった。カーテンの洗濯は、3ヶ月~6ヶ月毎に行うと回答した者が約半数であった。オートクレーブの設置率は90%に留まり、100%ではなかった。自己感染の予防対策では、臨床経験を積むにつれて関心が薄れる傾向が見られた。
  • 神 正照
    1996 年 46 巻 4 号 p. 354
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 植西 憲達, 熊田 知浩, 高橋 剛士, 生駒 晃彦, 青柳 信寿, 濱洲 晋哉, 野元 進
    1996 年 46 巻 4 号 p. 355-360
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 中村 清
    1996 年 46 巻 4 号 p. 361-363
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 黒須 幸男
    1996 年 46 巻 4 号 p. 370-372
    発行日: 1996/12/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top