日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
ISSN-L : 0285-4945
15 巻 , 9 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
  • 福崎 誠, 蓮尾 浩, 澄川 耕二
    1995 年 15 巻 9 号 p. 599-601
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
  • 早川 準, 磨田 裕
    1995 年 15 巻 9 号 p. 602-607
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
  • 長田 直人, 莫根 正, 義川 剛太郎, 竹下 美智代, 高崎 真弓
    1995 年 15 巻 9 号 p. 608-611
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
  • 武田 昭平
    1995 年 15 巻 9 号 p. 612-615
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 紀, 宮部 雅幸, 川真田 樹人, 中江 裕里, 表 圭一, 並木 昭義
    1995 年 15 巻 9 号 p. 616-619
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    咽喉頭全摘出術患者10名にリドカインを用いて頸部硬膜外麻酔を施行し,反復投与による血漿リドカイン濃度の推移を検討した.笑気酸素-セボフルランを用いた全身麻酔下で,初回に20万倍エピネフリン添加2%リドカイン3mg/kgを投与し,1時間後より1時間ごとに20万倍エピネフリン添加1.5%リドカインを循環動態に応じて1~2mg/kg追加投与した.初回投与後,血漿リドカイン濃度は15分でピークに達し,追加投与直前の1時間後に最低となった.初回投与3.5時間後に2.6±0.6 (SD) μg/mlに達した後は,およそこの血漿中濃度で安定した.長時間にわたる頸部手術における頸部硬膜外麻酔併用全身麻酔では,安全なリドカイン血漿濃度を維持できることが示された.
  • 鈴木 久人, 高橋 光太郎, 坂井 美賀子, 柳本 政浩, 後藤 幸生
    1995 年 15 巻 9 号 p. 620-623
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    全身麻酔下の調節呼吸中の患者50名を対象に,携帯用のエコーを用いて内頸静脈断面積の呼吸性ならびに体位による変動を測定した.すなわち仰臥位,10度,20度トレンデレンブルグ体位で,それぞれ呼気終末時,吸気終末時,吸気加圧プラトー時における値を比較検討した.その結果,1. 仰臥位呼気終末時断面積0.54±0.22cm2に対し,吸気終末時0.79±0.26cm2,吸気加圧プラトー時には1.18±0.44cm2と有意に増大した.2. 体位変動ではことに20度トレンデレンブルグ位での吸気終末時には0.69±0.28cm2,吸気終末時0.89±0.32cm2,吸気加圧プラトー時1.29±0.45cm2と仰臥位時に比し有意に増大した.3. 内頸静脈断面積に与える影響は呼吸性の影響のほうが,体位による変動よりはるかに大きかった.
  • 坪 敏仁, 荒木 功, 石原 弘規, 松木 明知
    1995 年 15 巻 9 号 p. 624-627
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    経食道心エコーを用いて間欠的陽圧呼吸の循環動態へ及ぼす影響を検討した.対象は全身麻酔時の整形外科手術患者23例とした.測定項目は上大静脈径,右房面積,右室面積,肺動脈血流,肺静脈血流および左房径とした.上大静脈径および肺動脈血流は,吸気時にはそれぞれ1.13±0.08cmと55.20±4.53 cm・sec-1であったが,呼気時にはそれぞれ1.37±0.08 cmと66.73±5.57cm・sec-1と上昇した(p<0.001).右房面積,右室面積も呼気時には増加したが(p<0.001),肺静脈血流および左房径には著明な変動は認めなかった.全身麻酔中の間欠的陽圧呼吸による循環変動は,右心系への前負荷の減少で説明が可能であった.
  • 倉光 せつ, 河田 竜一, 村上 真理, 黒田 泰弘, 村川 敏介, 坂部 武史
    1995 年 15 巻 9 号 p. 628-632
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    膝関節鏡視下手術終了時に,膝関節内に注入した各種鎮痛薬の効果を術式別に検討した.術式は,滑膜切除の有無で2群に分けた.鎮痛薬として,モルヒネ1mg,フェンタニール30μg,ブプレノルフィン60μgをそれぞれ生理食塩水20mlに希釈して用い,対照群では生理食塩水20mlのみを注入した.鎮痛効果はvisual analogue scale (VAS)で判定した.滑膜切除術は,滑膜非切除術に比しVASが高い傾向にあり,鎮痛薬は無効であった.滑膜非切除術では,術後24時間以降のVASが,モルヒネ群で対照群に比し,有意に減少した.いずれの群においても鎮痛薬による副作用は認められなかった.鎮痛薬の関節内注入による術後鎮痛には限界があるが,術式を選べば効果が期待できると思われた.
  • 小幡 英章, 藤田 尚, 布施 嘉亮, 萩原 一昭, 田島 夕紀子
    1995 年 15 巻 9 号 p. 633-638
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    開胸術予定患者80人を対象に,術前から胸部持続硬膜外ブロックを開始した群(PRE群,40例)と,術後から開始した群(POST群,40例)で,術後疼痛を比較した.両群ともGOIによって全身麻酔を維持し,胸部持続硬膜外ブロックは1.5%メビバカイン4mlを1回投与後,4ml/hの速度で術後72時間まで行なった.安静時のvisual analogue scaleは術後4, 24, 48, 72時間の時点で,PRE群で有意に低く(P<0.05),補助鎮痛薬投与量は,術後24時間までの間でPRE群は有意に少なかった(p<0.05).胸部持続硬膜外ブロックによるpreemptive analgesiaは開胸術後の疼痛を軽減すると思われた.
  • 渡辺 達夫, 越 郁磨, 塚田 久美子, 笠原 浩
    1995 年 15 巻 9 号 p. 639-643
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    静脈穿刺の疼痛を軽減するために,10%リドカインを用い1mAで10分間のイオントフォレーシスと外径0.25mm注射針による浸潤麻酔を併用し,その減痛効果を検討した.同一被験者の左右同名静脈について,一方をイオントフォレーシスを用い,他方はこれを用いず静脈穿刺を行ない比較検討した.疼痛の比較は,局所麻酔注射針の穿刺時,局所麻酔薬の注入時,翼状針の皮下刺入時,静脈穿刺時の4時点で行ない,VAS (0~100)を用いて評価し総合的に判定した.実験側で最もVAS値が高値となった時点での平均VASは11±16で,対照側では20±23となり有意差を認め,この併用法によりほぼ無痛的な静脈穿刺が可能であることが明らかとなった.
  • 西澤 政明, 風間 久美子, 成田 昌広, 安藤 尚美, 市瀬 章, 小田切 徹太郎
    1995 年 15 巻 9 号 p. 644-648
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    全身麻酔下,セメントレス人工股関節全置換術中に脂肪塞栓症候群(FES)を発症し,意識障害を残した症例を報告した.術中は一過性のSpO2低下を除きバイタルサインはきわめて安定しており,発症にまったく気がつかなかった.手術終了頃よりETCO2とPaCO2の解離がみられ,覚醒せず中枢神経症状を呈したためFESを疑った.診断は術後の臨床および検査所見からなされたが,特に頭部MRIは脳内所見の検出に有用であった.本症例はDICを合併し,全身状態が安定したところで高圧酸素療法を行なったが,10ヵ月経過した現在も意識障害が続いている.麻酔中,呼吸・循環動態に著しい変化が認められなくても,重症FESが発症していることがある.
  • 佐藤 俊, 佐藤 大三, 皆瀬 敦, 橋本 保彦
    1995 年 15 巻 9 号 p. 649-653
    発行日: 1995/11/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
    シェーグレン症候群にクリオグロブリン血症を合併した患者の常温人工心肺下の開心術の麻酔を経験した.本症例では,常温人工心肺中に血管拡張薬を投与せずに,数種類の麻酔薬を併用し,良好な血行動態を保ちつつ可能なかぎり麻酔深度を深くした.常温人工心肺中に麻酔深度が不十分となると,脳の酸素消費量の増大を招き,脳神経傷害を引き起こす危険がある.麻酔必要量に関して今後検討を加えていく必要があると考えられる.
feedback
Top