日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
最新号
選択された号の論文の24件中1~24を表示しています
原著論文
症例報告
  • 田和 聖子, 内本 亮吾, 藤田 文彦, 北 仁志
    2018 年 38 巻 5 号 p. 600-605
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    全身麻酔の覚醒時に,患者が夢を見ていたと発言することがあるが,その頻度と内容を,アンケート方式により調べた.夢を見ていたと言えるには,まず夢を見ることとそれを思い出すことが必要になる.夢を見た人は23%で,その中には内容を思い出せる人と,夢は見たが内容は思い出せない人がいた.夢を見た群は見ない群に比べ平均年齢が約10歳若かった.夢を見た群の3人と見ない群5人の脳CT(またはMRI)を計測すると,見た群では脳萎縮が少ない傾向だった.また,思い出せた夢の内容は94%が普通の夢だった.

  • 木本 文子, 別府 幸岐, 境 徹也, 深野 拓, 南 ひとみ
    2018 年 38 巻 5 号 p. 606-610
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    症例は43歳女性で,両頸部から肩にかけての痛みを主訴に麻酔科を受診した.頸肩部の筋緊張が強いため,筋筋膜性疼痛症候群を疑い,各種神経ブロックを行ったが,効果は一時的であった.また,初診時より,喉頭の絞扼感および嚥下困難が認められたが,軽度であったため経過観察としていた.初診時から5年後,頸肩部痛に加え,嚥下困難および食後頻回の嘔吐を生ずるようになった.嚥下造影検査で食道拡張,造影剤の食道停滞の所見があったため,食道アカラシアと診断された.内視鏡的食道筋層切開術後,嚥下障害は劇的に改善し,頸肩部痛も消失した.この診療経過から,頸肩部痛が食道アカラシアの関連症状であると考えられた.

短報
  • 大槻 郁人, 久米田 幸弘, 山蔭 道明
    2018 年 38 巻 5 号 p. 611-614
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    日本麻酔科学会は2015年に周術期禁煙ガイドラインを公表したが,喫煙による周術期のリスクについてどの程度患者と家族に周知されているかは不明である.喫煙が周術期に与える影響について当院術前外来を受診した手術患者とその家族に対しアンケート調査を行った(有効回答数145名).回答者のうち37.2%が喫煙による周術期リスクを知らなかった.喫煙歴のある患者のうち48.2%が手術直前まで喫煙を継続していた.周術期リスクの認知度と手術直前までの喫煙の有無について有意な関連(P=0.013)を認めた.喫煙による周術期リスクについての認知度は高いとは言えず,各科と連携してさらなる術前からの啓発が必要である.

日本臨床麻酔学会第37回大会 教育講演
日本臨床麻酔学会第37回大会 シンポジウム ─CVCI発生:その時困らないため,決めておきましょう─
  • 中澤 弘一, 磯野 史朗
    2018 年 38 巻 5 号 p. 627
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー
  • 水本 一弘
    2018 年 38 巻 5 号 p. 628-633
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    心肺蘇生では,米国,ヨーロッパと日本でそれぞれの地域団体が独自のガイドラインを作成,公表しているが,いずれも共通の国際コンセンサスに基づいており,ガイドラインによる差違は臨床上問題にならない.一方,気道管理に関するガイドラインは,米国のASA,英国のDAS,そして日本のJSAなどそれぞれの団体が独自の経緯で作成,公開しており,統一性はない.それぞれ異なる特徴を有する3つの気道管理ガイドラインであるが,cannot ventilate,cannot intubate(CVCI)での戦略はほぼ同じである.現時点では,視認性に優れ,判断基準が換気可否であるJSAが優位にある.

  • 中川 雅史
    2018 年 38 巻 5 号 p. 634-637
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    JSA-AMAでのイエローゾーン,レッドゾーンとは,換気が十分でない緊急事態である.ここを無事乗り切るためには,迅速対応による秒単位の時短が求められる.そのために,スムーズな物品準備と使用物品に習熟しておく必要がある.しかし,麻酔科医だけが器具の使用法を理解し,訓練してもうまくいかない.まず,危機的状況を認識し,危機的状況を宣言し,コマンダーを決める.コマンダーの指示で,必要な援軍,必要な物品を集め,使えるように準備する.そしてチーム全体で,情報収集をし,連携を取り,安全な気道確保を目指す.これらがうまくいくためにはテクニカルスキルだけでなくノンテクニカルスキルのトレーニングをチーム全体で行う必要がある.

  • 木山 秀哉
    2018 年 38 巻 5 号 p. 638-645
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    フェイスマスク,気管チューブ,声門上器具による気道確保と換気がすべて不可能な場合,残された手段は前頚部からの外科的気道確保である.挿管不能・酸素化不能な緊急時,気管へのアクセス経路となる輪状甲状膜の迅速かつ正確な同定は難しい.困難気道が予想される患者では,麻酔導入前に超音波検査で輪状甲状膜をマーキングすることが有用である.輪状甲状膜切開と穿刺の比較では,成功率と所要時間の点で明らかにメスを用いた外科的切開が優れているが,依然麻酔科医は「穿刺」を選ぶ傾向がある.CICOの対処は迅速な決断が不可欠で,麻酔科医は他職種からの積極的な提案(Co-PILOT等)を受け入れる素地を備えるべきである.気道管理の流れを同心円状に示したThe Vortexは分岐が多い従来のアルゴリズムよりも理解が容易で緊急時の判断の一助となり得る.

  • 金 史信
    2018 年 38 巻 5 号 p. 646-651
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    換気・気管挿管のいずれも不可能な状況(CVCI)かつ患者が心停止に至るという極めてまれな事態に陥った場合にどのように対応すればよいだろうか? 残念ながらCVCIかつ心停止となった時点で患者を救命することはほぼ不可能である.日本蘇生協議会が発行した心停止アルゴリズムでは胸骨圧迫による循環の維持が最優先事項であるが,外科的気道確保が必要となる状況は想定されていない.現時点で有効な対応策はなく居合わせたスタッフは混乱する.その結果,患者は死に至る.CVCI対応中に心停止となった場合は患者の命を失うことを覚悟しておくべきである.

  • 中澤 弘一
    2018 年 38 巻 5 号 p. 652-658
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    CVCIはマスク換気も気管挿管もできないという極めてまれな偶発症である.CVCIは術前評価による予測と再発防止が重要である.気道確保困難に遭遇した麻酔科医は,気道確保時にマスク換気,声門上器具挿入,喉頭展開,気管挿管のいずれに問題があったのか,そしてその問題に誰がどのように対処し,何を用いて気道確保したのかを麻酔記録に詳細に記述し,麻酔科・手術室スタッフだけでなく,主治医と病棟スタッフと情報を共有し,患者本人や家族には情報提供する必要がある.術後には院内のみならず,医療機関間でも医療上の問題を共有できるような社会的基盤の整備が必要である.

〔日本区域麻酔学会〕
  • 佐藤 裕
    2018 年 38 巻 5 号 p. 660-665
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    超音波ガイド下神経ブロック法は,創生期以来のランドマーク法や電気生理学的神経同定法である電気刺激ガイド下法を補完するものとして2000年以降世界的な普及を見たものである.今日従来の神経ブロック法は,ほとんどが超音波ガイド下法でより安全・確実に行われるようになっている.本法の普及に伴い,超音波画像診断装置の特性を生かした教育法の必要性が認識されるようになり,教育のガイドラインが策定される機運にある.超音波画像診断の特徴を生かした各種体幹のブロックが報告される今日,基本となる超音波医学および超音波解剖の基礎知識を踏まえた教育システムの展開と普及が急務である.

〔日本区域麻酔学会〕 症例報告
  • 野口 智子, 北山 眞任, 斎藤 淳一, 中井 希紫子, 廣田 和美
    2018 年 38 巻 5 号 p. 666-670
    発行日: 2018/09/15
    公開日: 2018/11/08
    ジャーナル フリー

    全身麻酔下手術への末梢神経ブロック併用は,周術期のオピオイドの使用を減少させるが,単回施行ではブロック効果の消失に伴い“痛みの増強(Rebound pain)”が出現する可能性が指摘されている.今回われわれは単回の腕神経叢ブロック施行後にRebound painのために疼痛コントロールに難渋した2症例を経験した.Rebound painの原因や機序を解明するために発症しやすい手術術式や関連する因子を検討する必要がある.またRebound painを防ぐため,ブロック効果消失のタイミングを症例ごとに検討し,それに応じた疼痛管理を施行していく必要性が示唆された.

第23回日本麻酔・医事法制(リスクマネジメント)研究会 医療安全
特集:産科麻酔(第2回)
feedback
Top