日本がん看護学会誌
検索
OR
閲覧
検索
22 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著
  • 北添 可奈子, 藤田 佐和
    22 巻 (2008) 2 号 p. 4-13
    公開日: 2017/01/19
    ジャーナル フリー

    要 旨

    本研究の目的は,外来化学療法を受けるがん患者の“前に向かう力”はどのようなものであるかを明らかにし,適応のプロセスを促進させる看護の示唆を得ることである.外来化学療法を受けているがん患者10名を対象に半構成的な面接法を用いてデータ収集し,因子探索型持続比較分析を行った.その結果,“前に向かう力”として【生きることへの信念】【自己の能力の放出】【自己のあり様の創出】【日常的価値の発見】の4つの要素が明らかになった.【生きることへの信念】は他の要素の原動力になっており,患者は生への強い願いを抱きながら,自分自身の能力でできる事柄に懸命に取り組んでいた.またがんや化学療法という現実に向かっていくために,自分自身のあるべき姿を創り出したり,生や日々のありがたさに気づき価値をみいだすとともに,それらの事柄に懸命に取り組もうとしていた.看護師は患者が日常生活のなかにうまく外来化学療法を組み込み,主体的な療養生活を送ることができるように,患者の生きる希望を支えることによって,“前に向かう力”を高め,適応を促進させることができると考える.

    抄録全体を表示
  • 国府 浩子
    22 巻 (2008) 2 号 p. 14-22
    公開日: 2017/01/19
    ジャーナル フリー

    要 旨

    本研究は,乳がん患者が初期治療選択を行う過程で経験している困難を明らかにし,乳がん患者のよりよい初期治療選択への看護支援に資することを目的とした.乳がんのⅠ期またはⅡ期と診断された患者のうち,医師より初期治療の選択肢を提示され,その選択を任された21名を対象として,半構成的面接調査と参加観察を実施し,質的帰納的に分析した.

    その結果,乳がん患者が初期治療選択を行う過程で経験する困難として,【自分の状況を正確に把握しイメージできない】【不確かな状況や一般論では判断しにくい】【医療者に対する遠慮やためらいで相談しにくい】【家族に気を使いサポートは期待できない】【何もかもが気になり不安で仕方ない】【辛さや理不尽な感情で一杯になり冷静に考えられない】【情報の多さや周囲の影響で揺れ動く感情に戸惑う】【命と自己決定責任の重みに圧倒される】の8つのカテゴリーが明らかになった.さらに,乳がん患者の意思決定における困難さの関係は,精神的に不安定な状況で冷静に考えられないが中核となり,判断のよりどころとなるものが不確かである,家族や医療者からのサポートが受けにくい,命と自己決定責任の重みに圧倒されるが精神的な不安定な状況を助長する要因ととらえられた.

    抄録全体を表示
  • 浅野 美知恵, 佐藤 禮子
    22 巻 (2008) 2 号 p. 23-33
    公開日: 2017/01/19
    ジャーナル フリー

    要 旨

    本研究の目的は,筆者ら(2003)が開発した消化器がん手術後患者と家族員の社会復帰を促進する外来看護援助を実施し,援助内容を精錬することである.対象は,病名を告知され消化器がん術後外来に通院する成人患者とその家族員.研究方法は,開発した看護援助を受持ち看護師として2カ月間実施すると同時に,援助に対する反応を参加観察法および半構成面接法によりデータ収集を行う.研究協力施設の倫理委員会の承諾を得て開始.データ分析は,記述資料から「対象者の変化」と対象者の変化をもたらした「看護援助」の記述を抽出し,質的・帰納的方法で行う.研究に同意した20組の患者と家族員による結果は,以下である.対象者の変化は,14カテゴリが得られ,心がひらかれる,自分の健康は自分で創り出す,など4つの意味の変化に分類された.変化をもたらした看護援助は,9カテゴリが得られ,心の扉の開放,内なる力の引き出し,など3つの意味の援助に分類された.これらの結果から,特徴的看護援助として,消化器がん術後の状況変化に対する了解を促し,病気と共に生きる活力を保持するための自己肯定力を引き出す,など4つ導き出された.

    以上から,消化器がん術後の患者と家族員の社会復帰を促進する効果的な外来看護は,明確にされた4つの看護援助を介入の焦点とし,精錬した援助内容を提示した.援助内容には,生活体験に対する感情と状況を共有し,社会復帰への努力を承認する,などが含まれる.

    抄録全体を表示
研究報告
資料
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top