日本がん看護学会誌
Online ISSN : 2189-7565
Print ISSN : 0914-6423
ISSN-L : 0914-6423
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
原著
  • 髙野 将宏, 田中 京子, 林田 裕美
    原稿種別: 原著
    2019 年 33 巻 33_takano_20190211
    発行日: 2019/02/11
    公開日: 2019/02/11
    ジャーナル フリー

    目的:食道切除再建術後がん患者が受けた退院後の食の再獲得を支える他者からの援助を明らかにする.

    方法:研究参加者:食道切除再建術を受け,退院後2カ月から1年程度の術後補助療法を受けていない外来通院がん患者7名.調査方法:半構成的質問紙による面接法と記録調査法.分析方法:逐語録から退院後の食の再獲得を支える他者からの援助について語られている部分を抽出し,意味内容の類似したものを集めてカテゴリー化した.

    結果:食道切除再建術後がん患者が受けた退院後の食の再獲得を支える他者からの援助は,《食べる気持ちを整える援助》《楽しく食事ができる援助》《自分に合わせて自由に食事ができるよう配慮してくれる援助》《食に伴う苦痛症状への対処を支える援助》《効率的な食事摂取を促す援助》《食習慣の変更を促す援助》《新たな気づきを与える援助》の7つの上位カテゴリーが抽出された.

    考察:食道切除再建術後がん患者が受けた退院後の食の再獲得を支える他者からの援助は,食への気持ちを向上させる援助,食の楽しみや自律性を保つ援助,食に伴う苦痛を軽減する援助,新たな食習慣を得る援助,自己認識の拡大を促す援助であった.食道切除再建術後がん患者の新たな食の確立のためには,食べる前の患者の気持ちに配慮した情緒的支援,患者の対処に対する他者への教育的支援,患者自身が客観的に自己を捉えることを促す援助などの必要性が示唆された.

  • 松野 史, 鈴木 志津枝
    原稿種別: 原著
    2019 年 33 巻 33_matsuno_20190215
    発行日: 2019/02/15
    公開日: 2019/02/15
    ジャーナル フリー

    本研究の目的は,終末期がん患者がどのように穏やかさを捉え,穏やかさがどのような時にもたらされ,どのように穏やかさを維持しているかを明らかにし,終末期がん患者が認知する穏やかさを構成する要素を見出すことである.在宅緩和ケアを受けながら在宅療養,または緩和ケア病棟に入院中の終末期がん患者10名を研究参加者とし,半構造化面接法を用いて質的記述的研究を実施した.

    分析の結果,終末期がん患者の穏やかさを構成する要素として,『穏やかさを求める患者の状況』『穏やかさの基盤となる環境』『穏やかさと認知する体験』『穏やかさによる認知の変化』『穏やかさを揺さぶる状況』『穏やかさを保つ対処』の6つのカテゴリーが抽出された.

    終末期がん患者が穏やかさを認知する過程には,まず『穏やかさを求める患者の状況』があり,『穏やかさの基盤となる環境』の中で療養生活を送り,『穏やかさと認知する体験』をすることで,患者は穏やかさを認知していた.終末期がん患者は,日々のささやかな体験や緩和ケアを受け続けられる環境の中でニードが満たされることで穏やかさを認知できていたと考える.終末期に穏やかさを認知できる意義は,癒しになるだけでなく,『穏やかさによる認知の変化』によって,患者が自分の人生を肯定的に捉え直すことができ,苦痛を抱えながらも最期までその人らしい人生を生ききる可能性を高めることといえる.

資料
feedback
Top