日本がん看護学会誌
Online ISSN : 2189-7565
Print ISSN : 0914-6423
ISSN-L : 0914-6423
最新号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
原著
  • 高橋 朋子, 小松 浩子
    原稿種別: 原著
    2020 年 34 巻 34_takahashi_20200127
    発行日: 2020/01/27
    公開日: 2020/01/27
    ジャーナル フリー

    目的:がん患者の視点で看護ケアの質を評価する質問紙Oncology Patients’ Perceptions of the Quality of Nursing Care Scale Short Form(以下,OPPQNCS-SF)の日本語版を開発する.

    方法:2名の翻訳者(内1名は医療職)が,原版OPPQNCS-SFを日本語に翻訳した.日本語訳したものをプレテストとして身の回りのがん体験者に実施後,関東圏内にあるがん専門病院の消化器外科で入院治療を受ける患者93名に質問紙を配布した.信頼性は一貫性と再現性の観点から,妥当性は内容妥当性・収束妥当性・因子妥当性の観点から検証した.

    結果:89名より質問紙を回収した.Cronbach’s α係数は,日本語版OPPQNCS-SF全体で0.94であった.再現性は3項目を除いた14項目で,0.6以上の値をとった.また,日本語版OPPQNCS-SFは,入院患者の満足度を評価するHospital Patient Satisfaction Questionnaire-13(HPSQ-13)の下位尺度コミュニケーションとで0.7以上の高い相関がみられた.日本語版OPPQNCS-SFは,原版と違い1因子構造となった.

    結論:上記よりいくつかの研究の限界はあるが,日本語版OPPQNCS-SFの信頼性・妥当性は証明された.

  • 今井 洋子, 神田 清子
    原稿種別: 原著
    2020 年 34 巻 34_imai_20200325
    発行日: 2020/03/25
    公開日: 2020/03/25
    ジャーナル フリー

    本研究の目的は,最後の標準治療を医師から伝えられた再発・進行がん患者の揺らぎから自己決定に至るプロセスを明らかにし,有効な看護支援について検討することである.

    外来化学療法を受けている患者14名に半構造化面接を実施し,修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)を用いて質的記述的に分析した.その結果,最後の標準治療を伝えられた再発・進行がん患者の揺らぎから自己決定に至るプロセスは,〔医師からがんの進行を告げられ,治療変更の説明を受ける〕ことから始まり,【身体感覚と説明の違いによる混乱と葛藤】を体験する.〔今までの治療継続〕をしながら,『暗闇の迷路をさまよう』中でさまざまな思いを巡らせる.〈気持ちが行ったり来たりする〉ことを経て,〈治療過程への自己のかかわりを内省する〉ことが転換点となり〈感情が堰を切ってあふれ出す〉.これを機に,揺らぎから抜け出し【最後の治療という現実との対峙】から自己決定に至っていた.

    看護支援は,患者が揺らぐことは折り合いをつけていくための第一歩であると認識することから始まる.そして,看護師は患者の語りに耳を傾け,真摯に受けとめながら患者の内省を促し,十分な感情の表出ができるよう環境を整える必要がある.加えて,患者と家族などの重要他者の関係性を強めるための支援や,ピアサポーターなどによる社会的支援システムの構築が重要である.

総説
研修報告
feedback
Top