J-STAGE トップ > 資料トップ

犯罪社会学研究 Vol. 41(2016)
Ⅰ 課題研究 犯罪社会学におけるリスク社会論の意義

公開日: 2017年01月23日

p.1

石塚 伸一

公開日: 2017年10月31日

p.4-9

土井 隆義

公開日: 2017年10月31日

p.10-25

平井 秀幸

公開日: 2017年10月31日

p.26-46
p.47-61

上野 加代子

公開日: 2017年10月31日

p.62-78

公開日: 2017年01月23日

p.79

地域防犯事業が体感治安と犯罪不安に及ぼす効果の研究
千葉県コンビニ防犯ボックスモデル事業を事例として

山本 功, 島田 貴仁

公開日: 2017年10月31日

p.80-97

古川 隆司

公開日: 2017年10月31日

p.98-104

地理的犯罪分析の新動向
「移動中の犯罪」と「オープンデータ・オープンソース」

原田 豊

公開日: 2017年10月31日

p.105-113

治療と司法
世界に広がる治療的司法論とその実践

指宿 信

公開日: 2017年10月31日

p.114-119

公開日: 2017年01月23日

p.130-131

公開日: 2017年01月23日

p.132-133

公開日: 2017年01月23日

p.134

公開日: 2017年01月23日

p.135

20件の該当記事より1~20件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    11月25日(土) 6:00 ~ 17:00
    ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年10月01日
    1.
    「利用学協会様向けの改定後の利用規約(平成29年10月1日施行)を掲載しました。(詳細はこちら)」
    2.
    「J-STAGE利用者満足度調査アンケートの結果を掲載いたしました。(詳細はこちら)」

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有