応用地質
Online ISSN : 1884-0973
Print ISSN : 0286-7737
ISSN-L : 0286-7737
17 巻 , 3 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 小川 好, 星野 務
    1976 年 17 巻 3 号 p. 89-99
    発行日: 1976/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    To get vibration characteristics over 23 wards in Tokyo, measurements of “S” and “P” wave velosities were taken at 8 places. From these measurements, more considerable scattering in “S” wave velosities are observed in sandy layers, and gravel and sand layers comparing with clay Formation. And also, as for the “S” wave velosities of upper Yurakucho Layers, we found that N-Value is separated into 2 groups by the values of “N=O” and “N≥1”. The density of subsoil measured in the field using scattering γ-ray is coincided with the density obtained in our laboratory test.
    It is possible that the “Kazusa-Group” is one of the strongest seismic baserocks in Tokyo. It was found that the “Kazusa-Group” is thick, for instance, in the Edogawa area, it is over 2, 000m and in the Tama area, over 500m. It means that the layer is physically fixed by referring the resistivity test by electrical logging and the densities of subsoil measured with γ-ray.
    “S” wave velosities in the Kazusa-Group measured in Denenchofu area, one of the 8 places, are 580m/s in the field test, and by ultrasonic 650m/s.
  • 野田 貞次, 松木 省吾, 飯島 弘
    1976 年 17 巻 3 号 p. 100-104
    発行日: 1976/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    ダムの調査・設計の分野に適用されるようになった有限要素法の手順と解析の実例についてその概要を紹介した。今後, このような解析はより普及し, より広い分野で利用されるようになるものと考えられる。ダムの調査・設計の分野には経験に裏打ちされたEngineering Judgementに頼って仕事を進める例が多かったし, 今後も行なわれるものと思われる。しかし, F.E.M. などの手段を通じて, 幾つかのケースについて予めシミュレートすることが可能となればJudgementを下す際に大きな助けとなるものと考えられる。
    一方, 境界条件を与えてやりさえすれば電算機は各種の数字を打出してくる。打出された数字を無批判に信じ込むことは現実から遊離を招くことになり, 多くの危険をはらんでいる。モデル化と結果の解釈がこの手法の最も重要な部分であることは論をまたない。
  • 磯崎 義正, 外村 昭久, 光永 忠生, 成田 金蔵, 田村 文雄, 東郷 昭彦, 早坂 和夫, 石井 正克
    1976 年 17 巻 3 号 p. 105-117
    発行日: 1976/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    This Areai, as shown in Fig. 3, has a basin structure, surrounded by faults or Precambrian basement rocks.
    The basin is fflled by alluvium deposits chiefly composed of sands, gravels, clays and calcareous deposits, with some amounts of lavas and pyroclastic rocks originated from Kilimanjaro Volcan. These deposits which are roughly estimated at more than 130m in thickness in the south and seem to become thicker toward north are major aquifers in this area.
    As shown in Fig. 9 the total quantity of water recharged in the Kahe-Miwaleni groundwater basin is estimated to be 300, 000, 000m3/year and the quantity of water consumed by surface runoff (mainly from the Miwaleni Spring) and pumping works is estimated 110, 000, 000m3/year. About half the quantity of recharge may be regarded as the object of the future groundwater exploitation. However, it is still dangerous to think that all of 190, 000, 000m3/year can be expoited in future. It is technically impossible to pump out all the potential quantity due to hydrogeological restrictions and power limit of the pumping facilities. The quantity of water that can be practically drawn up should be estimated at most 50, 000, 000m3/year, less than half the potential quantity.
  • 緒方 正虔
    1976 年 17 巻 3 号 p. 118-121
    発行日: 1976/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    最近活断層に対する一般の関心が高まっており, 活断層が近い将来に再活動の可能性を有するといわれることから土木地質学にも関連が生じてきている。
    地質学上の活断層は第四紀に形成あるいは活動した断層で, 将来も動く可能性のある断層と定義されているのが一般のようである。活断層の選出に際し, 地質学的手法としては断層転位地形, 断層に関連する地質年代のわかっている基準層 (普通には断層を覆う第四紀層) が切れているかどうか, などの資料が有力な判定基準として用いられている。
    ところが, 日本のような侵食のはげしい地域では地形の保存が悪く, かつ, 転位地形に対し侵食地形の比重が大きく, また, 断層と関連する第四紀層が分布していない地域では上記の手法は適用困難なことが多く, 信頼性の低い資料を与えることとなる。
    わが国では構造物の基礎として選ばれる地盤は実はこのような個所に立地されることが多いし, また, 同地盤に数多く存在する中小断層については実際上同手法は適用できないことが多い。工学的には, そこに存在する大断層のみならず, 中・小断層まで包含できる活動性の解明手法, および活動度の評価の手法が望まれる。
    本文は各種のダム基礎, 原子力地点など土木地質学的調査によって造られた掘削面, 横坑, トレンチなどの地盤露頭から, 1700例の断層資料をもとに, 現実の地盤における断層の存在量 (断層密度), これらの断層の破砕幅別頻度分布を明らかにし, このような性質を有する断層母集団において, 活動性に関連する地質現象として破砕幅, および, 破砕物質の性状から活動性の評価を行なう新しい一つの手法を提案した。
  • 田中 治雄
    1976 年 17 巻 3 号 p. 122-142
    発行日: 1976/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 小野寺 透
    1976 年 17 巻 3 号 p. 143-148
    発行日: 1976/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
feedback
Top