応用地質
Online ISSN : 1884-0973
Print ISSN : 0286-7737
ISSN-L : 0286-7737
20 巻 , 3 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 糟谷 憲司
    1979 年 20 巻 3 号 p. 87-96
    発行日: 1979/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    葉理を有する砂岩, 砂質頁岩, 粘板岩, 結晶片岩等異方性層状岩および節理を有する花崗岩について各種の試験を行ない, 強度, 弾性波速度, 変形および破断面等の特性を求めた.
    その結果の主なるものを示すと次の通りである。
    1. 層状岩の圧縮強度は加圧方向と層の傾斜との関係で異なり, 30゜~45゜の時最小となる下に凸の曲線となる。また, 最小値となる角度は, 層に直角に加圧した場合の圧縮強度の大小に関係し, 強度の大きいものは30゜近辺, 強度の小さいものは45゜程度となる。
    2. 圧縮強度の異方性係数の大小は, 地層生成時の応力に関係があるものと考えられる。
    3. 静弾性係数は層の傾斜によって異なり, 層の傾斜角との関係は圧縮強度の場合と同様の傾向を示す。
    4. 層に直角に加圧した時の圧縮強度と速度異方性係数との間にはy=axで表わされるような傾向がみられる。
    5. 均質岩に異方性構造 (節理, 亀裂, 岩脈等) をもつ場合の各種試験結果は, 層状岩と同様な見地から考察すればよいと考える。
  • 浅野 勝博, 近藤 達敏, 若佐 秀雄
    1979 年 20 巻 3 号 p. 97-104
    発行日: 1979/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    It is one of the most important problem for tunnel construction to estimate the final amount of rock deformation.
    This paper deals with the estimation of the final amount from the amount of deformation in the earlier stage of measurements at Dai-Sau-Shirasaka Tunnel which is under construction with the New Austrian Tunnelling Method.
    We have distinctly found that the rock behavior after excavation is constituted with viscous and plasticelastic deformations in adopting new measurement method described in this paper.
    Rock deformation U can be expressed by the following equations,
    U=UV+UEP
    UV=a·t
    UEP=C (1-e-D. L)
    where, UV: viscous deformation
    UEP: plastic elastic deformation
    t: elapsed time after blasting
    L: distance between the observation point and tunnel face
    a, C, D: constants
  • 長 忠信, 坂口 弘道, 有西 隆夫, 吉井 昇
    1979 年 20 巻 3 号 p. 105-114
    発行日: 1979/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    Analysis on variation of ground-water level generated by rainfall is one of foundamental points for hydrogeologic investigation. It is generally difficult to analyze the variation. Further, under construction such as tunnelling: we must also consider the variation influenced by artificial conditions.
    The method of analyses in the case of tunnelling still awaits settlement. We have studied the methods of analyses in tunnelling case and found out one of the methods. On the other hand we obtained many data of rainfall and well-water level in Boso tunnel area. Concerning about the hydrologic balance and the change of well-water level, we had a good result which applied to some extent.
    This investigation began in July, 1971 before the construction of Boso tunnel and it has been continuing for full eight years. We gained a lot of data by this investigation.
  • 黒田 和男
    1979 年 20 巻 3 号 p. 115-119
    発行日: 1979/09/30
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 1979 年 20 巻 3 号 p. a52
    発行日: 1979年
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
feedback
Top