応用地質
Online ISSN : 1884-0973
Print ISSN : 0286-7737
58 巻 , 2 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
論文
  • 石橋 正祐紀, 湯口 貴史
    2017 年 58 巻 2 号 p. 80-93
    発行日: 2017/06/10
    公開日: 2018/01/12
    ジャーナル フリー

    花崗岩類中の鉱物分布やモード組成は,その形成過程の検討,割れ目分布の特徴や基質中の物質移動現象を理解する上で有用である.モード解析手法としては,ポイントカウンティング法や様々な画像解析手法などが提案される.しかし,既存手法では観測者の技量や測定領域が狭いなどの課題がある.そこで,本研究は,測定領域が広い走査型X線分析顕微鏡(SXAM)で取得した元素分布図を用いて,鉱物個々の化学組成の不均質性を考慮し,二次鉱物も含めて花崗岩類中の鉱物分布とモード組成を簡易かつ客観的に評価できる新たな手法(MJPD法)を提示する.MJPD法は,各鉱物から出力される元素のX線強度分布を正規分布と仮定し,X線強度のばらつきを考慮して鉱物種を同定可能とした手法である.土岐花崗岩の肉眼観察で顕著に変質を被る試料と被らない試料を対象としてMJPD法の妥当性を検証した結果,岩石薄片程度の大きさであれば,SXAMで約10,000秒間測定することで簡易に鉱物分布図の構築およびモード組成が把握できることを確認した.また,MJPD法は他の機器で取得した元素分布図にも適用可能であり,今後の適用の拡大が期待できる手法である.

提言
feedback
Top