熱物性
検索
OR
閲覧
検索
26 巻 , 1 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 前川 知之, 松本 聡, 阿部 豊, 金子 暁子
    26 巻 (2012) 1 号 p. 9-14
    公開日: 2014/12/31
    ジャーナル フリー
    The electrostatic levitation is utilized as one of the containerless processing techniques. Some recent investigations focus on thermal property measurement of high temperature molten metals with an oscillating droplet method. For example, viscosity has been estimated from the damping constant. However, this method is limited to the low viscosity fluid. Thus, the purpose of the present study is to develop method of wide viscosity measurement on a levitated liquid droplet. In the present study, the droplets with kinds of viscosity were levitated by the electrostatic force. Droplet deformation was induced by applying rotation. The followings are obtained connection rotational breakup and viscosity. The observed dynamics indicated that it is possible to measure physical property of levitated droplet.
    抄録全体を表示
  • 赤松 正人, 日向野 三雄
    26 巻 (2012) 1 号 p. 15-21
    公開日: 2014/12/31
    ジャーナル フリー
    熱電対材料の熱物性データベースを広い温度範囲で構築するため,J 型熱電対(鉄/SAMAコンスタンタン)の負脚素材であるSAMAコンスタンタンの定圧比熱容量を入力補償型の示差走査熱量計(Differential Scanning Calorimeter : DSC)を使用して温度範囲103K~303Kで測定した.標準物質である高純度銅の比熱容量測定結果から,本DSCの最適操作条件,動作特性を確認し,実測値の補正方法を考察した.測定したSAMAコンスタンタンの比熱容量データを諸家のそれらと比較,検討し,温度の6次多項式として相関づけた.また本測定データを使用して,合金比熱容量に関するKopp-Neumann法則(加算則)の妥当性を検証した.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top