音楽医療研究
Online ISSN : 1883-2547
ISSN-L : 1883-2547
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
第13回学術集会 シンポジウム
原著論文
  • 大学病院精神科病棟医療従事者へのアンケート調査
    久松 春子, 小林 清香, 押淵 英弘, 西村 勝治
    2021 年 13 巻 1 号 p. 6-15
    発行日: 2021/02/01
    公開日: 2021/01/27
    ジャーナル 認証あり

    精神科病棟に入院している患者への音楽療法の適応基準は確立されていない。患者は医療者の提案によって選択され ることが多いが、音楽療法の適応基準についての研究はなく、医療者個人の基準に基づいて提案されているのが現状である。本研究では、医療者個々の音楽療法の適応基準を調査した。その結果、下記のことが明らかとなった。1)患者は情報提供を医師よりも非医師に依頼しやすい。2)医師と非医師の音楽療法の適応基準は、統計学的に異なる。 3 )記述式回答から、医師と非医師がともに音楽療法を勧める場合の適応基準は、両者で一致し、非言語的なアプローチという音楽療法の特性が考慮されている。4)非医師は音楽療法を入院治療対象である疾患の治療としてだけでなく、患者個々の心理社会的支援を考慮している。5)医師、非医師に関わらず音楽療法の評価は高い。以上の結果から、音楽療法は音楽という特性のために評価されているが、その適応は職種と状況依存性、個体依存性にあることが推測された。音楽療法に参加した患者について医療者間でフィードバックを繰り返し、今後も知見を積み重ねることが音楽療法の適応を考えるために有意義であると思われた。

feedback
Top