日本神経回路学会誌
Online ISSN : 1883-0455
Print ISSN : 1340-766X
検索
OR
閲覧
検索
13 巻 , 1 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
研究論文
  • 湯本 直杉, 宮地 重弘, 陸 暁峰, 小島 淳, 南部 篤, 深井 朋樹, 高田 昌彦
    13 巻 (2006) 1 号 p. 3-10
    公開日: 2011/03/28
    ジャーナル フリー
    For purposeful behaviors, accurate coding of time is always needed. However, little is known about where in the brain temporal cognition is achieved. To address this issue, we designed a time-reproducing task. In this task, the monkeys had to watch an LED illuminated for 1-7 seconds (cue period). After a delay period, the monkeys had to wait for the same time duration as indicated by the cue (go period) before pressing a button. Following sufficient training, the error rates for the shorter cues (1 or 2sec) were about half of those for the longer cues (≥ 4sec). Neuronal activity was recorded from the medial prefrontal cortex (i.e. area 9) during task performance. Many neurons were activated differentially according to the different time duration of the cue. Such time-selective activities were observed for all of the task periods. The present results suggest that the medial prefrontal cortex may be involved in temporal cognition.
    抄録全体を表示
  • 池野 英利, 西岡 拓人, 関 洋一, 神崎 亮平
    13 巻 (2006) 1 号 p. 11-18
    公開日: 2011/03/28
    ジャーナル フリー
    In order to understand neuronal mechanisms systematically, it is important to integrate research results in various fields, such as morphology, physiology and immunology. We are developing a database system for sharing experimental and analytical knowledges. A new WWW technology, CMS (Content Management System), was implemented in our system. A PHP based CMS, XOOPS, provides several functions for web based database managements, for example, user accounting, page designing and data backup. The database was developed as an original module of XOOPS, for dealing confocal images, electrophysiological responses and other data files. Research resources in various fields are combined on the database for realizing conjunction of experiments and analysis, which will lead us to comprehensive understanding of the brain systems.
    抄録全体を表示
解説
  • 三村 和史
    13 巻 (2006) 1 号 p. 19-27
    公開日: 2011/03/28
    ジャーナル フリー
    ニューラルネットワークの解析に適用されている統計力学的な手法は,確率モデルで記述できる課題に対して性能評価だけにとどまらず実用的なアルゴリズム開発へも役立っている.本稿では,ニューラルネットワークの解析が,情報処理の課題へどのように適用されているかについて有歪圧縮を例として解説する.
    抄録全体を表示
  • 村山 立人, Peter Davis
    13 巻 (2006) 1 号 p. 28-34
    公開日: 2011/03/28
    ジャーナル フリー
    本稿では,自立したセンサーによる計測データの分散符号化問題を考える.特に情報理論の分野で有名な「最高経営責任者(CEO)問題」の設定を仮定し,できるだけ精密で解析的な記述を試みる.この問題では,複数のセンサーが1つの情報源を観測する.そして,各センサーは計測データを独立にレート·歪み符号化し,一定の合計データ伝送率の制約下で符号語を送信する.その後,データセンターはすべての符号語を受け取り,できるだけ正確に計測されたデータを推定することになる.ここでは,センサー数の増加による計測エラーのキャンセル効果と,各センサーに配分される伝送率の減少による「歪み」の増加がシステム全体でトレード·オフになっている.今回は,低密度生成行列(LDGM)符号を符号化のモデルに採用し,システムの分散化とデータ推定の精度の関係を議論する.そして,情報理論と統計力学による分析の結果を要約し,両者が整合的な結果を与える事実を紹介する.
    抄録全体を表示
受賞概要
報告
会報
編集後記
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top