原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
技術報告
  • 関 美沙紀, 藤田 善貴, 藤原 靖幸, Zhang, J., 吉永 尚生, 佐野 忠史, 堀 順一, 永田 寛, 大塚 薫, 大森 崇純, ...
    2022 年 29 巻 1 号 p. 2-9
    発行日: 2022/06/15
    公開日: 2022/06/29
    ジャーナル フリー

     材料試験炉(JMTR)の炉心構造材にはステンレス鋼の他,アルミニウム(Al)やベリリウム(Be)が多く使用されている.当該炉の廃止措置に当たって,放射性雑固体廃棄物(廃棄体)を作製するが,その埋設基準にはドラム缶内に健全性を損なう物質を含まないことおよび廃棄体の放射能が基準で定められた放射能量を超えないことが要求されている.とくに,Alはコンクリート等のアルカリ物質と反応し水素を発生することから,固化体中のボイド形成による強度低下,内圧上昇による廃棄体の破損等による施設管理が課題となっている.本研究では,バイヤー法を応用したAlの安定化処理技術の確立を目的とし,コールド試験にて基本的な処理工程を確立した.また,京都大学研究用原子炉(KUR)にてAl試験片を中性子照射し,本処理工程によるAl中に含まれる添加元素や不純物元素で生成する放射性核種の除去特性を調査した.結果として,本処理工程によりAlをアルミナ(Al2O3)に変換可能であり,通常の放射性廃棄物の処理方法と同様にセメント系充填材によって固化できる見通しが得られた.

資料
feedback
Top