日本臨床皮膚科医会雑誌
Online ISSN : 1882-272X
Print ISSN : 1349-7758
ISSN-L : 1349-7758
32 巻 , 5 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
論文
  • 横山 眞爲子, 奥村 之啓
    2015 年 32 巻 5 号 p. 574-579
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/03/16
    ジャーナル フリー
     伝染性軟属腫(molluscum contagiosum,以下MC)の自然治癒についての論文は散見されるが,MC治療後の数年にわたる予後を観察したデータは少ない.  2003年1月から2007年12月までの5年間に,当院(熊本県天草市)を受診したMC患者について,我々は,以前統計的観察を行った1).これらの患者について,さらに2012年12月まで観察し,その経過を検討した.初めの5年間の全初診患者65,383名中,MCの症例の実数は1,110例(男女比1:0.96)であった.これらのMCの患者のうち,MCの初診から他疾患を含めた最終受診までを5年以上観察できた患者は222例(男女比1:1.13)であった(年齢:0歳〜69歳.最頻値3歳).この222例について予後を検討したところ,MCでの受診回数が最も多かったのは7回で,摘除回数の最多も7回であった.約半数が1回の摘除で治療が終了し,再発または再感染した例でも,多くの症例が初回摘除後約3ヶ月を目処に治癒していたことがわかった.  症例にもよるが,一般には,病変の少ない早期に摘除した方が,自然治癒を待つより良いと考えた.
feedback
Top