情報管理
検索
OR
閲覧
検索
26 巻 , 3 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
一般問題
情報処理技術
情報源
  • 北口 正, 野尻 務, 鈴木 重量, 吹田 忠純, 川名 敏夫
    26 巻 (1983) 3 号 p. 189-198
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    新着誌からの文献情報収集にはモニター可能な雑誌数に限界があるので, 情報収集の網羅性を高めるためには, 安全性情報収集に適切な文献データベースによる広範囲遡及調査が不可欠である。そこで医薬情報を格納しているExcerpta Medica (EM) , RINGDOC (RD) , TOXLINE (TOX) , BIOSIS (BA) の4データベースを用い9医薬品, 6添加物を指標に, 安全性情報に関する回答数, ユニーク数, 網羅性について相互比較を行い, その結果次のごとき知見を得た。(1) 検索回答数は医薬品ではEM>RD>TOX>BAであるが, 添加物ではBA>TOX>EM>RDの順位となった。(2) 網羅率は医薬品では, EMとRDの2データベースで4データベースを用いて検索した場合の72.4%を占め, 添加物ではBA, TOXの2者が4データベースの場合の74.5%を占めた。(3) 以上の結果から, 安全性情報の収集のためには医薬品ではEM, RDを, 添加物ではBA, TOXのデータベースを優先して検索すべきことを明らかにした。
    抄録全体を表示
講座
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top