情報管理
検索
OR
閲覧
検索
26 巻 , 7 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
一般問題
  • 田村 晃児
    26 巻 (1983) 7 号 p. 509-518
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    1957年のスプートニク・ショック以来, アメリカの科学技術情報活動は本格化した。アイゼンハワー, ケネディ, ジョンソン, ニクソン, フォード, カーター各大統領は幾多の情報政策を立てて, アメリカ国内はもとより国際的にも情報活動の振興に効果的なインパクトを与えてきた。1981年1月にレーガン政権が成立してからは, 図書館・情報サービス活動に対する連邦予算の大幅削減, 機密情報扱いの枠の拡大等で規制を強めている。レーガン政権の情報界に及ぼしている問題点について, 1957年以来の情報政策の歴史的推移と比較し, レーガン政権の情報政策を推論する。
    抄録全体を表示
パネルディスカッション
一般問題
  • 新井 喜美雄
    26 巻 (1983) 7 号 p. 535-553
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    特許情報を解析して技術動向, 技術分布, 出願人動向, 出願傾向などを把握できるものであるかどうかを, 特許情報の発生的見地と特徴的見地と情報意義の三つの観点から眺めて考察した。次に特許情報解析には, 技術情報的活用と経営情報的活用と権利情報的活用の三つの活用方法があり, それぞれパテントテクノマップ, パテントマネジマップ, パテントクレームマップが作成できることを述べた。さらに具体的な特許情報解析法につき, 一般的な情報解析手法に触れ, 次いで三つのパテントマップのそれぞれについて, その目的と図表の作り方と具体例を示した。最後にパテントマップを読む上での留意点として, その背景となる新聞情報, 科学技術情報, 経営情報などを収集してから読み取る必要のあることを述べた。
    抄録全体を表示
情報処理技術
  • 田嶋 一夫
    26 巻 (1983) 7 号 p. 554-567
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    日本語によるデータの世界が, ほぼ無限の文字から形成されることから, 可動性のある文字セット (オープンキャラクタセット) が必要になることを論証した。またこの問題点として, 漢字における異体字の問題があることを明らかにし, これがコード化法では解決不可能であることを分析した。その上で国家的規模における文字セットコントロールシステムの必要性を提案した。また異体字取り扱い法の一つとして“漢字シソーラス”の必要性を述べた。さらに, 文字セットコントロールシステムの実現方法について考察した。
    抄録全体を表示
  • 沢田 位
    26 巻 (1983) 7 号 p. 568-576
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    JIS工業用語大辞典の編集経過を紹介し, その概要について報告している。本辞典は, JIS用語という大量のデータをコンピュータの利用により出版物としたものであり, 従来の日本規格協会発行「JIS用語辞典」6冊分を総集したものである。JIS用語約46,000語をすべて収録し, 用語の読み方, 意味, 慣用語, 対応外国語, 図・表・記号など各用語の内容を網羅している。また, 英語, 慣用語, 記号などからも索引できるようになっている。このように出版物の編集・企画についてコンピュータの特性を多面的に利用している。
    抄録全体を表示
講座
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top