情報管理
検索
OR
閲覧
検索
26 巻 , 9 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
一般問題
  • 松本 和美
    26 巻 (1983) 9 号 p. 693-705
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    大阪地区の繊維産業が後進諸国の追い上げと競争の激化に対処する道をファッションに見出そうとして, OTC (大阪テキスタイルセンター) をモデルに光映像情報システムの利用を中心にして, 今後のファッション産業, アパレル産業のあり方を調査研究した結果である。第一にファッション, アパレルに関する情報要因は, ディジタル (数字, 記号) 情報のほかに映像情報を扱う必要が痛感され, その具体的内容として, 商品企画, 人材育成, 広報の3点に関する情報の内容を論述する。第二に, OTC光映像情報システムのサービス地域, システムの基本機能, 情報利用者側の端末装置, システムの構成を記述した。最後に調査研究以後のOTCの活動について述べる。
    抄録全体を表示
  • 富永 勲
    26 巻 (1983) 9 号 p. 706-717
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    日本におけるドキュメンテーション分野の標準化事業として, 昭和48年10月以来10年間にわたって「科学技術情報流通技術基準 (SIST)」が作成されているが, SIST01-1980からSIST07-1983までのそれぞれについて, 基準案作成, 基準案修正の概要および基準の構成を示すと同時に, SIST08以降の計画, 今後の課題を示した。
    抄録全体を表示
  • 飯沼 光夫
    26 巻 (1983) 9 号 p. 718-725
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    激化する企業間競争に対応するために経営責任者にとって最も必要なことは, 適切で価値ある情報の選別と評価方法である。選別方法として, 1) 経営における情報の価値は, 経営活動と価値ある情報であり, 2) 価値ある情報の要件は, 適確性, 適時性, 正確性, 入手容易性, 経済性である。また, 3) 必要情報の種類として戦略的, 管理的, 業務的の3分類を活用する要がある。また, 情報は提供する側と利用する側に立つことも大切である。評価方法としては情報確度の比較評価とその経済評価 (コスト, 適合率等) が必要である。情報を評価し活用する場合のポイントは, 情報に関する業務は人間のやることだから必然的にミスが発生する。そのミスを冒さないことが情報管理の基本である。今後の情報化社会での経営情報の評価とその活用が企業の活動を大きく左右する。
    抄録全体を表示
情報処理技術
  • 海老沼 幸夫
    26 巻 (1983) 9 号 p. 726-735
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    網羅的な検索を必要としないユーザ向けに, 適当な数の関連文献を自動的に得る方法を提案する。まず, 質問内容を表す一群のtechnical termsを検索語として使用する。使用頻度の低い語から高い語への論理和を順次自動作成し, あるしきい値に合った探索式qmとqm-1を自動的に選択する。ユーザは, 探索式qmによる出力を20件を限度として適合判定する。適合率が30%以上ならばqmで, 以下ならばqm-1で出力する。INISデータベース1年分 (76,600件) , 5テーマで本法を模擬した結果, qmで平均適合率36%で平均再現率32%を得た。所要端末機接続時間は, 1テーマ当たり15分以内である。この効率は, 初心サーチャーが作成した探索式による結果よりもよく, 本法は所期の目的を達成し得ると思われる。自然語のみか, 自然語と統制語の双方を用いるデータベースのオンライン検索システムに適用可能であろう。
    抄録全体を表示
情報源
講座
エラータ
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top