情報管理
検索
OR
閲覧
検索
29 巻 , 8 号
選択された号の論文の17件中1~17を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
インタビュー
  • 福村 晃夫
    29 巻 (1986) 8 号 p. 643-655
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    まずはじめに, エレクトロニクスに支援された情報技術の進展の歴史を概観し, 高度に普及した情報の伝達, 処理技術に加えて, 光技術の参入で蓄積技術が高度化したことから, 情報管理の機械化に人工知能 (AI) の技法を適用する可能性が生じたことを指摘する。ついで, AIの特質として, 心的世界の問題を扱いながら実証的であることを第一とすること, そのためにコンピュータによる実証実験を用いることなどを述べる。また, その理由で, AIが扱う知能は言語表現されるものが主体であり, そのため論理的実証が主な道具であることと, そのことから帰結する方法論的制約について述べる。さらに, AI的である条件として, 構造化し難い問題を扱うべきこと, そのために思考と推論, 記憶と知識表現の問題を奥深く研究すべきことを指摘する。最後に, 情報管理へのAIの適用の問題に触れ, エキスパート・システムの可能性, 検索質問の処理と文献知識ベースの必要性について述べる。
    抄録全体を表示
  • 奈須 永典, 伊藤 敏明
    29 巻 (1986) 8 号 p. 657-666
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    日立ソフトウエアエンジニアリング(株)が商品化したDNA・蛋白質のデータベース検索システム「DNASIS-DBREF31」は世界で利用されている遺伝子情報の核酸塩基配列, 蛋白質アミノ酸配列をCD (コンパクトディスク) に格納したものである。現在, 世界で提供されているデータベースのサービス形態はオンラインおよびフロッピーディスク, 磁気テープでの配布であるが, いずれも利用環境, 記憶容量に問題があった。新たにデータベース・デバイスとして「CD-ROM」を採用, 大容量, かつ, パーソナル・ユースを実現したシステムである。
    抄録全体を表示
  • 富所 茂, 向井 義博
    29 巻 (1986) 8 号 p. 667-677
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    旺文社におけるCAI教材の研究・開発の現状を紹介した。CD-ROMを利用したCAIの特徴を解説すると共に, 同社のCD-ROM利用CAIシステムとして, カルチャーインCAI中学英語教材システムについて紹介した。本システムは, 東芝のCD-ROMドライバーXM-2000および, パソピア700から構成されており, CD-ROMと, FD (フロッピーディスク) の特徴を生かしている。前者では大量の音声データの記録を行い, FDでは文章データおよびグラフィックスデータ等を記録し, フレームオリエンティッド型で学習効果をあげるシステムになっている。
    抄録全体を表示
講座
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top